油井の操作

油井の操作

原油を地面に吸い上げる装置です。

地理

キーワード

油井, 石油, 油田, 石油リグ, 馬頭, ポンプジャック, 原油の形成, 油層, エネルギー源, 炭化水素, 化石, エネルギー, 原材料, 運送, 鉱物資源, 地理

関連のエクストラ

シーン

油井

  • 石油プラットフォーム - 石油プラットフォームはドリルで穴をあけて、数千メートルの深さにある地層の特徴とその内容が調べられる。
  • 石油ポンプ (ポンプジャック) - 石油は油ポンプにより掘削されます。
  • 発電機 - 掘削予定地に電気を与える。
  • ディーゼル油タンク - 発電機の操作に必要な燃料がこのタンクに貯蔵されます。
  • ドリルストリング - ドリルパイプから構成されている。
  • 斜面 - ドリルパイプは石油プラットフォーム内に上げる装置。
  • 泥水タンク - 泥溜めとも呼ばれている。 掘削の時に使用された泥水が貯蔵されています。掘削流体はマッドホースを通って油井に注入されます。泥の圧力で掘削穴の破壊を避けられます。この以上、泥が地面にドリルでカットされた岩を地面への運送をてつだっている。
  • 泥水ポンプ - 掘削リグに、掘削流液(泥水)を循環させる。
  • 生産タンク - 油井から掘削された物質(石油、水とガスの混合物)を貯蔵するタンク。
  • 安全な炎 - ガスを安全に燃やすための装置です。

石油は一般的に砂岩層小粒の間に蓄積していて、そこから掘削されます。油井掘削が成功すると、石油と一緒にある天然ガス圧力が石油を地面に押し上げます。圧力が足りないと、ポンプジャックで吸い上げられます。油井が切れていると、キャップで封印されます。

石油プラットフォーム

  • ドリルフロアー - ドリルストリングが深く突き刺さる間、ここにドリルパイプが組み立てられる。
  • プーリシステム - 竪の方に動くプーリシステムで搭載されている高負荷容量クレーン。ドリルパイプを上にあげるために必要です。
  • マッドホース - ドリルストリングの中にある。掘削流液はマッドホースを通じて油井にポンプされます。掘削流液はドリルを冷却し、ドリルカッチングを地面に押し上げます。泥の圧力は掘削穴の破壊を避けるように利用されます。トリートメントされた後、泥がシステムに戻される。
  • 噴出防止装置 - 噴出を避けるために、この装置は石油井口に搭載されています。これで、必要な時、油井を閉めることもできます。
  • スタッフィングボックス - 掘削リグがこのキャビンで管理されます。
  • ドリルビット - ドリルストリングの終わりにある装置です。鋼や人工ダイヤモンドからできています。

石油ポンプ

  • エンジン - ポンプを動かす装置。
  • 移動ビーム とホースヘッド - ピストンを動かし、上下に動く棒。
  • 井戸水頭 - 掘削させた物質が地面に排出させる。
  • 輸送パイプ - 掘削された物質はパイプを通じて地面に運ばれる。
  • ピストン - ホースヘッドに動かせて、掘削された物質を地面にポンプする装置です。

原油の形成

  • 不浸透層 - 石油と天然ガスは不浸透層の下に蓄積します。
  • 浸透性貯水池の岩 - 石油と天然ガスを含んでいます。
  • 石油
  • 天然ガス - 密度が低いので、石油の上に位置します。
  • 海洋生物 - 多量の海洋生物、特に海藻が不利な環境のせいで死、海底に沈んで、積み重なって石油と天然ガスが構成されます。数百万年が経ち、堆積層が数千メートルの深さまで沈んでいました。酸素に絶縁され、高温と高圧で石油と天然ガスが形成されます。

原油と天然ガスは炭素と水素から構成される炭化水素のグループに属しています。多量の海洋生物、特に海藻が不利な環境のせいで死、海底に沈んで、積み重なって炭化水素が構成されます。数百万年が経ち、堆積層が数千メートルの深さまで沈んでいました。酸素に絶縁され、高温高圧で石油と天然ガスが形成されます。

高圧と低い密度のせいで、原油と天然ガスは不浸透層まで上昇します。この場合は、多孔性岩または破砕岩石である貯留岩に集まった。石油と天然ガスが溜まる場所がトラップと呼ばれている。石油と天然ガスの密度が水より低いです。このために、トラップの下に水があり、真中の層として石油が溜まって、一番上には天然ガスがあります。

アニメーション

  • 石油プラットフォーム - 石油プラットフォームはドリルで穴をあけて、数千メートルの深さにある地層の特徴とその内容が調べられる。
  • 石油ポンプ (ポンプジャック) - 石油は油ポンプにより掘削されます。
  • 発電機 - 掘削予定地に電気を与える。
  • ディーゼル油タンク - 発電機の操作に必要な燃料がこのタンクに貯蔵されます。
  • ドリルストリング - ドリルパイプから構成されている。
  • 斜面 - ドリルパイプは石油プラットフォーム内に上げる装置。
  • 泥水タンク - 泥溜めとも呼ばれている。 掘削の時に使用された泥水が貯蔵されています。掘削流体はマッドホースを通って油井に注入されます。泥の圧力で掘削穴の破壊を避けられます。この以上、泥が地面にドリルでカットされた岩を地面への運送をてつだっている。
  • 泥水ポンプ - 掘削リグに、掘削流液(泥水)を循環させる。
  • 生産タンク - 油井から掘削された物質(石油、水とガスの混合物)を貯蔵するタンク。
  • 安全な炎 - ガスを安全に燃やすための装置です。
  • ドリルフロアー - ドリルストリングが深く突き刺さる間、ここにドリルパイプが組み立てられる。
  • プーリシステム - 竪の方に動くプーリシステムで搭載されている高負荷容量クレーン。ドリルパイプを上にあげるために必要です。
  • マッドホース - ドリルストリングの中にある。掘削流液はマッドホースを通じて油井にポンプされます。掘削流液はドリルを冷却し、ドリルカッチングを地面に押し上げます。泥の圧力は掘削穴の破壊を避けるように利用されます。トリートメントされた後、泥がシステムに戻される。
  • 噴出防止装置 - 噴出を避けるために、この装置は石油井口に搭載されています。これで、必要な時、油井を閉めることもできます。
  • スタッフィングボックス - 掘削リグがこのキャビンで管理されます。
  • ドリルビット - ドリルストリングの終わりにある装置です。鋼や人工ダイヤモンドからできています。
  • エンジン - ポンプを動かす装置。
  • 移動ビーム とホースヘッド - ピストンを動かし、上下に動く棒。
  • 井戸水頭 - 掘削させた物質が地面に排出させる。
  • 輸送パイプ - 掘削された物質はパイプを通じて地面に運ばれる。
  • ピストン - ホースヘッドに動かせて、掘削された物質を地面にポンプする装置です。
  • 不浸透層 - 石油と天然ガスは不浸透層の下に蓄積します。
  • 浸透性貯水池の岩 - 石油と天然ガスを含んでいます。
  • 石油
  • 天然ガス - 密度が低いので、石油の上に位置します。
  • 海洋生物 - 多量の海洋生物、特に海藻が不利な環境のせいで死、海底に沈んで、積み重なって石油と天然ガスが構成されます。数百万年が経ち、堆積層が数千メートルの深さまで沈んでいました。酸素に絶縁され、高温と高圧で石油と天然ガスが形成されます。

ナレーション

原油と天然ガスは炭素と水素から構成される炭化水素のグループに属しています。多量の海洋生物、特に海藻が不利な環境のせいで死、海底に沈んで、積み重なって炭化水素が構成されます。数百万年が経ち、堆積層が数千メートルの深さまで沈んでいました。酸素に絶縁され、高温高圧石油天然ガスが形成されます。

高圧と低い密度のせいで、原油と天然ガスは不浸透層まで上のほう押されました。この場合は、多孔性岩または破砕岩石である貯留岩に集まった。石油と天然ガスが溜まる場所がトラップと呼ばれている。石油と天然ガスの密度が水より低いです。このために、トラップの下に水があり、その上に石油、一番上には天然ガスが溜まっている。

油田を掘削するに、初めての一歩としては地面を地理的に調査し、地球物理学の測定で掘削予定地が決められます。その後、掘削リグを設立し、数千メートルの深さにある地層の特徴と内容が調査されます。

掘削リグはプーリシステムで搭載されている高負荷容量クレーンです。リグは掘削穴を深める時、ドリルストリングを組み立てられるために高く建設されます。掘削流液はマッドホースを通じて油井にポンプされます。掘削流液はドリルを冷却し、ドリルカッチングを押し上げます。泥の圧力は掘削穴の破壊を避けるように利用されます。トリートメントされた後、泥がシステムに戻される。噴出を避けるには、石油井口に噴出防止装置が搭載されています。この装置では必要な時、油井が閉じられます。

ドリルストリングはエンジンにより回転させる。ドリルストリングの終わりにあるドリルビットは岩層を割って、ストリングが深くまで至るようにします。油井の底まで掘削ドリルを通すと、掘削が完了されます。油田の大きさを規定するため探査掘削も行っている。油田から経済的に石油が出せる場合は、掘削穴に繋げて石油プラットフォームが建てられます。

掘削の最初の段階で、天然ガスの圧力で石油が押し上げられる。この方法で、石油の15‐20パーセントが掘削できます。圧力が下がると、ポンプジャックで石油が地面に吸い上げられます

ポンプジャックが石油プラットフォームのピストンポンプです。ピストンポンプはホースヘッドのストリングに動かせます。ピストンは石油を地面にポンプします。
石油プラットフォームは一般的に石油ガスを産出します。地面に運ばれた後この混合物が分解されます。

関連のエクストラ

石油精製

原油を精製してディーゼル油、ガソリン、潤滑油などが製造されます。

石油プラットフォーム

プラットフォームの中心的な長い管は石油を含む海底の地層まで入り込みます。

産業革命のときの鉱業

18世紀の終わりごろ、急速に発達した工業の原料の需要のため、鉱業が発展しました。

温室効果

人間活動のため温室効果が高められ、地球温暖化の原因となっています。

大気汚染

アニメーションは大気汚染の原因、農業的・工業的・都市大気汚染を紹介します。

海洋天然ガスの採掘 (ノルウェー)

トロールAプラットフォームは今まで建築された海洋天然ガスプラットフォームの中で最も大きいです:重さが65万6千トンで、高さが4...

ねじり天秤装置

ねじり天秤装置に搭載されたねじりワイアーのねじ曲がりで力の強度が測れます。

二酸化炭素の排出がない家

現代的な家をデザインと建築するとき、環境保護が重要な要因になっています。

電気供給ネットワーク

電気供給ネットワークは発電所から消費者まで電気を伝達します。

原油タンカー

原油タンカーは19世紀に現れ、現在は最も大きな船の一つです。

シェールガス

このアニメーションはシェールガスの採掘方法を紹介します。

火力発電所 (炭化水素燃料)

火力発電所は化石燃料や再生可能資源を燃焼して、電気を発生します。

ヴァンケルエンジン

最も効果的なロータリーエンジンの一種です。

坑内採炭

天然掘り鉱山と異なって、坑内採炭の場合は石炭を覆っている層を外さず、石炭は縦坑を通じて採掘されます。

露天掘り鉱山

地下鉱山と異なって、露天掘り鉱山の場合は、石炭が覆われたレイヤーを除去して、石炭が表面から掘り出せます。

ディーゼルエンジン

ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルは1893年に、ディーゼルエンジンの特許を出願しました。

環境に優しい自動車

内燃機関と電気推進装置を組み合わせると、有害物質の排出が少なくなります。

2ストロークエンジン

2ストロークエンジンは内燃エンジンの一種であり、2行程で1サイクルとします。

4ストロークのオットーエンジン

アニメーションは自動車に使われている機関の最も一般的な種類を紹介します。

吸い上げポンプと揚水パイプ

揚水パイプと吸い上げポンプは構造的に最も単純なポンプです。

Added to your cart.