脱穀機 (19世紀)

脱穀機 (19世紀)

脱穀機は麦や米の脱穀で使用されます。

歴史

キーワード

脱穀機, 脱穀, 農業, 収穫, 穀物, 小麦, マシン, コア

関連のエクストラ

シーン

脱穀

  • 脱穀機 - 車輪が搭載された農業機械であり、わらとさやから穀物を取って、分類します。
  • 牽引自動車 - 牽引機関車。自己推進の蒸気機関で、脱穀機に電流を与えます。

脱穀機

  • わら
  • わらの積め重ね - 外によく見える長方形で大型であるわらの俵
  • 餌箱
  • 麦の積め重ね - 脱穀先の穀物であり、野外で保管された。
  • 穀物
  • 麦束 - 植物の茎を結んでできた結び目です。穀物は利用しやすくするために麦束を作ります。

牽引自動車

  • 排気筒
  • ボイラー
  • ベルト
  • オペレーター
  • フライホイール・ドライブ
  • 車輪

操作

  • わら
  • わらの積め重ね - 外によく見える長方形で大型であるわらの俵
  • 餌箱
  • 麦の積め重ね - 脱穀先の穀物であり、野外で保管された。
  • 穀物
  • 麦束 - 植物の茎を結んでできた結び目です。穀物は利用しやすくするために麦束を作ります。

構造

  • ストローウォーカー
  • 脱穀扱胴
  • 通気孔
  • コンベアベルト
  • 篩 (ふるい)
  • 車輪

関連のエクストラ

ジェームス・ワットの蒸気機関 (18世紀)

ジェームス・ワットはスコットランドの発明家、エンジニアであり、蒸気機関を改良し、産業革命の推進に貢献しました。

精密農業

アニメーションは農業において現代的な技術の利用を紹介します。

水車場

水流や水の落下のエネルギーを便利な形なパワーとして変える機械がすでに中世時代から利用されていました。

ロココ様式の城 (フェルト-ド、ハンガリー)

城と属している公園はハンガリーの最も大きなロココ様式の建物であり、ハンガリーのベルサイユとも呼ばれています。

インダス谷の穀物倉 (ハラッパ)

古代インド人は巨大で、自然的に換気された穀物倉を建築しました。

スチーブンソンのロケット号(1829年)

イギリスのエンジニア、ジョージ・スチーブンソンの機関車は1829年に機関車コンテストのために作られました。

イクティネオII‐潜水艦

スペインの発明家、ナルシス・ムントリオルに設計された潜水艦は水中ナビゲーションの歴史において先駆的な発明品でした。

風車

風力を利用している風車は中世から様々な目的で使われていました。

クラーモント号 (1807年)

アメリカの技術者、ロバート・フルトンは最初の実用汽船を製作しました。

ドライミル

馬鹿力(や人力)で作動した機械は、主に穀物を粉砕するために使用されました。

ワイン地域

トカイワイン地方のワインは世界中でかなり知られています。

コンバインはどのように動作しますか。

コンバインは稲や麦を収穫するための農業機械です。

アイオロスの球

最初の蒸気機関はヘロンに発明されたが、ヘロン自身もおもちゃとして見なされました。

奴隷を働かせた南の栽培場 (米国、19世紀)

南北戦争の前に、アメリカの南にある国家の栽培場に多くの奴隷が働いていました。

Added to your cart.