USS タラワ LHA-1 (1976年)

USS タラワ LHA-1 (1976年)

1940年代から、次第に大きくなった航空母艦は海洋の支配者となりました。

技術

キーワード

タラワ, 航空母艦, 戦艦, ネイビー, デッキ, 管制塔, ロケーター, レーダー, 滑走路, クレーン, 軍事作戦, 船乗り, 攻撃, ヘリコプター, 真珠湾, 飛行機, ハリアー, コブラ, 運送, 技術

関連のエクストラ

シーン

航空母艦

大洋の支配者: 航空母艦

最初の航空母艦は第一次世界大戦の間で現れました。これらの船は主に水上飛行機を運送し、水上飛行機は水上にクレーンで下げられました。現在の航空母艦はこれらを由来し発達しました。第二次世界大戦までには大洋の支配者になりました。これらの航空母艦からは車輪がある着陸装置を持つ航空機が離陸することもできました。
超大型空母は1950年代に現れました。これらの巨大な航空母艦の長さがおよそ300mであり、排水量が約9万トンでした。
原子力空母は1950年代の終わりに発達され、航続距離が実に無制限になりました。
様々なクラスに分類される航空母艦が複数のタイプがあります。現在、航空母艦の最大の船隊はアメリカ合衆国の海軍に属し、ニミッツ級航空母艦を10隻含んでいます。
これらの航空母艦は長さが340mであり、幅が78mであり、排水量が10万トンを超えています。原子炉が2基と蒸気タービンが4基で駆動されます。最大速度は約60km/h(30ノット)です。
多くの武器(大砲、ミサイル発射装置など)が搭載され、ヘリコプター戦闘機百機ほど運送できます。
乗組員は海軍兵士航空乗務員5000‐6000人を含んでいました。
最も有名な航空母艦USSニミッツ(1975年)、USSエンタープライズ(1960年)とUSSアイゼンハワー(1975年)です。

ニミッツ

トップ・ビュー

形と構造

航空機の離陸と着陸のため、船の形には安定性と表面が大きなデッキが重要な役割があります。
航空母艦の上部構造はアイランドと呼ばれる管制塔です。この上には、レーダーアンテナと他の通信機と航法計器が搭載されています。その下には、管制室船橋という司令部があります。
飛行甲板0階です。長さが200-300mであり、幅が70-80mです。
その下には空港器と他の軍装備品が保管される格納庫甲板(‐1階)があります。
その下の階は戦闘指揮センター(‐2階)です。船のエンジンルーム貯蔵室はその階とその下にあります。階の間の移動は空港器、武器、貨物と乗組員用のエレベーターで行います。
キッチン食堂寝室も重要な場所でした。格納庫甲板の壁パネルが開けます。
船の軍備は上の階に搭載され、あるいは船体に埋め込まれています。救命艇もここにあります。
船には数百キロメートルの管システムが搭載されています。

USSアイゼンハワーという航空母艦

デッキ

乗組員と装置: 船での生活

航空母艦は「泳いでいる城塞」、「海に浮かぶ都市」などとも呼ばれています。これらの呼び方の由来とは、船の寸法と乗組員の人数です。
最も重要で危険な作業は上の階で行います。ここで働いている乗組員の責任が大きい:航空機の着陸離陸戦闘機ミサイル爆弾で搭載される場所です。
航空機は格納庫甲板からデッキにエレベーターで上にあげられます。会話環主に手信号と特徴的なサインランゲージで行います。常に着陸と離陸をする航空機と爆発装置の間で行う作業のため、精密さ調整が必要です。作業がされに気候によって困難になります。
下の階には、3000‐4000人乗組員の食料品も大きな負担をかけています。食堂では一日で数トンの肉と野菜がなくなります。船の装置では飲料水をおよそ100万リットルが生産されます。

構造

離着陸

第一の臨界点: 離陸

蒸気カタパルトは主に航空母艦で使われている、航空機の離陸前の加速に必要な装置です。
航空機の下にある鉄道ではピストンが動きます。ピストンは最新のタイプに、ワイヤロープで船体に固定されています。この弱体化した金属からの棒は離陸の後、圧力の影響により折れます。
航空機の加速には、航空母艦の蒸気タービンに流れる高圧の蒸気が利用されます。カタパルトの作動は蒸気のみではなく、線形電気エンジンでも可能です。
空港器の離陸には船の先端に、滑走路の先に作られたスキージャンプの傾斜台が使われることもあります(特にイギリスとロシアの航空母艦に見られる)。傾斜台の角度は10°‐20°の間です。
デッキ上の乗組員の素晴らしい作業のため、航空機は12‐15秒ごとに離陸します。

離陸している航空機

第二の臨界点: 着陸

航空母艦のデッキに行われる着陸は離陸よりも危険です。より安全にするには、現在もエンジニアが次第に新しくなる技術により働いています。
着陸する航空機の速度危険度の限界を超えない限りできるだけ減速する必要があります。しかし、航空母艦のデッキ上に、航空機のブレーキシステムで着陸できるには速すぎです。アメリカ人は比較的に安全に航空機を減速できるワイヤシステムを発達しました。
操縦も一つの問題となっています。危険な気象条件と夜で行う着陸を安全にするため、レーダー以外は光学着艦装置が使われます。
着陸はヘリコプターでより容易な作業ですが、乗組員の精密協調した仕事で行うことです。デッキの構造により、同時に多くの離陸と着陸もできます。

着陸している航空機

ナレーション

最初の航空母艦第一次世界大戦の間で現れました。これらの船は主に水上飛行機を運送し、水上飛行機は水上にクレーンで下げられました。現在の航空母艦はこれらを由来し発達しました。第二次世界大戦までには大洋の支配者になりました。これらの航空母艦からは車輪がある着陸装置を持つ航空機が離陸することもできました。
航空母艦は「泳いでいる城塞」、「海に浮かぶ都市」などとも呼ばれています。これらの呼び方の由来とは、船の寸法と乗組員の人数です。

航空機の離陸と着陸のため、船のには安定性と表面が大きなデッキが重要な役割があります。
航空母艦の上部構造はアイランドと呼ばれる管制塔です。この上には、レーダーアンテナと他の通信機と航法計器が搭載されています。その下には、管制室船橋という司令部があります。

最も上にある飛行甲板は0階です。長さが200-300mであり、幅が70-80mです。
その下には空港器と他の軍装備品が保管される格納庫甲板(‐1階)があります。
その下の階は戦闘指揮センター(‐2階)です。船のエンジンルームと貯蔵室はその階とその下にあります。階の間の移動は空港器、武器、貨物乗組員用エレベーターで行います。キッチン、食堂と寝室も重要な場所でした。格納庫甲板の壁パネルが開けます。
船の軍備は上の階に搭載され、あるいは船体に埋め込まれています。救命艇もここにあります。

第二次世界大戦で戦場になっていた太平洋の環礁にちなんで名づけられたUSSタラワ1976年アメリカ海軍に就役させました。長さが250mであり、幅が32mでした。航空母艦に2000人以上の人数が作業しました。武器以外は、ヘリコプターが35機ハリアーファイタージェットが8機搭載されました。
航空母艦は2009年に退役されました。

関連のエクストラ

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

戦艦 (ドレッドノート、1906年)

イギリス海軍のドレッドノートは20世紀の革命的な戦艦でした。

湖水汽船 (1846年)

ハンガリーの初めての湖水汽船が1846年から使用されていました。

磁気浮上式鉄道

磁気浮上式鉄道は現在、最も現代的な交通機関であり、400km/時以上の速度で走ることができます。

消防車

アニメーションは消防車両の構造を紹介します。

スチーブンソンのロケット号(1829年)

イギリスのエンジニア、ジョージ・スチーブンソンの機関車は1829年に機関車コンテストのために作...

地下鉄

地下鉄は都市内の最も速くて、軌道に走っている輸送機械です。

原油タンカー

原油タンカーは19世紀に現れ、現在は最も大きな船の一つです。

Added to your cart.