イギリスの戦艦(18世紀)

イギリスの戦艦(18世紀)

17世紀と19世紀の間、イギリスの戦艦は一番いい戦艦の一つでした。

歴史

キーワード

戦艦, イギリス軍艦, ガリオン, HMS勝利, 提督ネルソン, 船舶, ヨット, ネイビー, トラファルガーの戦い, イングランド, 戦争, 海, 歴史, 近代史

関連のエクストラ

シーン

戦艦

上面図

船尾

断面図

  • 主甲板
  • 砲塔甲板
  • メインマスト
  • 最下甲板
  • 火薬倉庫
  • 砲門
  • 鉄の大砲
  • 船体
  • 湾曲部

構造

  • 船尾のマスト
  • メインマスト
  • フォアマスト
  • バウスプリット
  • へさき
  • 船体
  • かじ
  • 船尾
  • 灯室
  • 檣頭
  • 縄ばしご
  • 帆桁
  • 彫刻装飾
  • いかり
  • ボート
  • 砲門

アニメーション

ナレーション

古代や中世時代でも海戦が少なくありませんでした。近代では、植民地を手に入れるための競争で、戦艦が最も重要になりました。最初、ポルトガルスペインは最も素晴らしい船を製造し、ヨーロッパ以外の土地を支配しました。その後、イギリスは中世ヨーロッパの最も強い艦隊をつくり、「海の女王」と呼ばれ、植民地化にも指導者になりました。

18世紀の英国海軍の戦列艦は17世紀のガリオン船から構成されました。戦列艦は戦列をつくる役割がありました。この種類の船は横の方に砲撃できたので、戦列で並びながら敵の船を効率的に攻撃できました。戦列艦は大きくて、完全な帆装と強力な大砲で搭載されました。

砲塔甲板と主甲板に大砲が100門以上搭載されました。船体は多数の甲板からでき、最も上の階は主甲板でした。その下に砲塔甲板と他の甲板がありました。一番下にある湾曲部に火薬と底荷が貯蔵されました。このタイプの船の船員は数百人があったのも珍しくなかった。

1765年に進水されたヴィクトリーは英国海軍の戦列艦の中で最も有名でした。1805年のトラファルガー海戦で、ネルソンの旗艦でした。

関連のエクストラ

帆船

初めて17世紀にオランダに建築されたスクーナー船は主に商船として使われていました。

艦砲 (17世紀)

艦砲は海戦上で使われたものです。

近代の帝国

歴史上の多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

ジャンク

特徴的なラグスルで搭載された帆船は軍事的な目的と貿易にも利用されていました。

ポリネシアの双胴船

ポリネシア人は特別に設計されたボートで長い距離を旅しました。

古代ギリシャの商船

発達された帆船のおかげで、古代ギリシャ人は「海の運搬人夫」になりました。

ナポレオン戦争

自身を王と位置付けたナポレオン1世は歴史上もっとも才能がある軍司令官の一人でした。

郵便馬車サービス (イギリス、18世紀)

動力機関を備えた車両の出現の前に、乗客、手紙やパッケージは郵便馬車を使って目的地まで送られました。

トラファルガーの海戦 (1805年)

ナポレオン戦争における海戦で、ホレーショ・ネルソン提督が率いたイギリス艦隊はフランス・スペイン連合艦隊に勝利しました。

戦艦 (ドレッドノート、1906年)

イギリス海軍のドレッドノートは20世紀の革命的な戦艦でした。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

ロンドン塔 (16世紀)

ロンドン塔の魅力的な歴史はおよそ1000年間に渡ってかかっています。

伝統的なアラビアの帆船 (サンブク)

最大のアラビアの帆船であり、ペルシア湾で貿易船として主に使われていました。

ダーウィンの伝説的な旅

ダーウィンのビーグル号(HMS Beagle)での伝説の旅が進化論の発達において重要な役割がありました。

ビレーム (古代の軍艦)

ビレームは古代軍艦の一種であり、複数の軍隊に使われていました。鋭い艦首と二段の漕ぎ手座が特徴的でした。

バイキング・ロングシップ (10世紀)

上手な造船業者と水夫であったバイキング人は海や川に長い距離を旅しました。

ミズーリ (米国、1944年)

第二次世界大戦で就役されたミズーリ戦艦は湾岸戦争にも使われていました。

五段櫂船 (紀元前3世紀)

ヘレニズム時代の特有な軍艦には複数の列のオールが搭載されています。

ジェームズタウン (17世紀)

1607年に北米の東海岸に建設されたジェームズタウンはイギリスの最初の永続的植民地でした。

タイタニック号 (1912年)

RMSタイタニックは20世紀の初めごろの最も大きな乗客船でした。

Added to your cart.