ハリネズミ

ハリネズミ

ハリネズミは丸まり、トゲで身を守る。

生物

キーワード

ハリネズミ, 脊髄, 夜行性, 冬眠, 鋭い歯, 動物, 脊索動物門, 哺乳類, 食虫, 生物

関連のエクストラ

シーン

生息地

  • 大人 - 寿命は10年に至る場合もある。体長は30-40cmであり、体重は2kgです。ハリネズミは冬眠する動物です。
  • 子供 - メスは最大7匹の子を産む。懐胎期間は2か月です。目が生まれた2週間後開く。柔らかくて、色が薄いトゲは、この時から暗く、硬くなり始める。

解剖

  • へさき - ハリネズミの最も重要な感覚器官である。嗅覚で獲物の位置がわかる。ハリネズミの嗅覚器系が発達している。
  • トゲ - トゲは保護で重要な役割を果たす変化した毛です。より古いトゲが2-3cmも至る。

丸まり

アニメーション

骨格

  • 頭蓋骨
  • 肩甲骨
  • 肋骨
  • 脊柱
  • 大腿骨
  • 骨盤
  • 尻尾の骨
  • 足根骨
  • 中足骨
  • 指骨
  • 脛骨と腓骨
  • 尺骨と橈骨
  • 手根骨
  • 中手骨
  • 指骨
  • 上腕骨
  • 食虫動物の歯

ナレーション

ハリネズミは一般的に夜行性です。夕方に巣を出ます。主には昆虫を捕食しますが、ネズミハタネズミを捕食し、地面にある鳥のに入り込んで、卵を食べます。獲物を捕まえるには嗅覚聴力を頼りにします。ゆっくり動く動物ですが、走ることもできます。ハリネズミは体が短くて、丸々とした。背中には白いストライプがある灰色のトゲで覆われています。メスは一年間で二回出産します。ハリネズミの子は最初目が見えなくて、母親に完全に頼っています。成長が速いです。冬になると、ハリネズミは落ち葉の中に隠れて、冬眠します。

ハリネズミのトゲは変化した毛です。色は環境の色と同じであり、動物に完全なカモフラージュを与えます。

危険の時、ハリネズミが身を丸めて、背中を覆う筋肉を収縮してトゲが突き出します。

関連のエクストラ

クワガタムシ

アニメーションではクワガタムシを例として、昆虫の筋肉の運動、飛行メカニズムと繁殖を紹介します。

ヨーロッパアナグマ

アナグマは夜中に活動している雑食の哺乳類です。アナグマの集団は複雑な巣穴に生活します。

プラナリア

最も知られている扁形動物の一種です。

森林の階層構造

森林の階層構造は森林のタイプによって異なります。

ニワオニグモ

アニメーションはニワオニグモを例として、クモの構造を紹介します。

リンゴマイマイ

リンゴマイマイは広く分布しているカタツムリであり、食べ物としても人気です。

ヨーロッパカワウソ

カワウソは半水生で、捕食性の哺乳類です。

サーベルタイガー

背が大きくて、絶滅したトラの一種です。名前は大きい犬歯にちなんで付けられました。

ベータ‐D‐フルクトース (果糖) (C₆H₁₂O₆)

フルクトースは単純糖質の中で一番甘い物質です。

Added to your cart.