脂肪分子

脂肪分子

グリセリン分子と3個の飽和脂肪酸が結合すると、脂肪分子が形成されます。

化学

キーワード

脂肪分子, 脂肪, 中性脂肪, トリグリセリド, 脂質, 飽和しました, エステル結合, 脂肪酸, パルミチン酸, ステアリン酸, グリセロール, 動物由来, せっけん, 化学, 生物, 生化学

関連のエクストラ

オイル分子

不胞和脂肪酸を含んでいるトリグリセリドは室温で液体です。

せっけん

脂肪酸は極性と無極性の部分から構成されますので、油汚れを取り除くのに適してます。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

プルミチン酸 (ヘキサデカン酸) (C₁₅H₃₁COOH)

白色で、ろう様物質であり、炭素原子を多くに含むカルボン酸です。

ステアリン酸 (オクタデカン酸) (C₁₇H₃₅COOH)

白色の個体であり、植物性油と動物性脂肪の構成成分です。

オレイン酸 (シス-オクタデク-9-エノイク酸) C₁₇H₃₃COOH)

不飽和モノカルボン酸です。分子は二重シス形の結合を含んでいます。

グリセリン (1,2,3‐プロパントリオール) (C₃H₈O₃)

クリームと軟膏の材料として使われているトリオールです。

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

Added to your cart.