クラゲ

クラゲ

クラゲは自由遊泳性の海産動物であり、実組織を持つ動物の最も原始的なグループである刺胞動物門に属しています。

生物

キーワード

クラゲ, 刺胞動物門, 免疫細胞, ロケットの原理, 胃腔, 触手, 上皮細胞, 海上, 捕食者, フローティングライフスタイル, 世代交代, 動物, 生体, 生物

関連のエクストラ

シーン

クラゲ

断面図

  • 口腔 - クラゲは捕まった獲物を口腕を使って胃腔に入れます。分解物もここを通じて排出されます。
  • 口腕 - 多くの刺胞を含みます。獲物の捕獲と胃腔へ入れるには重要な役割を果たしています。
  • 胃腔 - 腺細胞は消化酵素を分泌し、消化過程が開始されます。消化細胞は部分的に消化された物質を吸収し、消化を完成させます。刺胞動物の場合は、細胞内消化と細胞外消化も行われます。
  • 表皮 - ニューロンと上皮筋細胞が含まれています。 刺胞動物の神経系には発達した神経中枢がないが、神経節が形成されます。 上皮筋細胞が表皮を形成し、クラゲの移動のために不可欠です。
  • 中膠 (ちゅうこう) - 少ない細胞を含むゼリー状の層です。
  • 胃層 - 腺細胞に分泌された消化酵素により、胃腔での消化が始まります。
  • 辺縁の触手

体壁

  • 刺胞細胞 - 獲物の体に毒を注射します。
  • 上皮筋細胞 - 刺胞動物には表皮組織と筋肉組織がまだ分かれていません。上皮筋細胞は表皮を形成し、クラゲの移動において重要な役割を果たしています。広くなった下部にはタンパク質の繊維が含まれ、移動のために大切です。
  • 神経細胞 - 電気信号により表皮組織を収縮させます。神経系には発達した神経中枢がないが、神経節が形成されます。
  • 間充ゲル - 少ない細胞を含むゼリー状の層です。
  • 腺細胞 - 腺細胞に分泌された消化酵素により、消化が始まります。
  • 消化細胞 - 消化細胞は部分的に消化された物質を吸収し、消化を完成させます。刺胞動物の場合は、細胞内消化と細胞外消化も行われます。

刺胞

  • 線毛の受容体
  • 刺針
  • 巻かれた刺糸
  • 射出される刺糸

アニメーション

  • 口腔 - クラゲは捕まった獲物を口腕を使って胃腔に入れます。分解物もここを通じて排出されます。
  • 口腕 - 多くの刺胞を含みます。獲物の捕獲と胃腔へ入れるには重要な役割を果たしています。
  • 胃腔 - 腺細胞は消化酵素を分泌し、消化過程が開始されます。消化細胞は部分的に消化された物質を吸収し、消化を完成させます。刺胞動物の場合は、細胞内消化と細胞外消化も行われます。
  • 表皮 - ニューロンと上皮筋細胞が含まれています。 刺胞動物の神経系には発達した神経中枢がないが、神経節が形成されます。 上皮筋細胞が表皮を形成し、クラゲの移動のために不可欠です。
  • 中膠 (ちゅうこう) - 少ない細胞を含むゼリー状の層です。
  • 胃層 - 腺細胞に分泌された消化酵素により、胃腔での消化が始まります。
  • 辺縁の触手
  • 刺胞細胞 - 獲物の体に毒を注射します。
  • 上皮筋細胞 - 刺胞動物には表皮組織と筋肉組織がまだ分かれていません。上皮筋細胞は表皮を形成し、クラゲの移動において重要な役割を果たしています。広くなった下部にはタンパク質の繊維が含まれ、移動のために大切です。
  • 神経細胞 - 電気信号により表皮組織を収縮させます。神経系には発達した神経中枢がないが、神経節が形成されます。
  • 間充ゲル - 少ない細胞を含むゼリー状の層です。
  • 腺細胞 - 腺細胞に分泌された消化酵素により、消化が始まります。
  • 消化細胞 - 消化細胞は部分的に消化された物質を吸収し、消化を完成させます。刺胞動物の場合は、細胞内消化と細胞外消化も行われます。
  • 線毛の受容体
  • 刺針
  • 巻かれた刺糸
  • 射出される刺糸

構造

ナレーション

刺胞動物は一般的に世代交代を行うのが特徴的であり、ポリプ型とクラゲ型が交代します。ポリプ型固着性であり、無性生殖により運動性のクラゲを形成します。クラゲ自由遊泳性の捕食動物であり、有性生殖によりポリプ型の新しい世代を形成します。

胚の発生過程で、外胚葉内胚葉である二枚の胚葉が見られます。中胚葉がまだ発生していません。二枚の胚葉から外側の本体層(表皮)と内側の本体層が形成されます。二枚の層は間充ゲルと呼ばれるゼリー状の真中の層に繋げられます。

内側の層に含まれる腺細胞は消化酵素を分泌し、消化過程を開始します。消化細胞は部分的に消化された物質を吸収し、消化を完成させます。刺胞動物の場合は、細胞内消化細胞外消化も行われます。
表皮には上皮筋細胞が含まれています。これらの細胞の広くなった下部にはタンパク質繊維が見られ、動物がこれらによって移動します。神経細胞は電気信号により上皮筋細胞の収縮を調整します。
刺胞動物の神経系は散在神経系です。神経系には発達した神経中枢がないが、神経節が形成されます。刺胞を使って獲物の体に毒を入射します。

獲物が刺胞の繊毛受容体に触ると、刺胞が活性化されます:が開き、刺細胞突起は獲物の表皮に傷をつけ、射出される刺糸を使って傷にを注射します。以上の過程は一マイクロ秒もかかりません。

最も多くの刺胞が口腕にあります。クラゲは捕まった獲物を口腕を使って胃腔に入れます。

クラゲは人間にとっても危険です。最も危険なのはハコクラゲの毒であり、毎年百人ほどこのクラゲの毒により死亡します。

関連のエクストラ

海綿動物

海綿動物は動物の最も原始的なグループに属しています。海に生息している海綿動物は一般的な動物のような本当の組織がなくて、体が非対...

プラナリア

最も知られている扁形動物の一種です。

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

アンモナイト

固い外骨格を持つ、絶滅した頭足類のグループです。優れた標準化石です。

カゲロウ

カゲロウの幼生は三年間水の中で生息し、成虫は交配する一日しか生きていません。

アンコウ

この奇怪な魚はえさを捕まるために生物発光をしているおとり(ルアー)を利用します。これはアニメーションでどのように働くか説明します。

海洋の層

海の物理的特徴、動植物は海の深さとともに変化します。

緩歩動物(クマムシ)

緩歩動物は極端的な環境や、宇宙にさえ生き残ることができます。

クモの糸、クモの巣

クモの糸の密度はナイロン繊維より低いですが、引張強度は鋼鉄より高いです。

セイヨウミツバチ

ミツバチは甘くて、栄養を豊かに含むハチミツを集めます。

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

ニワオニグモ

アニメーションはニワオニグモを例として、クモの構造を紹介します。

ゾウリムシ

淡水に生息していて繊毛があり、真核性の単細胞生物です。

オオモンシロチョウ

オオモンシロチョウは広く分布しているチョウです。チョウの解剖を通して紹介します。

川真珠貝

川に広く分布している軟体動物です。

リンゴマイマイ

リンゴマイマイは広く分布しているカタツムリであり、食べ物としても人気です。

ミミズ

ミミズを例として、環形動物の構造を紹介します。

海洋と湾

アニメーションは一番重要な海洋と湾を紹介します。

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

Added to your cart.