ウミサソリ

ウミサソリ

古生代で、海で生息した節足動物です。

生物

キーワード

先史時代の生き物, 化石, 海のスコーピオン, 絶滅しました, 広翼類の, 古生代, 地球史, 地質時代, カンブリア紀, ペルム紀, 腹部, 苺角, キチン層, 鎧, 頭蓋咽頭, 甲羅, 節足動物, 捕食者, 肉食, 動物, 生物

関連のエクストラ

シーン

ウミサソリ

ウミサソリ古生代で、海で生息している節足動物でした。
細長い尾と針のような尾節を持っていたため、サソリによく似ていましたが、実際のサソリではありませんでした。分類学的に、ウミサソリは鋏角亜門に属し、クモ鋼に近い動物です。

ウミサソリの頭胸部は硬い甲皮で覆われていました。最初の数対の脚はえさを食べる時と歩脚として使われ、後ろの脚は遊泳のため重要でした。

発見された化石によって、現在ウミサソリの200以上の種類が知られています。最も一般的なのはエウリュプテルス・ギガンテウスだったと思われています。体長は130cmに及んだ場合もあります。

ミクソプテルス・キアエリも同じような大きさがありました。2対の大きな歩脚には長い針があっとのはこの種類の特徴でした。

メガログラプトゥスも巨大な歩脚があり、体長は170cmに及んでいました。

現在まで発見された最も大きなウミサソリはジェケロプテルス・レナニアエと呼ばれています。体長は2.5メートルであり、ハサミは40cmに及んでいました。

遊泳

エウリュプテルス ギガンテウス

  • 複眼
  • 単眼
  • 頭胸部
  • 腹部
  • 尾節
  • 甲皮
  • 水掻き足
  • 歩脚
  • 苺角

ミクソプテルス キアエリ

  • 複眼
  • 頭胸部
  • 腹部
  • 尾節
  • 甲皮
  • 水掻き足
  • 歩脚
  • 苺角

メガログラプトゥス

  • 複眼
  • 頭胸部
  • 腹部
  • 尾節
  • 甲皮
  • 水掻き足
  • 歩脚
  • 苺角

ジェケロプテルス レナニアエ

  • 複眼
  • 単眼
  • 頭胸部
  • 腹部
  • 尾節
  • 甲皮
  • 水掻き足
  • 歩脚
  • 苺角

比較

  • エウリュプテルス ギガンテウス
  • メガログラプトゥス
  • ジェケロプテルス レナニアエ
  • ミクソプテルス キアエリ

アニメーション

  • 複眼
  • 単眼
  • 頭胸部
  • 腹部
  • 尾節
  • 甲皮
  • 水掻き足
  • 歩脚
  • 苺角

ナレーション

ウミサソリ古生代で、海で生息している節足動物でした。
細長い尾と針のような尾節を持っていたため、サソリによく似ていましたが、実際のサソリではありませんでした。分類学的に、ウミサソリは鋏角亜門に属し、クモ鋼に近い動物です。

ウミサソリの頭胸部は硬い甲皮で覆われていました。最初の数対の脚はえさを食べる時と歩脚として使われ、後ろの脚は遊泳のため重要でした。

発見された化石によって、現在ウミサソリの200以上の種類が知られています。最も一般的なのはエウリュプテルス・ギガンテウスだったと思われています。体長は130cmに及んだ場合もあります。

ミクソプテルス・キアエリも同じような大きさがありました。2対の大きな歩脚には長い針があっとのはこの種類の特徴でした。

メガログラプトゥスも巨大な歩脚があり、体長は170cmに及んでいました。

現在まで発見された最も大きなウミサソリはジェケロプテルス・レナニアエと呼ばれています。体長は2.5メートルであり、ハサミは40cmに及んでいました。

関連のエクストラ

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

アンモナイト

固い外骨格を持つ、絶滅した頭足類のグループです。優れた標準化石です。

地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地球の歴史の間、地球の大陸は常に動いています。

イエローファットテールスコーピオン

イエローファットテールスコーピオンは世界で最も危険なサソリの一種です。

ペルム紀の植物相と動物相

このアニメーションは古生代の最後の時期の植物相と動物相を紹介します。

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

イクチオステガ

先史時代の両生類であり、四肢動物の原始的な動物の一種です。約3億6千万年前に絶滅しました。

ティクターリク

魚類と四足類の間の進化的な過渡期を示している動物です。

魚竜

イルカに似ていて、海に生息していた恐竜でした。収束進化の例としても述べられます。

ステゴサウルス

先史時代に生息した爬虫類の一種です。背中にある骨のプレートは体温調節をします。

トリケラトプス

白亜紀に生息した草食性の恐竜です。3本の角と首の周りにあったフリルで容易にわかります。

デイノニクス

「恐ろしい鉤爪」を意味するデイノニクスは肉食性のドロマエオサウルス科に属していました。

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

大型の肉食類で、一番有名な恐竜です。

プテラノドン・ロンギケプス

鳥に似ている先史時代の飛べる爬虫類です。しかし、鳥と直接進化的な繋がりがありません。

アパトサウルス

首が長く、背が大きい草食性の恐竜です。

Added to your cart.