ゾウリムシ

ゾウリムシ

淡水に生息していて繊毛があり、真核性の単細胞生物です。

生物

キーワード

ゾウリムシ, 単細胞の, 単細胞真核生物, 繊毛虫, 細胞小器官, 収縮胞, 繊毛, 消化胞, 細胞口, 淡水, 動物, 生物

関連のエクストラ

シーン

細胞小器官

  • 収縮胞 - 収縮胞は細胞に不必要な過剰な水と老廃物を出します。細胞内の溶質濃度は周りにある淡水より高いので、水は浸透によって細胞内へ流れます。この理由で過剰な水を常に出す必要があります。
  • 細胞口 - 餌である有機破片や細菌を細胞口を通じて細胞内に取り込みます。
  • 細胞咽頭 - 餌は細胞口からここへ入って、エンドサイトーシスで吸収され ます。
  • 繊毛 - 律動的で協調された動きで細胞の移動を手伝っています。それに、餌を細胞口のほうに集めます。
  • 小核(生殖力のある) - 小核に有性生殖において重要なDNAを含んでいます。
  • 大核(植物性) - 細胞の植物性機能を調節しています。
  • 消化胞 - 餌は細胞咽頭からエンドサイトーシスで吸収されています。餌である微小体は消化中に膜に包まれて、消化されます。

関連のエクストラ

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

緩歩動物(クマムシ)

緩歩動物は極端的な環境や、宇宙にさえ生き残ることができます。

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

クラゲ

クラゲは自由遊泳性の海産動物であり、実組織を持つ動物の最も原始的なグループである刺胞動物門に属しています。

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すために感染させた細胞を再プログラム...

遺伝物質の構成

直径、わずか数マイクロメーターの大きさしかない核をもつ真核細胞には、約2メートルほどの長さで、かつ何重もののコイル状となってい...

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

Added to your cart.