魚の呼吸

魚の呼吸

魚が呼吸するとき、血管で満たされたえらは水から酸素が受け取り、二酸化炭素が放出されます。

生物

キーワード

魚, 呼吸, えら, ガス交換, 呼気, 吸入, 酸素, 二酸化炭素, 術中, 毛細血管, 動物, 脊索動物門, 生物

関連のエクストラ

シーン

呼吸運動

  • 吸入 - えら蓋が上に上がるとき、鰓室内の圧力が下がり、水は口を通じてそこに流れ込みます。膜が閉じているため、水がえら蓋の裏から逆流ができません。
  • 呼気 - えら蓋が閉まっているとき、鰓室内の圧力が上昇します。膜が開き、口が閉じています。水が鰓室からえら蓋を通じて流れ出ます。

吸入 :
- 口を開き、
- えら蓋は上に上がり、
- 鰓条骨の膜は閉じてある

このため、鰓室内の圧力下がり、口に水が流れ込みます。

呼気:
- 口を閉め、
- えら蓋が下がり
- 鰓条骨の膜が開いている

このため、鰓室内の圧力上がり、水がえら蓋の裏から流れ出ます。

えら蓋の動きによって、水の流入と流出に必要な圧力の変化を保証します。の同期化された動きによって、水が逆流せずに一方に流れます。

えら

  • えら - えらは魚の呼吸器官です。鰓弓に薄板が見られ、その上にはさらに小さな薄板が配列しています。このような構造が魚のガス交換を行う表面を増やし、その効率を上昇します。

えらの構造

  • 鰓弓 - えらに血液を送る血管が入っています。体の他の部分からえらに二酸化炭素を豊富に含む血液を流すのは静脈(青)です。えらから体の他の場所に酸素を豊富に含む血液を泣かすのは動脈(赤)です。
  • 鰓弁
  • 鰓糸 - 毛細血管が入っています。毛細血管に流れる血液は二酸化炭素を放出しながら、水から酸素を取ります。
  • 酸素を多く含む水 - 口を通じて鰓室に流れ込みます。
  • 二酸化炭素を多く含む水 - えら蓋の裏を通じて鰓室から出ます。

ガス交換

えらの中の血液と反対方向に流れます。このため、酸素を多少含む血液酸素をより多く含む水に合流し、より多くの酸素をとります。

酸素を少なく含む血液酸素を多く含むと出会う場所です。

血液と水の流れる方向が同じであれば、血管の始まりに血液と水の酸素濃度が同等になり、血液がより少ない酸素しか取り入れらないことになります。なぜならば、酸素を少なく含む血液は酸素を少なく含む水から酸素を受け取れません。

対向流交換の原理尿リンパ生産など多くの生体機能で見られます。腎機能代替療法にもこの原理が使用されます。

呼吸

  • えら蓋 - 上がるとき、鰓室内の圧力が下がり、水は口を通じてそこに流れ込みます。 閉まっているとき、鰓室内の圧力が上昇するため、水がえら蓋を通じて排出されます。
  • 鰓条骨の膜 - 弁のように作動します。水がえら蓋の方から鰓室に流れ込まないようにする役割があります。水が口を通じてしか流れ込めません。
  • - 吸入の時、えら蓋が上に上がり、口が開いています:水が口を通じてえらの方に流れます。呼気の時、口が島っているので、水がえら蓋の方から出ます。

アニメーション

  • 鰓弓 - えらに血液を送る血管が入っています。体の他の部分からえらに二酸化炭素を豊富に含む血液を流すのは静脈(青)です。えらから体の他の場所に酸素を豊富に含む血液を泣かすのは動脈(赤)です。
  • 鰓弁
  • 鰓糸 - 毛細血管が入っています。毛細血管に流れる血液は二酸化炭素を放出しながら、水から酸素を取ります。
  • 酸素を多く含む水 - 口を通じて鰓室に流れ込みます。
  • 二酸化炭素を多く含む水 - えら蓋の裏を通じて鰓室から出ます。
  • えら - えらは魚の呼吸器官です。鰓弓に薄板が見られ、その上にはさらに小さな薄板が配列しています。このような構造が魚のガス交換を行う表面を増やし、その効率を上昇します。
  • 吸入 - えら蓋が上に上がるとき、鰓室内の圧力が下がり、水は口を通じてそこに流れ込みます。膜が閉じているため、水がえら蓋の裏から逆流ができません。
  • 呼気 - えら蓋が閉まっているとき、鰓室内の圧力が上昇します。膜が開き、口が閉じています。水が鰓室からえら蓋を通じて流れ出ます。

ナレーション

吸入の際、魚は口を開けえら蓋上がります。このため、鰓室内圧力が下がりますので、流れ込みます。水は口を通じてしか鰓室内に流れ込みません。その理由とは、えらののように作動し、えら蓋から水の流れ込みを防ぎます。

呼気の間、口を閉じえら蓋下げます。この時、鰓室内の圧力が上がり、水は開いている鰓条骨の膜を通じて流れ出ます。

所謂、吸入の際、魚はを開き、えら蓋を上げ、えらの膜が閉じています。呼気の時、が閉じてあり、鰓条骨の膜が開いていて、えら蓋が下がります。

えらは魚の呼吸器官です。鰓弓薄板が見られ、その上にはさらに小さな薄板が配列しています。このような構造が魚のガス交換を行う表面を増やし、その効率を上昇します。

えらの薄板に毛細血管が含まれています。えらに流れ込む水の二酸化炭素濃度血液より低く、酸素濃度がより高いです。このため、ガス交換が行います;血液が二酸化炭素を放出し、酸素を受け取れます。

対向流交換の原理はガス交換において重要な役割があります。血液の流れは反対であるので、酸素を少なめに含む血液は酸素をより豊富に含む水に出会い、血液は酸素を受け取ります。二酸化炭素の一部は既に排出した血液は二酸化炭素をより少なく含む水と出会い、水に二酸化炭素を放出します。

魚類は皮膚も追加の呼吸器官として使っています。

関連のエクストラ

呼吸器系

呼吸器系は酸素の取り入れと二酸化炭素の排出をする役割をします。

コイ

淡水で生息している魚類です。世界の様々な国で食料品として利用されています。

脊椎動物の生活環

脊椎動物の生活環は、個体の生殖細胞の形成で始まり、次世代の生殖細胞の形成で終わります。

淡水魚

淡水に生息している淡水魚は食べ物としても人気です。

サメ

軟骨魚綱に属する魚類で、一番有名なのはホホジロザメとシュモクザメです。

先史時代の甲冑魚

絶滅した魚類の一種です。甲冑魚の頭は硬い甲で保護されていました。

喫煙による肺への悪影響

喫煙は呼吸器系にCOPDや肺がんなど様々な障害を与えます。

Added to your cart.