ホモエレクトス

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

歴史

キーワード

ホモエレクトス, 直立男, 直立姿勢, ホモサピエンス, 先史時代の男, 涙滴状のハンドアックス, 先史時代, ライフスタイル, 採集, 頭蓋骨, 脳, ツールの作成, 手斧, 脳容積, 開発, 火災, ツールの使用, 火の制御, 歴史, 種類, 原点

関連のエクストラ

シーン

ホモエレクトス

  • 男性
  • 女性
  • 筋肉がよく発達した体
  • 割合的に短い腕
  • 直立姿勢
  • 割合的に長い足

道具の使用

採集

頭蓋骨と脳

  • ホモエレクトス
  • ホモサピエンス
  • 傾斜した額
  • 長くて、低い脳頭蓋
  • 突き出ている眉弓
  • 分厚い骨
  • 真直ぐな顔面骨
  • 広い下顎骨

手斧

  • 手斧 - 旧石器時代で出現しました。大きな石を削り取って作られた器具です。様々な目的のために使われ、ヒトが最も長く使用した器具でした。

生活

アニメーション

  • 男性
  • 女性
  • 筋肉がよく発達した体
  • 割合的に短い腕
  • 直立姿勢
  • 割合的に長い足
  • ホモエレクトス
  • ホモサピエンス
  • 傾斜した額
  • 長くて、低い脳頭蓋
  • 突き出ている眉弓
  • 分厚い骨
  • 真直ぐな顔面骨
  • 広い下顎骨

ナレーション

ホモエレクトスは原始人の絶滅した一種です。ラテン語の「ホモ」はヒトを意味し、「エレクトス」は直立姿勢を意味します。

直立姿勢の人間約150万年前に出現し、約20万年前に絶滅しました。
出現の時が正確に分からないが、起源地と分類は現在も論じられています。明らかにされているのは起源地がアフリカ大陸であり、ヨーロッパとアジアに移住しました。

ホモエレクトスの姿勢が直立で、体は現在の人より筋骨たくましくて、脚は長くて、腕が短かったです。

直立姿勢の人は頭蓋骨も現在の人と違っていました。長くて、平らな脳頭蓋があり、は傾斜し、眉弓は強くて突出し、下あごが広かったです。

ホモエレクトスの生活は遊牧民性と定住性でもあり、おそらく狩り採集して暮らしました。道具が単純で、石器は削り取って作りました。

彼らの典型的な器具は様々な目的のために使われた涙滴型の手斧でした。おそらく骨と木から作った器具も使用したが、考古学的な発掘でまだ発見されていません。

関連のエクストラ

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

ヒトの進化

人間の脳と頭蓋骨は進化中、大きく変化しました。

地球上のホモ・サピエンスの分布

「賢い人間」はアフリカに起源し、ほとんどすべての大陸に分布しました。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

ティクターリク

魚類と四足類の間の進化的な過渡期を示している動物です。

サーベルタイガー

背が大きくて、絶滅したトラの一種です。名前は大きい犬歯にちなんで付けられました。

氷河期

最後の氷河時代は1万3千年前に終わりました。

頭蓋骨と脊柱

中枢神経系の二つの主な部分である脳と脊髄は頭蓋骨と脊柱に守られています。

ケナガマンモス

長鼻類に属していた絶滅動物です。現在のゾウの類縁です。先史の人間はよく狩られて捕まえました。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

人間の骨格

骨格筋が付属している我々の体の内部支持構造です。

デイノニクス

「恐ろしい鉤爪」を意味するデイノニクスは肉食性のドロマエオサウルス科に属していました。

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

大型の肉食類で、一番有名な恐竜です。

ステゴサウルス

先史時代に生息した爬虫類の一種です。背中にある骨のプレートは体温調節をします。

トリケラトプス

白亜紀に生息した草食性の恐竜です。3本の角と首の周りにあったフリルで容易にわかります。

アンモナイト

固い外骨格を持つ、絶滅した頭足類のグループです。優れた標準化石です。

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

イクチオステガ

先史時代の両生類であり、四肢動物の原始的な動物の一種です。約3億6千万年前に絶滅しました。

プテラノドン・ロンギケプス

鳥に似ている先史時代の飛べる爬虫類です。しかし、鳥と直接進化的な繋がりがありません。

アパトサウルス

首が長く、背が大きい草食性の恐竜です。

Added to your cart.