新石器時代の集落

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

歴史

キーワード

新石器時代, 決済, 村, 住んでいる場所, 住居, コミュニティ, 掘削, 聖域, 農業, 壁画, 日干しれんが, 先史時代, ライフスタイル, 畜産, 考古学, 防衛, 安全

関連のエクストラ

シーン

新石器時代の 集落

新石器時代は中石器時代の続きであり、石器時代の最後の時期とされています。様々な石器時代の区切りは時間的ではなく、文化的に決められています。それ故、新石器時代は歴史的な時代のみではなく、特定の社会的、経済的、文化的な特徴を持っていました。
主な特質農業、牧畜、工芸と比較的に大きな集落の出現でした。
新石器時代の文化は紀元前1万年前ごろの近東で出現し、新しい考えと発明品が移民により広がりました。
南東アナトリア(トルコ)、シリアとイラク領域に典型的な新石器時代の社会が形成されました。新石器時代は金属の道具の広まりで終わりました(銅器時代、青銅器時代、鉄器時代)。

耕作と家畜の発展と共に、居住するコミュニティがより長続きして、便利な住宅を作りました。
最初の家は編み枝と泥で作り、その後泥レンガからできて、より大きくて安全になりました。
農業活動が人々をより大きなコミュニティを形成させることを可能にさせました。前の集落より大きくて安全なができました。
新石器時代の集落のいくつかが(大きさと組織化で)町と見なされています。例として、紀元前7千年-6千年の間に繁盛していた(人口がおよそ5千人、領域が12ヘクタールであり、現在のトルコに位置していた)チャタルヒュユクと(人口がおよそ2千人、石の城壁を持ち、現在のヨルダン川西岸に位置していた)エリコが主な例です。

チャタルヒュユクの平面図

日常生活

新石器時代の生活

考古学的な掘削と集落の一般的な構造を見ると、新石器時代の集落に激しい社会的階層が推定されていません。家庭はおそらく経済的な独立性を持っていました。農業は一緒に住んでいた(三世代を含む)大きな家族で行われました。

村長は家族の年上で、賢明な男性から選ばれました。治療の力があるシャーマンが特に尊敬されました。
新しい生活には新しい道具が必要でした。新石器時代は磨製石器時代とも呼ばれています。この時代の道具は前のより長持ちし、強かったです。家庭では骨、繊維と小枝から作られた物が使用されました。
初めて現れた工芸は陶器製造機織りでした。収穫物は粘土や彫られた石からできたポットに蓄えられていました。貿易の原始的な形である物物交換も出現しました。

集落の 構造

  • 集落
  • 農業
  • 互いに近くに 建てられた家

新石器時代の住宅

住居は壁を共有して、きつく密集して建てられました。建物の中で数階のもありました。 部屋は木製の落とし戸で覆われた屋根の入口に入ることができました。屋根の上や、ある階から次の階へ行くために、はしごが使われていました。壁の上部には小さくて、開いている窓がありました。一つの家族に使われた小さな部屋は床上げであり、暖炉が中心に入れられました。

チャタルヒュユクの掘削

部屋の複製

アニメーション

中庭

  • 平屋根
  • 囲い
  • 窓の開口部
  • 入口

家の 断面図

祭壇

  • 暖炉
  • 動物の皮
  • ポット
  • 雄牛の頭
  • 壁画
  • 粘土の層
  • 日干しれんが

ナレーション

新石器時代は歴史的な時代を表すだけではなく、特有な社会、経済、文化様式もまた表しています。最も重要な特徴は農業、畜産、工芸だけでなく、大きい集落が現れたことです。新石器時代の文化は紀元前1万年近東とアナトリアに出現しました。新石器時代の共同体はアナトリアの南東部、シリア、イラクで発達しました。そこに定住していた人々はより耐久性があり、より快適な住居を構築しました。もより安全になりました。

住居はを共有し、きつく密集して建てられました。底面積はだいたい20-30平方メートルでした。
集落は多数の家から成っていて、大きな町は数百軒の家から成っていました。初めは編み枝と泥で、後に乾燥した泥レンガから建築された多くの建物はいくつかの階層から成っていました。家は横に入口がなく、壁の上に少数の窓がありました。部屋には木製の落とし戸で覆われた屋根の穴を通じて入ることができました。屋根の上や、ある階から次の階へ行くために、はしごが使われました。
新石器時代には考古学的発見と集落の共通構造からは強い社会的階級はなかったと思われています。

農業は大家族内で行われていました。新たな生活様式に新しい道具が必要になりました: 新石器時代は磨製石器時代とも呼ばれています。初めて現れたの手工業は陶器製造機織りでした。収穫物は粘土や彫られた石からできたポットに蓄えられていました。家庭では骨、繊維、小枝から作られた物も使われていました。

新石器時代の集落の出現は都市開発における出発点であり、現在でも訪問客はこれらの考古学的遺跡を賞賛しています。

関連のエクストラ

ノアの方舟

聖書によって、ノアが神の命令によって方舟を作り、大洪水に助けるために家族と動物を載せていました。

ヒトの進化

人間の脳と頭蓋骨は進化中、大きく変化しました。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

一本の道路の村

谷に建築された集落に属している畑は家の裏にあり、細長かったです。

ヨーロッパの巨石文化

数千年前、巨大な岩石から作られた建造物が巨石文化の遺跡です。

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

地球上のホモ・サピエンスの分布

「賢い人間」はアフリカに起源し、ほとんどすべての大陸に分布しました。

ウル (紀元前3千年紀)

ユーフラテス川の近くに位置したウル市はシュメール人の重要な中心でした。

古代エジプトの住宅

古代エジプトで、一般的な住宅にはきちんと分けられた部屋が複数ありました。

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

メソポタミアの発明品 (紀元前3千年紀)

古代メソポタミアに開発された単純な装置は現在も使われています。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

バビロン (紀元前6世紀)

古代都市であるバビロンはメソポタミアでユーフラテス川の沿岸に建設されました。

Added to your cart.