コフキコガネ

コフキコガネ

コフキコガネはヨーロッパに広く分布しています。コフキコガネは害虫として知られています。

生物

キーワード

コフキコガネ, ビートル, 完全変態, 甲虫, チェーファーGRUB, ハード外翼, 関節肢, キチン層, キチン, 腹部, 胸部, 動物, 昆虫, 節足動物, 生物

関連のエクストラ

シーン

コフキコガネ

コフキコガネはヨーロッパで広く分布しています。平均体長が2.5‐3cmほどです。雄と雌も触角があり、その先にある薄板の数によって区別されます。メス6枚あり、オス7枚あります。

構造

  • 胸部
  • 腹部
  • 固い前翅
  • 口器 - 脚で進化した最も古い口器です。典型的な機能は餌をつぶすことです。
  • 触角 - 雄が雌のフェロモンを感知できる化学的な感覚器です。

コフキコガネの体は他の昆虫と似ているように、三つの部分から構成されています:頭部胸部腹部

頭部には化学的な感覚器である触角口器複眼があります。胸部には3対のと2対のがあります。昆虫の最初の一対の羽が固い前翅であり、後ろは飛ぶために使われている後翅があります。

内臓

  • - 神経節の一対です。眼と触角からの情報を処理、神経系の他の部分の機能を調節する重要な役割があります。中には神経分泌細胞が含まれています。これらの細胞は表皮の脱落を調節するホルモンを分泌します。
  • 腹神経索 - 脳から始まり、腹の方へ続きます。腹神経索の神経節には神経線維で結ばれている神経細胞があります。
  • 生殖器 - 昆虫は性別があります:男性生殖器では精子が形成され、女性生殖器では卵子が形成されます。
  • 複数の室を 含む心臓 - 昆虫は開放循環系があります。中に流れている血リンパが腹部にある心臓から昆虫の頭に送られ、頭部には体腔に流れ込みます。体腔の間の管に流れ、元の場所に戻ります。栄養物と廃棄物を運送する役割があります。呼吸ガスが運送せず、それは呼吸器の役割です。
  • 口腔腺 - 分泌液により餌が柔らかくなり、酵素が消化を開始します。
  • 嗉嚢 (そのう) - 餌を保管し、柔らかくします。
  • - 中には餌をつぶすしわとキチンの突起があります。昆虫の胃は砂嚢と呼ばれています。
  • 中腸 - 小かと吸収が効率よくなるために表面を広くします。
  • マルピーギ管 - 昆虫の排泄系です。体腔を流れる血リンパをろ過し、ろ過された液体を腸に排出します。腸にはろ過された液体から必要な栄養物(水、糖類など)が吸収され、血リンパに戻されます。廃棄物と毒物が排出されます。
  • 結腸 - マルピーギ管は体腔を流れる血リンパをろ過し、ろ過された液体を腸に排出します。腸にはろ過された液体から必要な栄養物(水、糖類など)が吸収され、血リンパに戻されます。廃棄物と毒物が排出されます。

コフキコガネの幼虫

  • 触角
  • 口器 - 脚で進化した最も古い口器です。典型的な機能は餌をつぶすことです。幼虫はこれを使って農業に深刻な被害を及ぼします。

幼虫土壌で成長し、植物の根を餌にしているので、農業において被害を及ぼします。幼虫が気候によって3‐5年目の夏にになります。その6週間後、蛹が成長した昆虫になり、土壌で冬を過ごし4月5月ごろ地表に出てきます。

アニメーション

  • 胸部
  • 腹部
  • 固い前翅
  • 口器 - 脚で進化した最も古い口器です。典型的な機能は餌をつぶすことです。
  • 触角 - 雄が雌のフェロモンを感知できる化学的な感覚器です。
  • 触角
  • 口器 - 脚で進化した最も古い口器です。典型的な機能は餌をつぶすことです。幼虫はこれを使って農業に深刻な被害を及ぼします。

ナレーション

コフキコガネはヨーロッパで広く分布しています。平均体長が2.5‐3cmほどです。雄と雌も触角があり、その先にある薄板の数によって区別されます。メス6枚あり、オス7枚あります。

幼虫土壌で成長し、植物の根を餌にしているので、農業において被害を及ぼします。幼虫が気候によって3‐5年目の夏にになります。その6週間後、蛹が成長した昆虫になり、土壌で冬を過ごし4月5月ごろ地表に出てきます。

コフキコガネの体は他の昆虫と似ているように、三つの部分から構成されています:頭部胸部腹部

頭部には化学的な感覚器である触角口器複眼があります。胸部には3対のと2対のがあります。昆虫の最初の一対の羽が固い前翅であり、後ろは飛ぶために使われている後翅があります。

関連のエクストラ

クワガタムシ

アニメーションではクワガタムシを例として、昆虫の筋肉の運動、飛行メカニズムと繁殖を紹介します。

昆虫の生殖と成長

昆虫は生活環によって、不変態、不完全変態、完全変態の3つに分類されます。

カゲロウ

カゲロウの幼生は三年間水の中で生息し、成虫は交配する一日しか生きていません。

赤山蟻

アリの巣には女王蟻、雌蟻と働き蟻がいます。

セイヨウミツバチ

ミツバチは甘くて、栄養を豊かに含むハチミツを作ります。

オオモンシロチョウ

オオモンシロチョウは広く分布しているチョウです。チョウの解剖を通して紹介します。

ナンベイドクイトグモ

ナンベイドクイトグモの毒は強くて、人体に非常に危険です。

クモの糸、クモの巣

クモの糸の密度はナイロン繊維より低いですが、引張強度は鋼鉄より高いです。

緩歩動物(クマムシ)

緩歩動物は極端的な環境や、宇宙にさえ生き残ることができます。

メキシカンレッドニータランチュラ

ペットとされて、一番人気があるタランチュラの一種です。人間がかまれると死命的でわありません。

光受容器官の多様性

進化しながら、様々な光受容器官の種類が発生しました。

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパに広く分布している淡水性のザリガニの一種です。

ニワオニグモ

アニメーションはニワオニグモを例として、クモの構造を紹介します。

Added to your cart.