エッツィ・ジ・アイスマン

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

歴史

キーワード

アイスマン, ミイラ, 保存体, アルプス, 氷河, オーストリア, イタリア, ボルツァーノ, 金石併用時代, ハンター, デバイス, 武器, 衣類, ライフスタイル, 調査, 歴史, 学術資料

関連のエクストラ

質問

  • エッツィの斧の刃は何からできましたか。
  • エッツィは何を身に着けませんでしたか。
  • エッツィはどの武器がありませんでしたか。
  • エッツィはいつ発見されましたか。
  • エッツィは何と呼ばれましたか。
  • エッツィの遺体は世界一古くて、完全な状態で保存された遺体であるのが本当ですか。
  • エッツィはどの山脈で発見されましたか。
  • エッツィの衣類と所持品は何からできませんでしたか。
  • エッツィと同時代の仲間はまだ火の付け方が分からなかったのは本当ですか。
  • エッツィはどの町の博物館に展示されていますか。
  • 誰が一番古く生きていましたか。
  • エッツィの遺体は誰によって発見されましたか。
  • エッツィはどの国の国境で発見されましたか。
  • エッツィはおよぞ何年前生きていましたか。
  • 死亡した時、エッツィは何歳でしたか。
  • エッツィはどの考古学的時代で生きていましたか。
  • エッツィの遺体はどうしてそんなに良い状態で保存されましたか。

シーン

エッツィ・ジ・アイスマン

衣類

  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • エッツィ - ハウスラプヨッホの男と呼ばれるアイスマンはおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • すね当て - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。

クイズ

アニメーション

  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • エッツィ - ハウスラプヨッホの男と呼ばれるアイスマンはおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • すね当て - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。

関連のエクストラ

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

地球上のホモ・サピエンスの分布

「賢い人間」はアフリカに起源し、ほとんどすべての大陸に分布しました。

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

ヨーロッパの巨石文化

数千年前、巨大な岩石から作られた建造物が巨石文化の遺跡です。

氷山

氷山は海で浮いている大きな氷(凍っている淡水)の塊です。

ヴィーナス像

旧石器時代で作られたヴィーナス像は肥沃と繁栄のシンボルでした。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

ケナガマンモス

長鼻類に属していた絶滅動物です。現在のゾウの類縁です。先史の人間はよく狩られて捕まえました。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

ヒトの進化

人間の脳と頭蓋骨は進化中、大きく変化しました。

Added to your cart.