緯度線の上の太陽軌道

緯度線の上の太陽軌道

太陽の見かけの経路は、地球の自転によって形成されます。

地理

キーワード

太陽, 地球, 回転, 回転軸, 北回帰線, 南回帰線, 赤道, 北極圏, 南極圏, horizont, zenit, 黄道, 天球, 冬至, 夏至, 春秋分, 至, 南中, 春, 夏, 秋, 冬, シーズン, 循環系, 年, カレンダー, 月, 入射角, 太陽光, 日照時間, 季節の変化, 自然地理学, 天文学, 地理

関連のエクストラ

質問

シーン

地球と天球の関係

空にある天体太陽を含み、動いているように見えます。この現象は地球の自転によって発生します。地球は東の方へ自転するので、地球上の観察者には、太陽が東から西の方へ進むように見えます。太陽は天球、所謂空で円形軌道を動きます。空は地球の上に半球体のように見えます。

天文航法のため、「地平線」の概念を知る必要があります。簡単に言えば、地平線は地面境界をなす線です。つまり、地球に接する平面と天球の交差点です。

観察者から見ると、観察の平面と垂直な線と天球の交差点は天頂と呼ばれています。天頂は観察者の真上です。地球の自転軸を観察者の場所へ移し、長くすると、天球の北極と南極を交差します。

黄道は地球の太陽を中心とした公転の平面です。地球の自転軸と黄道の角度は66.5°であるので、太陽光線は一年中地球の表面の異なる場所垂直に当たるようになります。一年で二回のみ赤道に垂直に当たります。

この二日間で、地球の各場所で太陽が地平線の上にある時間と地平線の下にある時間が等しいです。つまり、昼間長さが同じです。これらの日は春分秋分と呼ばれています。

一年で二日、六月末と十二月末で太陽光線は北緯23.5°南緯23.5°に垂直に当たります。六月には北半球で、十二月には南半球で太陽が地平線の上に見える時間が最も長いです。これらの緯度線は北回帰線南回帰線と呼ばれています。

これらの日の後、太陽光線は緯度23.5°より低く地表面を垂直に当たります。北回帰線南回帰線は太陽の一年中の動きで変化を表す重要な緯度線です。この変化の時間は夏至冬至と呼ばれています。

その結果として、太陽の真昼の高度は春分から秋分までの間、南半球より北半球の方が高いです。太陽光線の傾斜角は北半球の方が大きいので、与えられるエネルギーも多いです。そのゆえ、北半球でになり、南半球で冬になります。もちろん、秋分から春分まで、逆になります。

夏至の時、昼間境界線と地球の自転軸の角度は23.5°であるので、この境界線は北緯66.5°南緯66.5°より上には達しません。これらの緯度線は北極線南極線と呼ばれています。

夏至の時、北緯66.5°より上の地表面が24時間太陽に当たり南緯66.5°以降は24時間夜になります。冬至の時、そのを経験します。

この二日間以外、日が経てば経つほど、昼間と夜の境界線と地球の自転軸の角度が23.5°より小さくなります。24時間昼間と24時間になる地表面が次第に小さくなります。

春分秋分の日の時、昼間と夜の境界線になり、昼間と夜の長さが地球の全ての場所で同等になります。

北極線と南極線の間では、昼間と夜が定期的に変わりますが、長さが変化します。昼間の長さは緯度と太陽と地球の配置、所謂日付によって変わります。

昼間と夜の境界線は赤道を二つに分けるので、昼間と夜の長さが変化なく12時間です。

天球

太陽光線の傾斜角度

緯度線の上の 太陽の見かけの経路

ゲーム

アニメーション

ナレーション

空にある天体太陽を含み、動いているように見えます。この現象は地球の自転によって発生します。地球は東の方へ自転するので、地球上の観察者には、太陽が東から西の方へ進むように見えます。太陽は天球、所謂空で円形軌道を動きます。空は地球の上に半球体のように見えます。

天文航法のため、「地平線」の概念を知る必要があります。簡単に言えば、地平線は地面境界をなす線です。つまり、地球に接する平面と天球の交差点です。

観察者から見ると、観察の平面と垂直な線と天球の交差点は天頂と呼ばれています。天頂は観察者の真上です。地球の自転軸を観察者の場所へ移し、長くすると、天球の北極と南極を交差します。

黄道は地球の太陽を中心とした公転の平面です。地球の自転軸と黄道の角度は66.5°であるので、太陽光線は一年中地球の表面の異なる場所垂直に当たるようになります。一年で二回のみ赤道に垂直に当たります。

この二日間で、地球の各場所で太陽が地平線の上にある時間と地平線の下にある時間が等しいです。つまり、昼間長さが同じです。これらの日は春分秋分と呼ばれています。

一年で二日、六月末と十二月末で太陽光線は北緯23.5°南緯23.5°に垂直に当たります。六月には北半球で、十二月には南半球で太陽が地平線の上に見える時間が最も長いです。これらの緯度線は北回帰線南回帰線と呼ばれています。

これらの日の後、太陽光線は緯度23.5°より低く地表面を垂直に当たります。北回帰線南回帰線は太陽の一年中の動きで変化を表す重要な緯度線です。この変化の時間は夏至冬至と呼ばれています。

その結果として、太陽の真昼の高度は春分から秋分までの間、南半球より北半球の方が高いです。太陽光線の傾斜角は北半球の方が大きいので、与えられるエネルギーも多いです。そのゆえ、北半球でになり、南半球で冬になります。もちろん、秋分から春分まで、逆になります。

夏至の時、昼間境界線と地球の自転軸の角度は23.5°であるので、この境界線は北緯66.5°南緯66.5°より上には達しません。これらの緯度線は北極線南極線と呼ばれています。

夏至の時、北緯66.5°より上の地表面が24時間太陽に当たり南緯66.5°以降は24時間夜になります。冬至の時、そのを経験します。

この二日間以外、日が経てば経つほど、昼間と夜の境界線と地球の自転軸の角度が23.5°より小さくなります。24時間昼間と24時間になる地表面が次第に小さくなります。

春分秋分の日の時、昼間と夜の境界線になり、昼間と夜の長さが地球の全ての場所で同等になります。

北極線と南極線の間では、昼間と夜が定期的に変わりますが、長さが変化します。昼間の長さは緯度と太陽と地球の配置、所謂日付によって変わります。

昼間と夜の境界線は赤道を二つに分けるので、昼間と夜の長さが変化なく12時間です。

関連のエクストラ

気候帯

地球は地理領域と気候帯に分かれています。

季節の変化 (標準)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

時間帯

地球は24個の時間帯に分かれています。標準時は地域全体に使われている時間です。

時間の計測

初めてのカレンダーや時計はもう古代オリエント文化にも出現しました。

高度帯

高山エリアでは気候、土質、植物相と動物相が高度によって変化します。

昔の航法計器

人類は何世紀にもわたって多くの素晴らしい道具を使って海洋で航行できました。

エスキモーの伝統的な生活様式

北極帯に生きているエスキモーの伝統的な居住はイグルーと呼ばれています。

日食

日食とは、太陽、月、地球は一線に並び、月は全体的に、それとも部分的に太陽を隠します。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

地理座標系

地理座標系は地球上の全ての場所を正確に特定することができます。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

温室効果

人間活動のため温室効果が高められ、地球温暖化の原因となっています。

Added to your cart.