ゴシック様式の大聖堂 (クレルモン・フェラン、15世紀)

ゴシック様式の大聖堂 (クレルモン・フェラン、15世紀)

聖母被昇天にちなんで名づけられた大聖堂はフランスのゴシック様式の有名な建物の一つです。

視覚芸術

キーワード

ゴシック, クレルモン=フェラン, 大聖堂, ゴシック様式, デシャン, レジデンス, 建築, 建物, 教会, バラ窓, 支柱, 本物, 聖域, アーチ, 通路, 塔, 尖ったアーチウィンドウ, アーチ形天井, 司教, フランス, カトリック, フランス語, 宗教的な建物, 宗教, 記念碑, 中世

関連のエクストラ

シーン

大聖堂

構造

  • バラ窓
  • 身廊
  • 側廊
  • 尖頭アーチ窓
  • 飛び梁
  • 支柱

出入口

身廊

  • バラ窓
  • 側廊
  • 身廊
  • 聖所
  • 束ね柱
  • 説教壇
  • アーチ形天井

聖壇

  • バラ窓
  • 側廊
  • 身廊
  • 聖所
  • 束ね柱
  • 説教壇
  • アーチ形天井

アーチ

  • 筒型ヴォールト
  • ヴォ-ルト・リブ
  • 束ね柱

アニメーション

ナレーション

聖母被昇天大聖堂はフランスのオーヴェルニュ地方に、リマーニュ谷にある都市、クレルモンフェランに位置しています。1095年に、ウルバヌス2世に率いて開催されたカトリック教の教会会議が行った場所です。4世紀に教区になり、2002年以降クレルモンの大司教がいる場所です。
クレルモンフェランにある最初の大聖堂は5世紀建築され、その後は複数回破壊再建されました。

1248年に、パリのサント・シャペルへの訪問から着想を得た司教は新しい大聖堂の建設を命令しました。建築作業はナルボンヌとリモージュの大聖堂の建設にも協力していたジャン・デシャンに監督されました。ボーヴェとアミアンの巨大な大聖堂にインスパイアされ、クレルモンフェランの大聖堂を北ゴシック様式に設計しました。

しかし、その後の数百年の出来事のため、大聖堂がなかなか完成されませんでした。建造物の大部分は1400年代で完成されたが、現存している構造は19世紀に達成されました。
建築素材として使われた暗い火山岩のため、建物は特徴的な外観を得ています。
大聖堂の構造要素はゴシック建築の基本ルールを基づいて作られました。身廊の両側に側廊があり、それに直角に袖廊が交わります。先端には聖壇があります。

建物の長さが99mであり、西向きの塔の高さが96mです。これらの飛び梁とともに外観を支配します。壁の特徴的な部分とは、ゴシック建築の革新である円花窓尖頭アーチの窓です。

内部には壁と身廊と側廊を分離する束ね柱に支えられているアーチ型の天井が見られます。天井の高さが30メートルです。光は直径が8.5m円花窓を通って建物の内部を照らしています。

クレルモンフェランの大聖堂は中世後期で西ヨーロッパに建てられた巨大なゴシック様式の大聖堂の素晴らしい一例です。現在も都市の外観とその周辺を支配しています。

関連のエクストラ

ザンクト・ガレン修道院 (11世紀)

この建物はかつて何世紀にもベネディクト会の中心的修道院の一つでした。

ドーム広場 (セゲド、ハンガリー)

ドームと呼ばれているヴォティーフ教会はハンガリーの平野に位置するセゲドの中心に建築されました。同じ広場を囲むアーチ型建造物の下...

ポーリーン修道院

1225年に、ハンガリーの隠修士のためにポーリーン修道院が建築されました。

ロマネスク式のベネディクト修道院 (ヤーク、ハンガリー)

ハンガリーに位置しているロマネスク式のベネディクト修道院は13世紀に建築されました。

中欧の中世都市

狭い道路と色付きの家が中世都市に特有な雰囲気を与えました。

ベル

ベルは打楽器と体鳴楽器であり、様々なタイプが存在します。

レオナルド・ダ・ヴィンチの工房(フィレンツェ、16世紀)

ルネッサンスの博学者の工房、彼の有名な発明、芸術作品を見学してみましょう。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ソフィア、 20世紀)

このネオ・ビザンチン様式で建てられた正教会の大聖堂は、ブルガリアの首都のシンボルの一つです。

バイキングの樽板教会 (ボルグンド、13世紀)

この木造教会はノルウェー樽板教会の中で保存状態が最も良いです。

グーテンベルグの印刷業 (マインツ、15世紀)

ライフ誌によると、グーテンベルグが開発した活版印刷技術は2000年の歴史の中で最も画期的な出来事でした。

カネオの聖ヨハネ教会(オフリド市、13世紀)

絵のように美しい場所で建てられた東方正教会は使徒ヨハネにちなんで名付けられました。

中世キリスト教会の階層制度 (11世紀)

アニメーションは中世キリスト教会の階層制度や構造を紹介します。

中世の衣服 (西ヨーロッパ、13世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

中世の衣服(西ヨーロッパ、14世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

中世の衣服(西ヨーロッパ、15世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

エッフェル塔 (パリ、1889年)

1889年の世界博覧会に造られた鉄格子の塔はフランスの首都のシンボルになりました。

パンテオン (パリ、18世紀)

パリのパンテオンはフランスの最も有名な新古典主義の建築物です。1790年に完成させ、フランスの有名人の墓になっています。

凱旋門 (パリ、1836年)

凱旋門の建築はナポレオン治世の後、1836年に完成されました。

ルイ14世 (太陽王)

フランス王であったルイ14世は豊富で、贅沢な生活を元にして太陽王とも呼ばれていました。最も長く統治していたヨーロッパの国王でした。

ピサの斜塔 (14世紀)

中世で建築されたピサの司教座教会の鐘楼は世界一有名な斜塔です。

アヤソフィア (イスタンブル)

「聖なる叡智」と呼ばれている大聖堂はビザンチン帝国に建て、1935年までビザンティン帝国の一番大きな宗教的な建物の一つが博物館...

ケラ・トリコラ (ペーチ、ハンガリー)

ペーチにある初期キリスト教墓地の考古学的な重要さが認められています。

世界宗教の現在状態

世界宗教の地理的分布は歴史的な出来事に影響を与えられました。

ノートルダム・デュ・オー礼拝堂 (ロンシャン、フランス、1950年)

この礼拝堂はフランスの20世紀の一番有名な建築家の一人であったル・コルビュジエにデザインされました。

ケラ・セプティコラ (ペーチ、ハンガリー、4世紀)

ペーチにある初期キリスト教墓地の考古学的な重要さが認められています。

ジャーメ・モスク (エスファハーン、15世紀)

建築的なデザインと装飾よりイスラム芸術の名作として位置付けられています。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

Added to your cart.