中世アラビアの水ポンプ (アル・ヤザり、13世紀)

中世アラビアの水ポンプ (アル・ヤザり、13世紀)

中世アラビアの技術者、アル・ヤザリが開発した水ポンプは中世アラビアの技術者の

歴史

キーワード

al-Dżazari, ウォーターポンプ, 水抽出装置, ポンプ, 中世, アラビア語, 歯車, ピストン, 外輪, 発明, マシン, 装置

関連のエクストラ

シーン

ポンプ

はめば歯車

ピストン

ナレーション

中世アラビア科学は様々な画期的な発明をし、人類の文化を多くの発明品で富ませました。残念ながら、これらの発明品についての資料が少なくて、矛盾しています。

12世紀ー13世紀に生きていたアル=ジャザリーに開発された水ポンプについて詳しい説明と正確な図解が現存しています。この発明品を使って、川から人工的な水タンクに水を移すことができました。
水レベルを調節するには川の水を放水路に流されました。水の運動エネルギーは水車を動かしました。円周運動で、平歯車は直線運動で動くようになります。前後の方向に動くピストンで水がシリンダーにポンプされます。水が弁で調節される鉄の管を通じて流れます。

アル=ジャザリーにの開発は自分の時代を超えていました。この効果的なポンプは中世アラビア科学者の創造性を示しています。

関連のエクストラ

トルコの浴場(16世紀)

ヨーロッパにおけるオスマン軍の侵入の影響の一つは温泉の建築でした。

ヘイスティングズの戦い (1066年)

ノルマンディー公ギヨーム2世はアングロ・サクソン人を支配し、ウィリアム1世としてイギリスに即位...

ヴァイキングの集落 (10世紀)

北の民族であるヴァイキング人の集落はスカンディナヴィアのみではなく、離れている場所にも建築され...

ナーンドルフェヘールヴァール包囲 (1456年7月4日‐22日)

15世紀に、オスマン帝国とハンガリー王国の間に行われた大きな戦いでした。

三圃式農業

このビデオでは、三圃式農業は三圃式農業よりも有益である理由が提示します。

中世のヴェネツィア

中世のヴェネツィアは盛大な沿海貿易のおかげで豊富になりました。

伝統的なアラビアの帆船 (サンブク)

最大のアラビアの帆船であり、ペルシア湾で貿易船として主に使われていました。

中世時代の塔と稜堡の種類

要塞の構造は軍事技術と共に進化しました。

Added to your cart.