小腸の構造

小腸の構造

消化管の最も長い部分であり、消化と吸収が主にここで行っています。

生物

キーワード

小腸, 摂食, 腸, 消化器系, 消化, 消化管, 吸収, 十二指腸, 空腸, 回腸, 絨毛, 微絨毛, 消化液, 消化酵素, 腸のジュース, 酵素, 膵臓, 胆汁, 腸細胞, 食品, 栄養素, 炭水化物, 脂肪, タンパク質, 脂質, アミノ酸, 蠕動, 肝臓, 平滑筋, 粘膜, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

消化器系

  • 咽頭 - 気管と消化管はここから始まります。
  • 食道 - 食べ物は食道の蠕動により胃のほうへ送られます。蠕動は食道の環状平滑筋と縦走平滑筋の同時運動で行っています。
  • 肝臓 - 解毒作用と栄養の貯蔵に大切な役割りを果たす臓器。ヒトの体の最も大きな臓器です。胆汁を分泌します。胆汁には消化酵素が含まれていないが、脂肪の消化を助けます。
  • 胆嚢 - 胆のうは肝臓に分泌された胆汁を貯えます。胆汁には消化酵素が含まれていないが、脂肪の消化を助けます。
  • 盲腸 - 後腸の最初の部分です。ここでは消化を行っていません。
  • 虫垂 - 虫垂は盲腸の突起であるリンパ器官です。炎症は盲腸炎とも呼ばれる命に係わる状態であるので、手術する必要があります。
  • 直腸 - 結腸と消化管の最後の部分です。水分の吸収し、排出作用を行うところです。
  • 口腔 - 口腔には、デンプン質の唾液による消化が始まる。歯の役割は食物を噛んで引き裂くことです。舌は食塊を形成し、唾液と混合します。食塊を飲み込むとき、話すときも舌を使います。
  • 唾液腺 - 食べ物を濡らして、食塊を飲み込みやすくする唾液を分泌している。唾液にはデンプンを分解する消化酵素(アミラーゼ)が含まれています。リゾチームは唾液の殺菌酵素です。
  • - 前腸の最後の部分です。胃に分泌される酵素であるペプシンはタンパク質を分解します。ペプシンは酸性の環境(pH 2くらい)で活動させます。酸性の環境は胃に分泌される塩化水素によりできます。 胃壁の蠕動運動は食べ物の混合と小腸への運送で重要な役割を果たします。
  • 膵臓 - アミラーゼ、トリプシン、キモトリプシンとリパーゼを含むすい液を分泌します。アミラーゼは炭水化物を分解し、トリプシンとキモトリプシンはタンパク質を分解し、リパーゼは脂肪を分解します。 すい臓に分泌されるホルモンの中で、最も重要なのは血液のグルコース値を下げるインシュリンです。
  • 小腸 - すい臓に分泌される酵素と小腸の消化酵素はタンパク質、炭水化物と脂肪を分解します。脂肪の消化は肝臓に分泌される胆汁にも助けられます。小腸のpHは少し塩基性(pH 8くらい)です。
  • 大腸 - 上行結腸、横行結腸と下行結腸である三つの部分で形成されます。中では消化を行っていません。ミネラルと水分の吸収をします。大腸の細菌はビタミンBとKを発生します。
  • 肛門 - 排出物を出す所です。このプロセスは輪状の筋肉である肛門括約筋に管理されます。内側の括約筋は平滑筋になり、外側のは自分の意志で動かせる横紋筋です。

小腸

  • 十二指腸 - 十二指腸において、腸液の酵素と膵液は脂肪、炭水化物とタンパク質である重要な栄養物を消化します。腸液は小腸に分泌され、膵液はすい臓に分泌されます。消化された栄養物は小腸の粘膜を通じて吸収されます。 肝臓に」分泌される胆汁は胆嚢に貯えて、十二指腸を出されます。胆汁は脂肪の粒を分解し、脂肪の消化を手伝う。
  • 回腸 - 小腸の一部である回腸に脂肪、炭水化物とタンパク質である重要な栄養物が消化されます。消化された栄養物は腸の粘膜に通じて吸収されます。
  • 空腸 - 小腸の一部である空腸に脂肪、炭水化物とタンパク質である重要な栄養物の消化が行います。消化された栄養物は腸の粘膜に通じて吸収されます。

絨毛

  • 血管 - 三つの主な栄養物は脂肪、炭水化物とアミノ酸です。この中で、炭水化物とアミノ酸は血管に吸収されます。
  • 腸液を分泌する腺 - この腺に分泌された腸液脂肪、炭水化物とタンパク質である重要な栄養物の消化する酵素が含まれています。消化された栄養物は小腸の粘膜を通じて吸収されます。
  • 絨毛 - 小腸の吸収面を増やす輪状ひだ、絨毛と微絨毛。
  • リンパ管 - 三つの主な栄養物は脂肪、炭水化物とアミノ酸です。この中で、脂肪はリンパ管に吸収されます。
  • 結合組織
  • 粘膜の平滑筋
  • 上皮細胞と微絨毛

小腸の位置

  • 小腸

輪状ひだ

  • 漿膜 - 結合組織と表皮からなっている:腸の外側の層を構成する。
  • 縦の平滑筋 - 環状平滑筋層と縦走平滑筋が消化管の蠕動をします。蠕動は腸を通じて食べ物の運送を保証する。
  • 環状平滑筋
  • 粘膜 - 薄い平滑筋層、結合組織と表皮で構成されます。粘膜には腸液を分泌する腺があります。
  • 輪状ひだ - 輪状ひだ、絨毛と微絨毛は小腸の吸収面を増やす。

微絨毛

  • 血管 - 三つの主な栄養物は脂肪、炭水化物とアミノ酸です。この中で、炭水化物とアミノ酸は血管に吸収されます。
  • リンパ管 - 三つの主な栄養物は脂肪、炭水化物とアミノ酸です。この中で、脂肪はリンパ管に吸収されます。
  • 腸管上皮細胞
  • 微絨毛 - 小腸の吸収面を増やす輪状ひだ、絨毛と微絨毛。

アニメーション

  • 肝臓 - 解毒作用と栄養の貯蔵に大切な役割りを果たす臓器。ヒトの体の最も大きな臓器です。胆汁を分泌します。胆汁には消化酵素が含まれていないが、脂肪の消化を助けます。
  • 胆嚢 - 胆のうは肝臓に分泌された胆汁を貯えます。胆汁には消化酵素が含まれていないが、脂肪の消化を助けます。
  • - 前腸の最後の部分です。胃に分泌される酵素であるペプシンはタンパク質を分解します。ペプシンは酸性の環境(pH 2くらい)で活動させます。酸性の環境は胃に分泌される塩化水素によりできます。 胃壁の蠕動運動は食べ物の混合と小腸への運送で重要な役割を果たします。
  • 膵臓 - アミラーゼ、トリプシン、キモトリプシンとリパーゼを含むすい液を分泌します。アミラーゼは炭水化物を分解し、トリプシンとキモトリプシンはタンパク質を分解し、リパーゼは脂肪を分解します。 すい臓に分泌されるホルモンの中で、最も重要なのは血液のグルコース値を下げるインシュリンです。
  • 小腸 - すい臓に分泌される酵素と小腸の消化酵素はタンパク質、炭水化物と脂肪を分解します。脂肪の消化は肝臓に分泌される胆汁にも助けられます。小腸のpHは少し塩基性(pH 8くらい)です。
  • 漿膜 - 結合組織と表皮からなっている:腸の外側の層を構成する。
  • 縦の平滑筋 - 環状平滑筋層と縦走平滑筋が消化管の蠕動をします。蠕動は腸を通じて食べ物の運送を保証する。
  • 環状平滑筋
  • 粘膜 - 薄い平滑筋層、結合組織と表皮で構成されます。粘膜には腸液を分泌する腺があります。
  • 輪状ひだ - 輪状ひだ、絨毛と微絨毛は小腸の吸収面を増やす。
  • 絨毛 - 小腸の吸収面を増やす輪状ひだ、絨毛と微絨毛。
  • 血管 - 三つの主な栄養物は脂肪、炭水化物とアミノ酸です。この中で、炭水化物とアミノ酸は血管に吸収されます。
  • リンパ管 - 三つの主な栄養物は脂肪、炭水化物とアミノ酸です。この中で、脂肪はリンパ管に吸収されます。
  • 腸管上皮細胞
  • 微絨毛 - 小腸の吸収面を増やす輪状ひだ、絨毛と微絨毛。

ナレーション

人間の消化器系では前腸と後腸に分けられます。前腸の最後の部分であるではタンパク質が消化されます。その後、その内容物は胃から小腸に運送されます。

小腸には腸液膵液の酵素で重要な栄養物である脂肪、炭水化物とタンパク質の消化を行います。腸液小腸の線から分泌され、膵液はすい臓を分泌されます。肝臓で作られる胆汁胆のうに貯え、小腸に排出されます。胆汁のは消化酵素は含まれず、脂肪球を乳状化して、脂肪を消化しやすくします。

漿膜は小腸の外部層です。この層の下に、環状平滑筋層と縦走平滑筋が消化管の蠕動をします。この二つの筋肉層の同時運動が胃の蠕動を担います。蠕動で腸の内容物が混ぜられて、運送されます。消化管の内側は粘膜で覆われています。この粘膜は薄い平滑筋結合組織表皮からできています。腸液を分泌する腺は粘膜に埋め込まれています。輪状ひだは小腸の吸収する表面積を増やします。

微絨毛絨毛も小腸の吸収表面積を増やします。

消化された物質の中で、炭水化物とタンパク質の消化で分解されたアミノ酸血管に入り込みます。脂肪を構成する脂質リンパ管に入ります。

関連のエクストラ

十二指腸に接続している腺

膵臓と肝臓は十二指腸に消化液を分泌します。

上部消化管

飲み込むとき、摂取した食べ物が口腔から上部消化管の最後の部分である胃まで運送されます。

大腸の構造

大腸は消化路の最終段階です。

人体(女)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

肝臓の解剖と機能

肝臓は脂肪の消化、解毒と代謝において重要な役割を果たす不可欠な臓器です。

どのような食べ物にしましょうか。

このアニメーションを見て、健康に良い食料品について勉強しましょう。

虫垂炎

盲腸とつながっている虫垂が炎症した時、すぐに手術を受ける必要があります。アニメーションは炎症の原因、結果、手術を紹介します。

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

口腔、咽頭と食道

消化器系の最初の部分を構成する臓器です。

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

人間の歯

人間の歯には四種類あります。切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯です。

リンパ系

リンパ管はリンパ液を血管へ運びます。リンパ節は免疫システムに重要な役割を果たしています。

酵素

タンパク質で構成されている酵素は生化学反応の触媒として機能しています。酵素の活動は規制されます。

Added to your cart.