アヤソフィア (イスタンブル)

アヤソフィア (イスタンブル)

「聖なる叡智」と呼ばれている大聖堂はビザンチン帝国に建て、1935年までビザンティン帝国の一番大きな宗教的な建物の一つが博物館に変えられました。

視覚芸術

キーワード

ハギアソフィア大聖堂, バシリカ, モスク, ミナレット, 教会, 博物館, オットマン, ビザンチン, トルコ語, トルコ, コンスタンチノープル, イスタンブル, ボスポラス海峡, アナトリア, 東方正教会, イスラム教, クリスト教, 神, 中世, 建物, 巡礼地, 大理石, キリスト, 使徒, 建築, 天皇, セラフ, 宗教, 宗教的な建物, ビザンチン帝国, オスマン帝国, 聾桟敷, 丸屋根, 書道

関連のエクストラ

シーン

アヤソフィア

断面図

アニメーション

神の聖なる叡智の神殿」を意味するアヤソフィアはトルコのイスタンブールに位置しています。
建築物の1500年以上の歴史には画期的な出来事も多く含まれています。

元々の教会は4世紀に、イスタンブールをローマ帝国の新しい首都にしたコンスタンティヌス大帝の息子により建築されました。複数回破壊され、再建された後、最終形態を6世紀に得ました。その後、13世紀にこの巨大な東方正教会は十字軍兵士によりローマカトリック教会に変えられました。

1453年に、コンスタンティノープルがトルコ部族に征服された時、メフメト2世の命令により、モスクに変えられました。四つの尖塔は16世紀の後半に建てられました。建築物は1931年までイスラム教最も重要なモスクの一つでした。1934年に、博物館として再開されました。

ビザンチン式の正統派のバシリカ建築的な名作であり、ビザンチン建築的な要素の完璧な合成とも述べられています。建築物の最も特徴的な部分は複雑なドームです。寸法と支持システムの面で建築的偉業であるメインドームは高さが56mであり、直径が31mです。ドームの下にアーチ形の窓を40個作られ、それらによりドームが空中で浮かぶように見えます。

アーチの西側と東側には小さな半円屋根があるエクセドラで支持される複数の半円屋根があります。これらにより、建築物の内部寸法がより大きく見えます。身廊が二本の回路に囲まれ、回路の一階にはアーチがある柱列、その上には柱列がある通路があります。建造物の内部と外部の差は精密な設計の結果です:単純で巨大な教会に内部は広々として豊富に飾られています。

古代の後半の最後の建築的偉業とビザンチン建築の最初の名作でもある教会(イスタンブールの他の歴史的な建造物と共に)は1985年に、ユネスコの世界遺産として登録されました。

教会の中

教会の中:

建造物の豊富に飾られた内部が数多くのを通じて差す光とろうそくの明るさにより神秘的な雰囲気にされます。

オンファリオン汗が出る柱書道で書かれた巨大なタイル、素晴らしいモザイクが教会の中をもっと特徴的にします。

イスラム教の宗教的実践に必要な場所(説教壇ミフラーブ祈とう時刻告知係の台)も教会の中で設置されています。教会ではスルタンが祈る場所も見られます。

中央のドーム

中心のドーム:

アヤソフィアの巨大なドームの直径が31メートルであり、高さが55.6メートルです。その重さが建造物の四つの角にある巨大なにより支えられています。支持として三角形のペンデンティブも使われています。

立ち見場

デイシスデイシスのモザイク

デイシスのモザイク:

13世紀に作られたデイシスのモザイクはビザンチン芸術の最高傑作の一つです。
残念なことに、欠片のみが現存しています。イエス・キリスト聖母マリア洗礼者ヨハネが詳しく描写されています:マリアの顔の赤みとヨハネの顔のしわも見えます。

散歩

ナレーション

神の聖なる叡智の神殿」を意味するアヤソフィアはトルコのイスタンブールに位置しています。
建築物の1500年以上の歴史には画期的な出来事も多く含まれています。

元々の教会は4世紀に、イスタンブールをローマ帝国の新しい首都にしたコンスタンティヌス大帝の息子により建築されました。複数回破壊され、再建された後、最終形態を6世紀に得ました。その後、13世紀にこの巨大な東方正教会は十字軍兵士によりローマカトリック教会に変えられました。

1453年に、コンスタンティノープルがトルコ部族に征服された時、メフメト2世の命令により、モスクに変えられました。四つの尖塔は16世紀の後半に建てられました。建築物は1931年までイスラム教最も重要なモスクの一つでした。1934年に、博物館として再開されました。

ビザンチン式の正統派のバシリカ建築的な名作であり、ビザンチン建築的な要素の完璧な合成とも述べられています。建築物の最も特徴的な部分は複雑なドームです。寸法と支持システムの面で建築的偉業であるメインドームは高さが56mであり、直径が31mです。ドームの下にアーチ形の窓を40個作られ、それらによりドームが空中で浮かぶように見えます。

アーチの西側と東側には小さな半円屋根があるエクセドラで支持される複数の半円屋根があります。これらにより、建築物の内部寸法がより大きく見えます。身廊が二本の回路に囲まれ、回路の一階にはアーチがある柱列、その上には柱列がある通路があります。建造物の内部と外部の差は精密な設計の結果です:単純で巨大な教会に内部は広々として豊富に飾られています。

古代の後半の最後の建築的偉業とビザンチン建築の最初の名作でもある教会(イスタンブールの他の歴史的な建造物と共に)は1985年に、ユネスコの世界遺産として登録されました。

関連のエクストラ

ピサの斜塔 (14世紀)

中世で建築されたピサの司教座教会の鐘楼は世界一有名な斜塔です。

オスマン建築 (17世紀)

オスマン建築の遺物としてモスクとミナレットが述べられます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

ゴシック建築

ゴシック芸術は、中世の最も重要なスタイルのいずれかです。

マダラの騎士像

北東ブルガリアに位置する岩のレリーフは、おそらく7世紀の終わりに刻まれました。

南大門 (ソウル、韓国、14世紀)

大韓民国の第1国宝に指定されている南大門はソウルの中世城壁の最も巨大な門の一つです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 羽ばたき機 (1487年-1489年)

レオナルドは鳥の羽のような機械を設計しました。ただし、この設計図の仮説が間違っていました。

六和塔 (杭州市、12世紀)

六和塔と呼ばれている仏塔は中国の銭塘江沿いに位置しています。

Added to your cart.