中世のかじ屋

中世のかじ屋

人間の史上初の職業の一つである鍛冶屋の仕事は中世の間に、もっと重要になりました。

歴史

キーワード

中世, 鍛冶屋, 金属細工人, アンビル, ふいご, ワークショップ, マスター, 弟子, 職業, 武器, ツール

関連のエクストラ

質問

  • 以下の職業の中で、どれが中世に存在したか。
  • どの道具を使って火が消えるのが避けられたか。
  • 金床の上の平らな部分の機能は何でしたか。
  • 金床の角が何の役割がありますか。
  • 金床の先の鋭い部分は何と呼ばれていますか。
  • 鍛冶は最も古い職業の一つです。
  • どれが鍛冶屋の道具でしたか。
  • どれが鍛冶屋の道具ではないか。
  • どれが鍛冶屋の道具ではないか。
  • ギルド内で、最も立場が上の人が誰ですか。
  • 中世の都市内の業者の工房が住宅の一階にあったのは本当ですか。
  • 中世の鍛冶屋が何を作りましたか。
  • 中世の鍛冶屋が何を作りましたか。
  • 中世ヨーロッパに、同じ職業をした人はどのように住んでいましたか。
  • ギルドのメンバーは自分の商品について広告が許されたのは本当ですか。
  • 手工業ギルドのマスターが自分の道具を使用したのは本当ですか。
  • 実習生の試験の作品は何と呼ばれていましたか。
  • ギルドに入っていない業者は何と呼ばれていましたか。
  • 中世で同じ専門の業者からなっていた組織が何と呼ばれましたか。
  • ギルドのサインの役割が何でしたか。
  • 職業の気象が何と呼ばれていますか。
  • どの職業が鍛冶屋からできましたか。
  • 鍛冶屋がいつごろ出現しましたか。
  • 鍛冶屋に手伝う人が何と呼ばれていますか。
  • どの職業には金属が使われていますか。
  • どの職業には金属が使われていませんか。
  • どの物体が鍛冶屋に作られなかったか。
  • どの物体が鍛冶屋に作られましたか。
  • 鍛冶屋の工房に、火がなんで重要でしたか。
  • 金づちに開けられた穴がどうして長円形でしたか。
  • 大ハンマーの重さがどのくらいでしたか。
  • 以下の職業の中で、どれが中世に存在しなかったか。
  • 以下の職業の中で、どれが中世に存在したか。
  • 以下の職業の中で、どれが中世に存在しなかったか。
  • 以下の職業の中で、どれが中世に存在しなかったか。

シーン

鍛冶屋と実習生

道具

  • 鍛冶屋
  • 金床
  • 鍛冶の炉
  • 水タンク

工房の構造

工房の中

  • 工具棚
  • はさみ
  • 金づち
  • 石目やすり
  • 道具を置く机
  • 金床
  • ふいご
  • 火ばさみ

アニメーション

ナレーション

鍛冶(かじ)は最も古い職業の一つです。考古学的な資料によると、すでに青銅器時代にも存在しました。数千年で大きく変化したが、産業革命の時発明された道具と方法で基本的な変化が起こった。その時代には機械による鍛冶品も出現しました。

鍛冶屋が中世に重要な役割があり、社会の尊敬されたメンバーでした。鍛冶屋は日常生活に必要な道具だけではなく、武器も作りました。町の中で、工房が一般的に住宅の一階にありました。店の前にはギルドのサインがかけられました。

鍛冶屋の工房が二つに分けられて、外部と内部の工房がありました。

両方に、工房の最も重要な部分だった壁で囲まれた鍛冶炉が建設されました。鍛冶屋はこの炉に金属を溶かして、形が作った後タルに入れた冷水で冷却されました。火がふいごで消えないようにしました。

金床も重要な役割があり、様々な大きさと形で存在しました。この上に金属の部分が適切な形に作られました。鍛冶屋の最も重要な道具は火ばさみと金づちで、金属の部分はこれで形作りました。

関連のエクストラ

中欧の中世都市

狭い道路と色付きの家が中世都市に特有な雰囲気を与えました。

中世都市

中世都市に建築された家は石や煉瓦からでき、2〜3階建てでした。

中世のヴェネツィア

中世のヴェネツィアは盛大な沿海貿易のおかげで豊富になりました。

ヴァイキングの集落 (10世紀)

北の民族であるヴァイキング人の集落はスカンディナヴィアのみではなく、離れている場所にも建築されました。

鉄冶金 (基礎)

原鉄は鉄溶鉱炉により鉄鉱から製造されています。

鉄冶金 (標準)

原鉄は鉄溶鉱炉により鉄鉱から製造されています。

グーテンベルグの印刷業 (マインツ、15世紀)

ライフ誌によると、グーテンベルグが開発した活版印刷技術は2000年の歴史の中で最も画期的な出来事でした。

中世の居住された橋 (ロンドン橋、16世紀)

テムズ川にかかるロンドン橋の上にテューダー朝の統治下に建物が約200軒建築されました。

ドライミル

馬鹿力(や人力)で作動した機械は、主に穀物を粉砕するために使用されました。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

Added to your cart.