脂肪分子

脂肪分子

グリセリン分子と3個の飽和脂肪酸が結合すると、脂肪分子が形成されます。

化学

キーワード

脂肪分子, 脂肪, 中性脂肪, トリグリセリド, 脂質, 飽和しました, エステル結合, 脂肪酸, パルミチン酸, ステアリン酸, グリセロール, 動物由来, せっけん, 化学, 生物, 生化学

関連のエクストラ

シーン

球棒モデル

脂肪分子 (トリステアリン) (C₁₇H₃₅COO)₃C₃H₅

情報

モル質量: 891.45 g/mol

融点: 72 °C

密度: 0.862 g/cm³ (80 °C)

特徴

脂肪はトリグリセリド類に属しており、グリセリンと3分子の脂肪酸とでエステル結合で結ばれています。このアニメーションでの脂肪分子はトリステアリンです。トリステアリンでは3分子の脂肪酸はステアリン酸です。ステアリン酸は飽和脂肪酸であるので、室温で個体です。不飽和脂肪を含む植物性のオイルは室温で液体です。
トリステアリンは非水溶性ですが、冷たいアルコールとエーテルでわずかに溶解し、ベンゾールとクロロホルムで容易に溶解します。

発生、製造

トリステアリンは固体状の動物性脂肪に含まれています。製造は脂肪を加水分解してエステル化して行います。

利用

昔はろうそくの製造に利用されました。現在は食品として、塗料、革をケアする商品、化粧品、脂肪アルコールと脂肪酸の製造に使われています。

空間充填モデル

ナレーション

関連のエクストラ

オイル分子

不胞和脂肪酸を含んでいるトリグリセリドは室温で液体です。

せっけん

脂肪酸は極性と無極性の部分から構成されますので、油汚れを取り除くのに適してます。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

プルミチン酸 (ヘキサデカン酸) (C₁₅H₃₁COOH)

白色で、ろう様物質であり、炭素原子を多くに含むカルボン酸です。

ステアリン酸 (オクタデカン酸) (C₁₇H₃₅COOH)

白色の個体であり、植物性油と動物性脂肪の構成成分です。

オレイン酸 (シス-オクタデク-9-エノイク酸) C₁₇H₃₃COOH)

不飽和モノカルボン酸です。分子は二重シス形の結合を含んでいます。

グリセリン (1,2,3‐プロパントリオール) (C₃H₈O₃)

クリームと軟膏の材料として使われているトリオールです。

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

Added to your cart.