ニシコクマルガラス

ニシコクマルガラス

ニシコクマルガラスは一般的に大きな群れで行動し、都市によく見える鳥です。コンラート・ローレンツはこの鳥の複雑な社交的行動を分析しました。

生物

キーワード

西部のかかし, コルビダエ, 巣, ニジコラス, 羽毛, くちばし, 動物, 脊索動物門, 鳥類, 鳥, 雑食性の, 生物

関連のエクストラ

シーン

ニシコクマルガラス

構成

  • 体長: 30‐40 cm
  • 翼開長: 65‐75 cm
  • 体重: 200‐250 g

  • ひな - 孵化後の28‐35日に羽化します。親が羽化後4週間ひなにえさを運びます。
  • - 雌は一般的に4‐5個の淡青色の球具を産卵します。雌が抱卵し、17-18日で孵化します。
  • - ニシコクマルガラスは一夫一妻の関係です。巣を草、毛、毛糸と他の物から作ります。一般的に木や岩の割れ目に、古い建物など様々な場所に巣をかけます。

アニメーション

ナレーション

ニシコクマルガラスは雑食性であり、主に節足動物、虫、果物としょう果類を食べます。カササギのように、輝いている物体が好きで集めます。
ニシコクマルガラスの群れが都市部によく見えます。ノーベル賞受賞者の動物習性学者、コンラート・ローレンツはこの動物の複雑な社交的行動を研究しました。

ニシコクマルガラスの社会は階層構造をとっており、高位の個体が下位の個体を支配しています。ニシコクマルガラスは一夫一妻の関係を作ります。この鳥は木や岩の割れ目で、古い建物で巣をかけます。巣をつくるには草、毛、、毛糸と他の物を使用します。
雌は一般的に4‐5個の淡青色の卵を産卵します。雌が抱卵し、17-18日孵化します。孵化後の28‐35日に羽化します。親が羽化後4週間ひなにえさを運びます。

関連のエクストラ

羽の種類

アニメーションは羽の種類と詳しい構造を紹介します。

セーカーハヤブサ

ヨーロッパとアジア大陸で分布しているセーカーハヤブサは大きな猛禽です。

脊椎動物の生活環

脊椎動物の生活環は、個体の生殖細胞の形成で始まり、次世代の生殖細胞の形成で終わります。

キョクアジサシ

キョクアジサシは長い距離を移動することで知られる: 1年のうちに北極圏と南極圏の間を飛んで来ます。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

クロウタドリ

このアニメーションはクロウタドリを例にとって、鳥の骨格と卵を紹介します。

チュウヒ

チュウヒは地球上に分布している猛禽です。

カワセミ

カワセミの特徴的な色は捕食する時に、役に立ちます。

マガモ

このアニメーションはマガモを例にとって、鳥の解剖を紹介します。

コウテイペンギン

南極に生息しているペンギンは水泳と寒い温度に適合しています。

Added to your cart.