羽の種類

羽の種類

アニメーションは羽の種類と詳しい構造を紹介します。

生物

キーワード

羽毛, 羽毛タイプ, 羽, 鳥の羽のタイプ, 鳥, 綿羽, ハト, ラキス, 雨覆, 風切羽, 直腸, コンターフェザー, ショウブ, 絶縁, くちばし, 作物, 動物, 脊索動物門, 生物

関連のエクストラ

シーン

羽の種類

  • 雨覆 - 翼の最も外部にある羽であり、体の曲線と合理化を規定します。保温において重要な役割を果たし、組織構造が柔らかい綿羽を覆っています。
  • 風切羽 - 飛行において重要な役割があります。先が切られると、鳥が飛べなくなります。
  • 尾羽 - これらの羽が飛行の操縦において重要です。
  • うろこ - 鳥の脚がこれで覆われています。

綿羽

  • 羽柄 - 羽を皮膚に固定させるものです。毛包に差し込まれています。
  • 羽軸 - 羽柄の続きです。

雨覆

  • 羽柄 - 羽を皮膚に埋め込まれている毛包に固定させます。
  • 羽軸 - 羽柄の続きです。
  • 羽弁 - 小さなフックにより堅さが与えられています。

風切羽

  • 羽柄 - 羽を皮膚に固定させるものです。毛包に入っています。
  • 羽軸 - 羽柄の続きです。
  • 羽弁 - 小さなフックにより堅さが与えられています。

羽の詳細構造

  • 小鉤 - 羽の小羽枝にある小さなフックにより堅さが与えられています。大羽にもフックがあります。綿羽には見られないので、構造がゆるいです。
  • 羽軸 - 皮膚に埋め込まれてある羽柄の続きです。
  • 羽枝
  • 小羽枝

鳩の構造

  • 手羽 - 緒類の前肢が飛行に使われています。これを使って鳥が30km/hの速度で飛行できますが、伝書バトがこの二倍の速度でも飛べます。
  • くちばし - 鳩が穀物を食べます。 嘴の上の方には鉄粒子が含まれているので、鳩がおそらくそれをコンパスのように使って操縦します。この現象は伝書バトの場合は非常に重要です。
  • 嗉嚢 (そのう) - 鳥の消化管の広くなった部分です。食べ物がここで保管され、部分的に消化されます。鳩は素嚢の分泌液と保管されている食べ物から素嚢乳を形成し、小鳥に与えます。
  • 胸部 - 発達した胸部筋肉は胸骨にくっついています。飛行において重要です。
  • - 四本の指の中で三本が前向きです。
  • 尻尾 - 尾羽で構成されています。飛ぶとき、運動の方向をかじのように操縦します。

関連のエクストラ

ニシコクマルガラス

ニシコクマルガラスは一般的に大きな群れで行動し、都市によく見える鳥です。コンラート・ローレンツはこの鳥の複雑な社交的行動を分析...

家畜

店では牛、豚、鶏の様々な部分を買えます。

セーカーハヤブサ

ヨーロッパとアジア大陸で分布しているセーカーハヤブサは大きな猛禽です。

ドードー

ドードーはモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類です。

キョクアジサシ

キョクアジサシは長い距離を移動することで知られる: 1年のうちに北極圏と南極圏の間を飛んで来ます。

コウテイペンギン

南極に生息しているペンギンは水泳と寒い温度に適合しています。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

マガモ

このアニメーションはマガモを例にとって、鳥の解剖を紹介します。

クロウタドリ

このアニメーションはクロウタドリを例にとって、鳥の骨格と卵を紹介します。

チュウヒ

チュウヒは地球上に分布している猛禽です。

カワセミ

カワセミの特徴的な色は捕食する時に、役に立ちます。

皮膚の構造、皮膚感覚

我々の体が覆われている皮膚が三つの層に分けられます:表皮、真皮、皮下があります。

Added to your cart.