戦艦 (ドレッドノート、1906年)

戦艦 (ドレッドノート、1906年)

イギリス海軍のドレッドノートは20世紀の革命的な戦艦でした。

技術

キーワード

戦艦, ドレッドノート, 水上交通, 運送, ネイビー, 砲塔, ボレー火災, 戦争, 火砲, 魚雷管, デッキ, 船尾, 救命艇, アンカー, フォアマスト, ミズェンマスト, ラダー, プロペラ, 海洋国家, フリート, 技術

関連のエクストラ

シーン

ドレッドノート戦艦

ドレッドノート

恐怖なし」を意味するドレッドノートはイギリス海軍の戦艦でした。イギリスのポーツマス海軍基地に一年以内に完成させた戦艦が海上戦を革命的に変化させ、弩級戦艦という戦艦のデザインのモデルともなりました。

ドレッドノートは1906年に進水と就役させましたが、第一次世界大戦の間で重要な役割がありませんでした。1919年に退役され、1923年に解体されました。

ドレッドノート

上面図

構造

長細く楕円形の船体のため、速度が速かったです。戦艦は強力な火砲と厚い装甲が装備されています。長さが160mであり、幅が25mであり、喫水は8mでした。バブコック・アンド・ウィルコックス式石炭・重油混焼水管缶18基に駆動された蒸気タービンに提供される力で動きました。

昔風のピストンで動かされた蒸気機関はタービンに取って代わられたため、船体がより低くなり、攻撃しにくくなりました。
無線伝送のためのマスト二本の巨大な煙突と最初の上部構造が船体から突起しました。砲塔すべての方向発砲できるように配置されました。緊急状態のため、乗員が700人に救命艇もデッキ上にありました。

備砲

軍備

イギリス海軍の戦艦は当時、最新式の軍事技術の業績で装備されたので、前の戦艦を様々な面で超えていました。この事実を示すのはその前の戦艦が前弩級戦艦と呼ばれていました。

船に関する最も重要な革新の一つは強力な火砲です。昔一般的だった4門の大砲は大きな(305mm)火砲10門小さな(76mm)火砲27門にとって代えられました。その上、戦艦は450mmの魚雷発射管が5門で装備されました。大砲は5本の個別の塔に備え付けられました。

船体は厚さが100-280mmの装甲したベルトで保護され、デッキの装甲の厚さが75mmでした。砲塔と塔は厚さが280mmの装甲に保護されています。
ドレッドノートはドイツ人を怖がらせるために設計されましたが、実際はより激しい軍拡競争の始まりになりました。

デッキ

戦艦のデッキ

ドレッドノートは最初の煙突の前にある上部構造に管理されました。中には船橋無線伝送のルームがありました。垂直と水平にも正確な射撃位置を得るために、大砲は回転できる台の上に置かれました。戦艦の最も主な特徴は軍備速度戦闘範囲でした。最大速度は39 km/h、所謂21ノットでした。速度が19 km/h、所謂10ノットで戦闘範囲は12,260kmでした。速度が34 km/h、所謂18ノットで、戦闘範囲が9090kmでした。

一斉射撃

構造

  • 船尾
  • 救命艇
  • 艦橋
  • いかり
  • 砲塔
  • 305ミリの大砲
  • 前檣
  • 後檣
  • 煙突
  • かじ
  • プロペラ
  • 無線アンテナ

アニメーション

魚雷防御網の作動

  • 魚雷防御網

ナレーション

恐怖なし」を意味するドレッドノートはイギリス海軍の戦艦でした。イギリスのポーツマス海軍基地に一年以内に完成させた戦艦が海上戦を革命的に変化させ、弩級戦艦という戦艦のデザインのモデルともなりました。

イギリス海軍の戦艦は当時、最新式の軍事技術の業績で装備されたので、前の戦艦を様々な面で超えていました。長細く楕円形の船体のため、速度が速かったです。戦艦は強力な火砲と厚い装甲が装備されています。

長さが160mであり、幅が25mであり、喫水は8mでした。
バブコック・アンド・ウィルコックス式石炭・重油混焼水管缶18基に駆動された蒸気タービンに提供される力で動きました。昔風のピストンで動かされた蒸気機関はタービンに取って代わられたため、船体がより低くなり、攻撃しにくくなりました。最大速度は39 km/h、所謂21ノットでした。速度が19 km/h、所謂10ノットで戦闘範囲は12,260kmでした。速度が34 km/h、所謂18ノットで、戦闘範囲が9090kmでした。

無線伝送のためのマスト二本の巨大な煙突と最初の上部構造が船体から突起しました。船に関する最も重要な革新の一つは強力な火砲です。砲塔すべての方向発砲できるように配置されました。緊急状態のため、乗員が700人に救命艇もデッキ上にありました。
ドレッドノートは最初の煙突の前にある上部構造に管理されました。中には船橋無線伝送のルームがありました。

ドレッドノートは1906年に進水と就役させましたが、第一次世界大戦の間で重要な役割がありませんでした。ドレッドノートはドイツ人を怖がらせるために設計されましたが、実際はより激しい軍拡競争の始まりになりました。1919年に退役され、1923年に解体されました。

関連のエクストラ

アヴローラ防護巡洋艦(1900年)

このロシアの防護巡洋艦は1917年10月の革命で有名になりました。

戦車 (第一次世界大戦)

1910年代の真中ごろ発達させた戦車は第一次世界大戦の陸上作戦に重要な役割を果たしていました。

原油タンカー

原油タンカーは19世紀に現れ、現在は最も大きな船の一つです。

兵器 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、新しい兵器が発達させ、軍事技術が大きく変化しました。

英国の兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、イギリスは三国協商という軍事同盟のメンバーでした。

SM U-35型潜水艦 (ドイツ、1912年)

潜水艦は第一次世界大戦の時、重要な役割を果たしていました。

クラーモント号 (1807年)

アメリカの技術者、ロバート・フルトンは最初の実用汽船を製作しました。

タイタニック号 (1912年)

RMSタイタニックは20世紀の初めごろの最も大きな乗客船でした。

ミズーリ (米国、1944年)

第二次世界大戦で就役されたミズーリ戦艦は湾岸戦争にも使われていました。

湖水汽船 (1846年)

ハンガリーの初めての湖水汽船が1846年から使用されていました。

USS タラワ LHA-1 (1976年)

1940年代から、次第に大きくなった航空母艦は海洋の支配者となりました。

フランスの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、フランスは軍事同盟であった三国協商のメンバーでした。

コンテナ船

コンテナ船は地球全体にネットワークを形成しました。

ドイツの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

オハイオ (米国、1979年)

20世紀の真中ぐらいに、アメリカ海軍が初めてとして原子力機関を潜水艦に搭載しました。

五段櫂船 (紀元前3世紀)

ヘレニズム時代の特有な軍艦には複数の列のオールが搭載されています。

イギリスの戦艦(18世紀)

17世紀と19世紀の間、イギリスの戦艦は一番いい戦艦の一つでした。

ホバークラフト、mark III SR N4

ホバークラフトは水面上に高速で進むことができます。

RMS クイーン・メリー2 (2003年)

建造の時、一番大きな遠洋航行船でした。

Added to your cart.