ウクライナのコサック軽騎兵(17世紀)

ウクライナのコサック軽騎兵(17世紀)

独立した軍的な集団であるコサックはウクライナの歴史において重要な役割を果たしていました。

歴史

キーワード

コサック, ウクライナ, szláv, 草原, 騎兵, 兵士, 戦闘機, 軍事, 兵器, ロシア, 軍隊, 独立した, 東ヨーロッパ, 17世紀, 軽騎兵, 不規則な軍隊, 衣類, 近代史, 歴史

関連のエクストラ

シーン

ウクライナのコサック軽騎兵

ウクライナのコサック軽騎兵

コサックの出現は複雑な現象でした。

社会的な原因の一つとは、ウクライナの田舎者にかかる政治的、経済的と宗教的な圧制が強まったため、住民の一部は前に住人のいない大草原地帯移動しました。これらのグループはドニエプル川の中央部に集合しました。このように形成した集団はより効率的に自分たちを保護し、狩りの成功率が上がりました。

ある理論によると、コサックの出現は国の南の国境をタタール属の攻撃から守る必要があったということにも関連しています。

14世紀に、最初の自治体を持つコサックの軍事的な集団ドニエプル川の下流の近くに成立されました。このように、キリスト教とイスラム教の世界の境で新しい兵士のタイプが出現しました。トルコ語由来の「コサック」は兵士自由な人を意味していました。

16世紀には、コサックはどのような軍事活動にも参加していました。地上の交易路を見守り黒海をパトロールし、奴隷を手に入れる目的で攻撃してきたタタール人からウクライナの領域を保護しました。近くの支配者の軍事活動に補助ユニットとして参加し、周囲の国々の国境を守っていました。常に襲われる可能性があったため、コサックはシーチと呼ばれた塁壁、くいと溝に囲まれた集落を設立しました。これらの集落はザポロージャのシーチという城塞化されたシステムを構成しました。この新しく創立された国家はコサック文化が生まれた場所として考えられています。

17世紀において、ウクライナのコサック軽騎兵はヨーロッパの地政学的地図に重大な軍事的と政治的な集団となっていました。現在も多くの歴史学者にはコサックがウクライナの独立運動国家系の基礎を作ったと思われています。

武器

  • 帽子 - 布と毛から成っています。内側はキャンバス生地で覆われていました。
  • コート - ウクライナのコサック人の特徴的な長細いボートでした。
  • 編んだベルト - ウールまたは絹でできた飾り物です。コサック人は戦いで革製のベルトだけを使っていました。
  • 革のベルト - コートを支持し、道具などがかけられたものです。
  • パンツ - 比較的にきつくて、戦いで邪魔になりませんでした。馬に乗るときも付けられました。
  • ブーツ - 柔らかい革製であり、シャフトが高かったです。かかとの場所にヒールではなく、蹄鉄が付けられました。

歩兵を装備させましょう

関連のエクストラ

スラブ部族の戦士

スラブ部族の戦士は中世時代のヨーロッパ中大いに尊敬されました。

スラブ民族

スラブ民族は三つのグループに分類され、ヨーロッパの14カ国に居住しています。

フスのワゴンフォート

チェコのフスは15世紀にウォーワゴンを使いこなしました。

オスマン帝国の兵士 (16世紀)

オスマン軍はイェニチェリー(常備歩兵軍団)とスィパーヒー(封建制度の中での騎士)で構成されていました。

衣服 (ハンガリー、10世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

モンゴルの戦士 (13世紀)

モンゴル帝国の恐れられた戦士は歴史上の最も広い国家を形成しました。

ハイデュ (16世紀のハンガリーの兵士)

16世紀に、ボチカイ・イシュトワンが牛の放牧者から効果的な軍隊を形成しました。

世界の国々

三つの難易度があるゲームで、世界の国の地理的な位置、首都と旗が勉強できます。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ソフィア、 20世紀)

このネオ・ビザンチン様式で建てられた正教会の大聖堂は、ブルガリアの首都のシンボルの一つです。

衣服 (西ヨーロッパ、17世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

Added to your cart.