中世の天守

中世の天守

中世の特徴的な建物である天守は城に繋がらず建築されたこともありました。

歴史

キーワード

天守閣, 中世の住居塔, ドンジョン, 塔, 騎士, 中世の城, 住居, 中世, 中世初期, ローマンスタイル, ローマン, 要塞アーキテクチャ, 城, 防衛, 貴族, カステラン, 建物, 地下牢, センター, 避難所, ライフスタイル, 要塞, 家主, 舷窓, 歴史

関連のエクストラ

シーン

天守

断面図

  • 屋根テラス
  • 兵器庫
  • プライベートルーム
  • 騎士ホール
  • 管理フロア
  • 地下室、シスタン

シスタン

管理フロア

騎士ホール

個室

兵器庫

見張りのテラス

アニメーション

ナレーション

最初の天守は中世前期に建築されました。これらの塔は初めて国王地主に建築されましたが、騎士の出現後、より大切になり、数が増えていました。最初、騎士の城はただの塔でした。その後、石造りの外壁や他の建物に囲まれて、天守は城の中心的な部分になりました。

初めての天守はロマネスク式で建築されました。壁が厚くて、強い、平面図が円形か長方形でした。基本的な役割は、持ち主と家族のために長期間の防衛をすることでした。

天守の構造はこの目的のために設計されました。

一般的に、地下の井戸または水槽で水を得ることができました。地下牢がある場合は、それもこの階に位置しました。

天守の唯一の入口は守りやすいために一階にあり、外の階段で上に上がり、塔に入ることができました。

上の階には、見張り人と召使の部屋、武器と食料品の貯蔵室応接室がありました。家族の部屋は塔の最も安全で、一番上の階にありました。

塔の上のベランダで、常に見張り人が勤務中でしたから、敵が近づくとき、遠くからみることができました。安全さのために、窓がなくて、壁には小さな通気孔射撃孔がありました。

関連のエクストラ

中世時代の塔と稜堡の種類

要塞の構造は軍事技術と共に進化しました。

中世の騎士

中世ヨーロッパにおける騎士は封建領主の臣下でした。騎士は馬に乗って戦っていました。

スラブ部族の戦士

スラブ部族の戦士は中世時代のヨーロッパ中大いに尊敬されました。

ゴシック様式の城 (ジュラ、ハンガリー、16世紀)

南東ハンガリーに位置している煉瓦造りの城です。一番古い部分はおそらく14世紀の後半に建てられました。

中世の衣服 (西ヨーロッパ、10-12世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ミール地方の城と関連建物群(17世紀)

ベラルーシのミールに位置する城はゴシック様式で建設されました。

中世の衣服 (西ヨーロッパ、5-10世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ヴァラジュディンの城 (16世紀)

この素晴らしい城は北クロアチアに位置しています。

シグリゲトの要塞 (17世紀、ハンガリー)

オスマンの支配者を止めるための保護システムの一部でした。建築は13世紀に始まりました。

テンプル騎士団 (12世紀)

十字軍の時代で形成された最も重要な騎士団の一つです。

ベオグラード (15世紀)

ベオグラードの城はハンガリーの一番重要な国境要塞の一つでした。

ロンドン塔 (16世紀)

ロンドン塔の魅力的な歴史はおよそ1000年間に渡ってかかっています。

パッシブハウス

パッシブハウスとは、家内の快適な温度を保つために一般的な暖房やエアコンの利用が必要ないような住宅です。

オラデアの要塞

トランシルバニアにあるオラデアの要塞は中世の要塞の建築の例の一つです。

騎士のホール

中世の城には、騎士のホールが一番重要な部分の一つでした。

黒死病ーペスト(ヨーロッパ、1347年–1353年)

腺ペストとして知られている細菌性疾患は、人類の歴史の中で最悪の感染症の一つです。

エゲルの城 (16世紀)

エゲルの城の建築は16世紀に完了され、国境を保護する要塞として重要な役割を果たしていました。

中世の地下牢

中世の地下牢には様々な拷問装置が使われていました。

中世の居住された橋 (ロンドン橋、16世紀)

テムズ川にかかるロンドン橋の上にテューダー朝の統治下に建物が約200軒建築されました。

Added to your cart.