クロロフィル

クロロフィル

クロロフィルは植物の葉緑素であり、光合成において重要な役割を果たしています。

生物

キーワード

クロロフィル, 緑の色素, クロロフィルa, クロロフィル-B, 光合成, ポルフィリン環, 顔料, 葉緑体, ピロール環, マグネシウムイオン, 生物, 生化学, 化学

関連のエクストラ

シーン

クロロフィルa

クロロフィルa (C₅₅H₇₂O₅N₄Mg)

情報

モル質量: 893.50 g/モル

溶融点: 153.2 °C

密度: 1.079 g/cm³

特徴

クロロフィルは植物に見られる緑色の色素です。光合成作用において重要な役割があります。クロロフィル分子に、四つのピロール環マグネシウムイオンを囲むポルフィリン環を形成します。クロロフィルの複数のタイプがあります。最も一般的な種類はクロロフィルaとクロロフィルbです。緑色の植物には大量のクロロフィルaと少量のクロロフィルbが含まれています。この二つの分子の構造上の違いなのはピロール環の一つの炭素と官能基の結合です。クロロフィルaではメチル基、クロロフィルbの場合はカルボニル基が結合します。クロロフィルはアルコール、エーテルとアセトンに分解します。

発生と生産

クロロフィルは植物、コケと細菌など光合成を行う生物において重要な役割を果たす色素です。

クロロフィル抽出物を作るには、イラクサなど植物の緑の葉をケイ砂でつぶし、ろ過します。乾燥した葉からでも生産できます。

利用

クロロフィルは食料品と化粧品に着色剤として使われています。

クロロフィルa空間充填

クロロフィルb

クロロフィルb (C₅₅H₇₀O₆N₄Mg)

情報

モル質量: 907.5 g/モル

溶融点: 125 °C

特徴

クロロフィルは植物に見られる緑色の色素です。光合成作用において重要な役割があります。クロロフィル分子に、四つのピロール環マグネシウムイオンを囲むポルフィリン環を形成します。クロロフィルの複数のタイプがあります。最も一般的な種類はクロロフィルaとクロロフィルbです。緑色の植物には大量のクロロフィルaと少量のクロロフィルbが含まれています。この二つの分子の構造上の違いなのはピロール環の一つの炭素と官能基の結合です。クロロフィルaではメチル基、クロロフィルbの場合はカルボニル基が結合します。クロロフィルはアルコール、エーテルとアセトンに分解します。

発生と生産

クロロフィルは植物、コケと細菌など光合成を行う生物において重要な役割を果たす色素です。

クロロフィル抽出物を作るには、イラクサなど植物の緑の葉をケイ砂でつぶし、ろ過します。乾燥した葉からでも生産できます。

利用

クロロフィルは食料品と化粧品に着色剤として使われています。

クロロフィルb空間充填

ナレーション

関連のエクストラ

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

単子葉植物と双子葉植物の比較

被子植物の二つの種類は単子葉植物と双子葉植物です。

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

アニメーションは典型的な花の構造を表示します。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

ピロール (C₄H₅N)

複素環有機物質の一つです。

Added to your cart.