アレシアの戦い (紀元前52年)

アレシアの戦い (紀元前52年)

ガリアの都市であったアレシアはウェルキンゲトリクスに保護されましたが、紀元前52年にユリウス・カエサルに支配されました。

歴史

キーワード

アレシア, アレシアの戦い, ウェルキンゲトリクス, ジュリアス・シーザー, ガリアの, 戦争, Római Birodalom, ローマン, ブルゴーニュ, ガリア, 州, 包囲, 攻城兵器, 包囲リング, 都市, 連合国, 守備リング, フランス, 要塞, 騎兵隊, 軍事, 歴史, 古代

関連のエクストラ

シーン

アレシア

  • アレシア
  • ガリア 騎兵隊
  • ガリア人 連合軍
  • ローマ軍
  • 後の 攻囲線
  • 前の 攻囲線
  • ガリアの 救援軍
  • N

戦いの経過

  • アレシア
  • ガリア 騎兵隊
  • ガリア人 連合軍
  • ローマ軍
  • 後の 攻囲線
  • 前の 攻囲線
  • ガリアの 救援軍
  • N

ナレーション

第1段階 (紀元前52年)

ガリア戦争における最も重要な戦いは現在のブルゴーニュ領域のアレシアで行われた。ゲルゴウィアの戦いでの勝利後、ガリアの敵将であるウェルキンゲトリクスはアレシアに行きました。ユリウス・カエサルが率いるローマ軍はアレシアの包囲に行進しました。

第2段階 (紀元前52年)

ゲルゴウィアの戦いでローマ軍が平野で行った戦いで敗北されたので、カエサルはローマ式の包囲戦略を利用しようとしました。
包囲突破を避けるために、カエサルはアレシア要塞の周りに塁壁を作らせて、カタパルトを立てられた。

第3段階 (紀元前52年)

ガリア人の食料品がなくなりそうで、飢餓が起きる可能性がありました。ガリア軍は何回かローマの包囲を敗れようとしました。成功できなかったので、使者さえ出ることができなかった。

第4段階 (紀元前52年)

結局、ガリア人はローマの壁の弱点が見つかり、包囲突破が成功しました。ガリアの騎士隊は包囲壁を破り、救援軍に状態を知らせることができました。

第5段階 (紀元前52年)

カエサルは包囲をやめるつもりがなかったが、敵軍のはさみ打ちにもなりたくなかったです。
カエサルはガリアの救援軍からの防衛のために外側の塁壁の建設を命令しました。

第6段階 (紀元前52年)

史料によると、およそ十万人から構成される救援軍が包囲突破したガリア騎士隊と一緒に帰還しました。カエサルは自分の軍隊を二重の塁壁の間に再分布しようとしました。

第7段階 (紀元前52年)

ローマ軍とガリア軍の間で激しい戦いが行いました。カエサルの軍隊は両方から、アレシアの軍隊と救援軍にも攻撃されました。
ガリア人はローマの防衛の弱点を見つかり、そこに力を集中しました。

第8段階 (紀元前52年)

ガリア軍が勝利しそうな状態でしたが、結局カエサルの率いる軍隊がガリア軍を破りました。
ガリアの救援軍が撤退し、ウェルキンゲトリクスはアレシアの要塞を引き渡しました。

関連のエクストラ

古代ローマの包囲攻撃兵器

古代ローマの支配者は要塞を攻撃した時、様々な包囲攻撃兵器を使っていました。

アレシア(フランス、紀元前1世紀)

ガリアの都市であったアレシアはウェルキンゲトリクスに保護されましたが、紀元前52年にユリウス・カエサルに支配されました。

古代ローマの戦士 (紀元前1世紀)

古代ローマ軍の傭兵はよく訓練されて、当時の最新武器で戦っていました。

古代ローマの属州と都市

このアニメーションは古代ローマの数百年渡る歴史を紹介します。

古代ローマの軍事キャンプ

古代ローマ帝国が新しい地域を支配していた時、支配された場所に軍事キャンプを設立されました。

古代ローマの歩兵作戦

古代ローマ軍団の兵士は軍事作戦の専門家でした。

カデシュの戦い (紀元前1285年)

古代オリエントの最大な戦い(古代エジプトとヒッタイトの戦い)の勝ち負けははっきりしていません。

古代ローマの剣闘士 (2世紀)

剣闘士は古代ローマの聴衆を楽しませるために、競技場にお互いか動物と戦っていました。

カタラウヌムの戦い (451年)

アエティウスの率いる西ローマ帝国軍はアッティラの率いるフン族の侵攻を止めました。

ザマの戦い

第二次ポエニ戦争の時、スキピオ率いるローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍を破りました。

歴史的な地形図 (戦い、世界史)

歴史上の有名な戦いの場所を白地図で探しましょう。

Added to your cart.