支石墓

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

歴史

キーワード

ドルメン, 支石墓, オランダ, 新石器時代, 石器時代, 先史時代, 金石併用時代, 畜産, 農業, 決済, 住居, 埋葬室, ライフスタイル, 沈降, 考古学, 氷床, 巨石, 歴史, 工芸, 建設, 氷河, 氷河作用, ツール, 技術

関連のエクストラ

質問

  • 支石墓は現在のどの国に位置していますか。
  • 支石墓の元々の役割が何でしたか。
  • 以下の中で、どれがオランダの支石墓に最も似ていますか。
  • 支石墓を構成する岩がどこからきましたか。
  • 支石墓を構成する岩がどのようにオランダに到達しましたか。
  • オランダに支石墓がどのくらいありますか。
  • 支石墓の多くはオランダのどの州に位置していますか。
  • 支石墓はいつ作られましたか。
  • 以下の中で、どれが最も古いですか。
  • どの表現が支石墓に関係していますか。
  • 「hunebed」はどのオランダ語の言葉の組み合わせですか。
  • もっとも大きな支石墓はどれですか。
  • 支石墓を構成する最も大きな岩はどのくらいの重さですか。
  • D49の支石墓がどこに位置していますか。
  • どの表現が支石墓を表していますか。
  • 以下の中で、どれが新石器時代の人々の活動ではありませんか。
  • 以下の中で、どれが支石墓の典型的な一部ではありませんか。
  • 新石器時代の集落を成立された時、何が重要ではありませんでしたか。
  • 新石器時代は英語で何と呼ばれていますか。
  • 以下の中で、どの道具が新石器時代で作られませんでしたか。
  • ドルメンは何のシンボルでしたか。
  • 以下の中で、どれが新石器時代の家の素材ではありませんでしたか。
  • 新石器時代の住宅の中で、暖炉もあったというのは本当ですか。
  • 考古学者はドルメンをヨーロッパでのみ発見したというのは本当ですか。

シーン

新石器時代の 集落

新石器時代は石器時代の末であり、旧石器時代の後に続き、銅器時代の先にたつ時代でした。

農業畜産の出現により、新石器時代の人々の生活に大きな変化をもたらしました。定住型の生活様式と共に、住宅がより耐久性のある素材から建てられるようになりました。

最初の集落は飲料水森林牧草地耕地が近くにある場所で建てられました。
住宅の近くに、家畜のための囲いが作られました。

鳥瞰図

住宅

耐久性のある便利な住宅は定住型の生活様式に適応しています。旧石器時代で、人々は洞窟、崖の下、または簡単な小屋に住んでいました。新石器時代では最初の家が現れました。

最初、これらの家の壁は木材、または編み枝から作られました。その後は日干しれんがが使用されました。屋根は気候によって平ら、または勾配のあるように作られました。
中には、わらからでき、動物の皮で覆われた寝る場所以外、家具がありませんでした。暖炉が家の中にありました。

建物の中

  • 横の壁
  • 屋根の構造
  • 実験器具
  • 寝床
  • 練り土の床
  • 炉床
  • 暖炉

家族

農業畜産の出現により、新石器時代の人々の生活状況において大きな変化をもたらしました。その上、この変化が社会構造にも影響を及ぼし、拡大家族が現れました。これらの拡大家族には祖父母、両親と子供たちである三世代が含まれました。

新石器時代の人々の衣類の種類は旧石器時代のより多くなりました。農業と畜産の出現により、ウール、綿、亜麻と麻繊維である天然繊維簡単に手に入るようになりました。これらの素材は紡糸と織りにより布地が作られました。衣類はより快適で、長持ちでした。

支石墓

  • 古墳
  • 入り口の 冠石
  • 冠石
  • 環を形成 する石
  • 入り口
  • 入り口を 支える岩
  • 支えるための岩

死体葬ることが旧石器時代で習慣になりました。遺体は座るように、または胎児のような姿勢で葬られました。変化した生活様式と共に、新石器時代では遺体を葬る新しい習慣が現れた:集落の境界でが建てられました。

巨石文化のドルメンはおそらく特徴的で、岩から作られた墓でした。ドルメンの内部の空間は死者の魂がある場所であり、洞窟のシンボルでもありました。考古学者は遺体の隣に、武器道具ボール器具宝石などを発見しました。

岩の到着

支石墓の多くが位置するドレンテ州には山や崖がありません。
これらのドルメンの建設に必要な氷河期の間、現在のオランダの地域に到着しました。これらの巨大な花崗岩のブロックが南へ動く氷床と共にスカンディナヴィアからゆっくりと移動する氷河により運搬されました。

岩の移動

現在のオランダに位置するドルメンは特徴的な技術で作られました。
支石墓は巨大な岩からできています。これらのブロックの移動は新石器時代の人々にとても難しかったです。石のブロックは人と動物の力で、縄とローラーを使って動かされました。

最初はサポート用の岩が事前に掘られた穴に入れられました。冠石土の斜面レバーを使って、これらの石の上に置かれました。入り口の上の冠石が別の支える用の岩で支えられました。

オランダ語で「支石墓」を意味するhunebedは「巨大」を意味するhuneと巨人の岩で作られた石材構造物を示すベッドから構成している表現です。

散歩

アニメーション

  • 古墳
  • 入り口の 冠石
  • 冠石
  • 環を形成 する石
  • 入り口
  • 入り口を 支える岩
  • 支えるための岩

ナレーション

新石器時代で行われた変化の中で、最も重要だったのは最初の集落の出現でした。

旧石器時代の人々の生活様式と異なって、耐久性のある便利な住宅は新石器時代の特徴である定住型の生活様式に適応しています。最初のが建てられ、最初の職業が現れました。

ドルメン等の巨石構造は主に新石器時代の間で建てられました。オランダにあるドルメンは(巨人ベッドを意味する)「hunebed」と呼ばれています。これらの墓は集落の外側にあり、洞窟のシンボルでした。

支石墓を構成する岩が氷河期の間、スカンディナヴィアから現在のオランダの地域に、氷河により運搬されました。支石墓は5000年前ほど、特徴的な方法で作られました。

関連のエクストラ

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

氷河期

最後の氷河時代は1万3千年前に終わりました。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

ヨーロッパの巨石文化

数千年前、巨大な岩石から作られた建造物が巨石文化の遺跡です。

オランダの行政区画

このアニメーションはオランダの州と州都を紹介します。

氷河 (基礎)

氷河は雪や氷で構成されて、常に流動している巨大な氷の塊です。

地球上のホモ・サピエンスの分布

「賢い人間」はアフリカに起源し、ほとんどすべての大陸に分布しました。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

ジョセル王のピラミッド (サッカラ、紀元前27世紀)

紀元前27世紀に、エジプトで初めて段階ピラミッドが建築されました。

アトレウスの宝庫 (ミケーネ、紀元前14世紀)

古代のミケーネに建築された円状の墓は伝説の王様に結ばれています。

エジプトのピラミッド (ギザ、紀元前26世紀)

ギザピラミッドは古代の七不思議の中で、唯一現存する建造物です。

ツタンカーメンの墓 (紀元前14世紀)

20世紀の最も重要な考古学的な発見は古代エジプトのファラオ、ツタンカーメンの墓の掘削でした。

Added to your cart.