V1飛行爆弾

V1飛行爆弾

V1飛行爆弾はドイツに開発されたパルスジェットエンジンが搭載された 巡航ミサイルです。第二次世界大戦で使われた。

歴史

キーワード

弾道の, ロケット, 爆発物, 大量破壊, 武器, 世界大戦, ドイツ語

関連のエクストラ

シーン

報復兵器第1号

  • 発射ランプ
  • V-1 - V-1は「報復兵器第1号(Vergeltungswaffe 1)」の省略です。パルスジェットエンジンに発動させる自動飛行爆弾であり、第二次世界大戦で使用されました。
  • 蒸気発生装置
  • 鉄道
  • タンク
  • カタパルト・ランプ - 発射ランプはキール市のヘルムート・ウォルター社に製造されました。長さは48メートルで、高さは5メートルでした。上下角は6度でした。発射ランプはいつも適切な方向に向かせた。

V1飛行爆弾ナチスドイツに開発されて、第二次世界大戦で利用されました。

飛行爆弾はドイツ語で報復兵器を意味するVergeltungswaffeと呼ばれていました。この第三帝国の武器はKirschker(サクランボの種)、Maikäfer(コフキコガネ)及びKrähe(ワタリガラス)と呼ばれていました。この爆弾が出した特徴的な音のため、連合軍は「ぶんぶん爆弾(buzz-bomb)」あるいは「ドゥードゥルバグ(doodlebug)」と呼んでいました。

スパイと抵抗運動のおかげで、連合軍はこの飛行爆弾について多くの情報を得ることができました。この理由で、連合軍は敵の攻撃に比較的に準備ができました。V1は心理学的な面で影響がありました。

発射

ジェットエンジンのみはV1を発射できないので、このために蒸気カタパルトが使用されました。V1は着陸装置がありませんでした。発射ランプはいつも目的地の方に向けて設定されました。長さが48メートルで、高さは5メートルでした。飛行爆弾は発射ランプの前の方にありました。

ランプの前の方に鉄道で動かせた蒸気発生装置がありました。この装置は過酸化水素と過マンガン酸カリウムの化学反応で生成するガスを利用して、発射ランプの中空体に高圧の蒸気を送ります。これの圧力で爆弾がカタパルトで発射されます。

飛行

この爆弾は連合軍のノルマンディー着陸の後使用し始めた。目的はイギリスに対する復讐でした。1944年の夏には、ドイツが複数の飛行爆弾を発射し、ロンドンを攻撃しました。

ジャイロコンパスで管理された自動操縦装置は飛行爆弾を操縦しました。この装置の主な特徴は地磁気に影響を受けなかったことです。ジャイロコンパスは主に飛行機に利用されている装置です。

構造

  • プロペラ
  • ジャイロコンパス
  • 起爆ポケット
  • 弾頭
  • スウィッチ
  • 弾頭の再突入体
  • 鋼の桁
  • 鋼の翼小骨
  • 鋼板
  • リアウィング
  • 昇降操作装置
  • 垂直安定板
  • 方向舵

長さが8メートルの兵器の翼幅が5メートルを超えていました。飛行爆弾の流線形物体に後ろの翼と垂直安定板もありました。兵器は鋼板で覆われていました。

V1の先の方にプロペラがありました。プロペラは衝撃の位置を規定したカウンターに繋がりました。誘導部分は弾頭に位置しました。このジャイロコンパスで、飛行爆弾の飛行方向が管理されました。

V1の他の肝心な部分である弾頭には爆弾と起爆装置が含まれています。燃料タンクは弾頭の後ろにあり、翼の主な管状の鋼の桁は燃料タンクを通りました。圧縮空気を含んだ二つの球状タンクは胴体の真中にありました。兵器の脳は後にあり、垂直安定板などの管理と操縦装置はそこにありました。ジェットエンジンは操縦装置の上にありました。

ジェットエンジン

  • 燃料タンク
  • 空気ノズル
  • 燃料弁
  • 点火プラグ
  • 燃料室
  • 排気弁
  • 圧縮された空気を含む球状のタンク
  • 操縦装置

V1飛行爆弾にはアルグス As 109‐014パルスジェットエンジンが搭載されました。圧縮空気と75オクタン価ガソリンの混合物は吸気弁を通じて燃料室に注射されました。この混合物は点火プラグで発火させられました。飛行の時は点火プラグが必要ありませんでした。なぜならば、一回爆発起きると、それが次の混合物も発火させました。

燃料と空気の混合物の速い燃焼で、熱いガスの圧力が段々高くなりました。高まる圧力が吸気弁を閉じたので、ガスはうち路にある排気弁を通じてのみ出されました。燃焼室の前の方に発生した圧力で兵器を動かす推進ができました。

速く出る排気ガスの惰力で、燃焼室にあるガスの圧力を低くします。圧力が吸気弁の前の圧力状態に下がり、わずかな真空が発生します。この後、吸気弁がまた開く、空気が流れ込み、燃焼室にまた燃料が注射されましたので、過程がまた再開しました。

アニメーション

ナレーション

V1飛行爆弾ナチスドイツに開発されて、第二次世界大戦で利用されました。この爆弾は連合軍のノルマンディー着陸の後使用し始めた。目的はイギリスに対する復讐でした。

ジェットエンジンのみはV1を発射できないので、このために蒸気カタパルトが使用されました。V1は着陸装置がありませんでした。発射ランプはいつも目的地の方に向けて設定されました。ジャイロコンパスで管理された自動操縦装置は飛行爆弾を操縦しました。

V1飛行爆弾にはアルグス As 109‐014パルスジェットエンジンが搭載されました。圧縮空気と75オクタン価ガソリンの混合物は吸気弁を通じて燃料室に注射されました。この混合物は点火プラグで発火させられました。飛行の時は点火プラグが必要ありませんでした。なぜならば、一回爆発起きると、それが次の混合物も発火させました。


スパイと抵抗運動のおかげで、連合軍はこの飛行爆弾について多くの情報を得ることができました。この理由で、連合軍は敵の攻撃に比較的に準備ができました。V1は心理学的な面で影響がありました。

関連のエクストラ

V-2弾道ミサイル

第二次世界大戦で、ドイツに開発された液体燃料ロケットは宇宙空間に到達した初の人工物体になりました。

ドイツの兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

RT-2PM トーポリ大陸間弾道ミサイル (ソ連、1985年)

冷戦の終わりごろ、ソ連に開発された核兵器の搭載が可能な大陸間弾道ミサイルです。

スーパーマリンスピットファイア (イギリス、1938年)

スーパーマリンスピットファイアは第二次世界大戦でイギリスに使われていた単座戦闘機でした。

メッサーシュミット Bf 109 G (ドイツ、1941年)

第二次世界大戦においてドイツに使われていた戦闘機です。

ユンカース JU-52 (1932年)

第二次世界大戦に前に、最も人気なヨーロッパ製の輸送航空機でした。

原子爆弾(1945年)

原子爆弾は人類の歴史上に最も破壊力がある武器の一つです。

A6M 零式艦上戦闘機 (日本、1940年)

連合軍側にジークと呼ばれた飛行機は第二次世界大戦の有名な戦闘機でした。

戦車 (第二次世界大戦)

戦車は第二次世界大戦において重要な役割を果たしていました。

Added to your cart.