アパトサウルス

アパトサウルス

首が長く、背が大きい草食性の恐竜です。

生物

キーワード

恐竜, 先史時代の生き物, 竜脚類, アパトサウルス, ブロントサウルス, 爬虫類, ジュラ紀, 絶滅しました, 白亜紀, 化石, 復興, 草食動物, スケルトン, 動物, 脊索動物門, 生物

関連のエクストラ

シーン

アパトサウルス群

アパトサウルス

大きさ

  • 体長:20メートル
  • 背の高さ:12メートル
  • 体重:30トン
  • 肩先の高さ:4.5メートル

解剖

  • 比較的に小さい頭
  • 太くて、長い首
  • 長くて強力な尻尾
  • 筋肉質の足

骨格

  • 頭骨
  • 脊柱
  • 肋骨

複製

アニメーション

  • 体長:20メートル
  • 背の高さ:12メートル
  • 体重:30トン
  • 肩先の高さ:4.5メートル

ナレーション

アパトサウルス1億5000万年前のジュラ紀後期に生息しました。

体長は約20メートルで、体重は30トンでした。巨大な体にもかかわらず、頭蓋骨は50cmのみでした。

アパトサウルスは草食動物で、巨大な体に満足的なエネルギーを与えるには1日中、植物を食べないといけませんでした。

アパトサウルスが自分を守るために長くて、強力な尻尾と前足のカギツメを使っていました。短時間、後足で立つことができた可能性があります。

関連のエクストラ

ステゴサウルス

先史時代に生息した爬虫類の一種です。背中にある骨のプレートは体温調節をします。

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

大型の肉食類で、一番有名な恐竜です。

プテラノドン・ロンギケプス

鳥に似ている先史時代の飛べる爬虫類です。しかし、鳥と直接進化的な繋がりがありません。

トリケラトプス

白亜紀に生息した草食性の恐竜です。3本の角と首の周りにあったフリルで容易にわかります。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

魚竜

イルカに似ていて、海に生息していた恐竜でした。収束進化の例としても述べられます。

デイノニクス

「恐ろしい鉤爪」を意味するデイノニクスは肉食性のドロマエオサウルス科に属していました。

ティクターリク

魚類と四足類の間の進化的な過渡期を示している動物です。

ケナガマンモス

長鼻類に属していた絶滅動物です。現在のゾウの類縁です。先史の人間はよく狩られて捕まえました。

ウミサソリ

古生代で、海で生息した節足動物です。

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

ペルム紀の植物相と動物相

このアニメーションは古生代の最後の時期の植物相と動物相を紹介します。

ケツァルコアトルス、巨大な翼竜

ケツァルコアトルスは地球上生息していた動物の中で、最も大きな飛べる動物の一つでした。

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

氷河期

最後の氷河時代は1万3千年前に終わりました。

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

シーラカンス

生きている化石とも呼ばれ、四足類の進化において重要な段階です。

アンモナイト

固い外骨格を持つ、絶滅した頭足類のグループです。優れた標準化石です。

地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地球の歴史の間、地球の大陸は常に動いています。

イクチオステガ

先史時代の両生類であり、四肢動物の原始的な動物の一種です。約3億6千万年前に絶滅しました。

タイムライン・スパイラル

タイムライン・スパイラルに歴史的な出来事を入れましょう。

ヤモリの足の裏はどうやって滑らかな表面に付着しますか。

ヤモリは壁や天井でも動くことができます。アニメーションはヒロオヒルヤモリの能力を説明します。

ヨーロッパクサリヘビ

ヨーロッパで広く分布している毒を持つ蛇です。人間に対して毒はほとんど致命的ではありません。

エボシカメレオン

カメレオンは皮膚の色を変化することができる爬虫類です。

ヨーロッパヤマカガシ

首状に環状の斑紋がある蛇です。

Added to your cart.