ケプラー探査機

ケプラー探査機

ケプラー探査機は他の恒星の周りの軌道に乗っている地球のような惑星を探査します。

地理

キーワード

ケプラー探査機, 宇宙望遠鏡, 望遠鏡, ケプラー, NASA, 惑星狩り, 惑星, スター, 宇宙探査, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

ケプラー探査機

打上げの日付: 2009年3月7日 03:49

打上げの場所:ケープカナベラル、フロリダ州、USA

使命の費用: ~ 6億 USドル

軌道: 太陽の周囲

公転周期: 372.5日

主鏡の直径: 1.4 m

NASAはケプラー探査機を使用して地球に似ていて、居住可能な太陽系外惑星を探しています。この探査機は白鳥座と琴座において同時に恒星を1万個調べています。恒星の周囲に惑星が公転し、軌道面が適切だと探査機は惑星が恒星の前に通っている時観測されます。
惑星が通っているときに起こされているのせいで、恒星のみかけ上の光度が低くなります。この光度の変化は探査機のセンサーにより観測されます。
データを分析すると、惑星の様々な特徴を分かるようになります:公転周期、恒星からの距離とサイズ。この方法で、毎年数百個太陽外惑星の発見が行います。

軌道

  • 太陽の周囲の軌道
  • 公転周期:372.5日
  • 太陽
  • 地球
  • 宇宙望遠鏡

望遠鏡は地球を追って、太陽の周囲に公転しながら白鳥座と琴座を観測します。地球の公転周期は365.25日であるが、望遠鏡の公転周期は372.5日になっています。望遠鏡の光学システムは日除けによって太陽の光を避けて守られています。

構造

  • 日除け - 望遠鏡の光学システムに太陽の光が当たらないようにする日除け。長い側は常に太陽に方へ向いている。宇宙探査機は特徴的なデザインがある:日除けが正しい方向に向いているとき、太陽風の放射圧のおかげで、システムは平衡している。
  • 衛星追跡装置
  • 検出器 - 探査機の凸面の表面に当たる光は歪んでいない。探査機は恒星のみかけ上の光度における変化を観測し、惑星の存在が分かる。
  • 太陽電池パネル
  • 熱放射体
  • 修正レンズ
  • 主鏡

惑星探しの原理

  • 恒星の見かけ上の光度が下がる

観測されている恒星の前に惑星が通ると、恒星の見かけ上の光度が低くなり、センサーに観測されます。

光度の変化が非常に小さいです。例えば、太陽の前に通る惑星は地球と等しい大きさを持つと、車のライトの前に通るノミを数キロメートル離れている所から見てるような感じです。

収集データの分析により、惑星について様々な情報が得られます。例えば惑星のサイズ、太陽系の中心である恒星からの距離公転周期。この方法で、毎年数百個の太陽外惑星が観測されます。

動作

  • 主鏡 - 直径が1.4mです。入射する光はセンサーへ反射される。
  • 修正レンズ - シュミットレンズとも呼ばれている。特徴的な形を持ち、球面の主鏡の歪みを修正する。
  • 検出器 - 探査機の凸面に当たる光は歪んでいない。探査機は恒星のみかけ上の光度における変化を観測し、惑星の存在が分かる。

は探査機の修正レンズに入ります。このレンズの特徴的な形主鏡の光行差を修正します。主鏡球面であり、入射するを探査機に反射します。探査機の凸面に当たる光は歪んでいません。探査機は恒星のみかけ上の光度における変化を観測し、惑星の存在が分かります。

アニメーション

  • 主鏡 - 直径が1.4mです。入射する光はセンサーへ反射される。
  • 修正レンズ - シュミットレンズとも呼ばれている。特徴的な形を持ち、球面の主鏡の歪みを修正する。
  • 検出器 - 探査機の凸面に当たる光は歪んでいない。探査機は恒星のみかけ上の光度における変化を観測し、惑星の存在が分かる。
  • 恒星の見かけ上の光度が下がる

ナレーション

ケプラー望遠鏡を利用して、NASAは地球に似ていて、人類が住める惑星を観測しています。望遠鏡は2009年3月7日に打ち上げられました。地球と同じ軌道で、地球を追って太陽の周囲に公転しながらあるエリアを観測しています。

地球の公転周期は365.25日であるが、探査機の公転周期は372.5日です。この時、日除けは常に光学システムを保護しています。

は探査機の修正レンズに入ります。このレンズの特徴的な形主鏡光行差を修正します。主鏡球面であり、入射する光探査機に反射します。探査機の凸面に当たる光は歪んでいません。

この探査機は白鳥座と琴座において同時に恒星を1万個以上を調べています。恒星の周囲に惑星が公転し、軌道面が適切だと探査機は惑星が恒星の前に通っている観測されます。惑星が通るときに起こされている食のせいで、恒星のみかけ上の光度低くなります。この光度の変化は探査機のセンサーにより観測されます。

データを分析すると、惑星の様々な特徴を分かるようになります:公転周期、恒星からの距離サイズ。この方法で、毎年数百個太陽外惑星の発見が行います。

関連のエクストラ

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

天文台

天文台は大気乱流の影響を減らすために、高原や高い場所に建築されました。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

望遠鏡

このアニメーションは天文学で使われている光学望遠鏡と電波望遠鏡を紹介します。

天体力学の発展

このアニメーションは我々の世界に関する新たな考えを与えた天文学者と物理学者の研究を紹介します。

光学機器

顕微鏡から望遠鏡といった様々な種類の光学機器が現在使われています。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

恒星の種類

このアニメーションは一般的な恒星と大質量星の成長を紹介します。

地球に近い恒星

アニメーションは比較的に近い惑星、恒星、銀河を紹介します。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

無重力状態

軌道上にある宇宙船は自由落下の一定の状態にあります。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

ユーリイ・ガガーリンの宇宙飛行 (1961年)

1961年4月12日、ユーリイ・ガガーリンは世界初の人間としての宇宙飛行に成功しました。

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

重力波 (LIGO)

質量が大きい物体は加速していると、時空にさざ波が発生します。これらの波は重力波と言います。

アポロ15号ミッション(月面車)

このアニメーションはアポロ15号ミッションに使われていた二人乗りの月面車を紹介します。

国際宇宙ステーション

居住可能な国際宇宙ステーションは16カ国が協力して建築しました。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

Added to your cart.