ロンドン塔 (16世紀)

ロンドン塔 (16世紀)

ロンドン塔の魅力的な歴史はおよそ1000年間に渡ってかかっています。

歴史

キーワード

ロンドン, ロンドン塔, テムズ川, カラス, イングランド, イギリス帝国, ロンドン橋, リチャード獅子心王, ヘンリー3世, ヘンリー8世, チューダー家, エドワードI, 塔, 要塞, イギリス, 天守閣, 居住された橋, 征服王ウィリアム, ルーク, 礼拝堂, キング, ノーマン人, 堀, 宮殿, 地下牢, 16世紀, 中世, 近代史, 死刑, 歴史

関連のエクストラ

質問

  • ホワイト・タワーがどの市に位置していますか。
  • ロンドン塔はどの川の岸辺にありますか。
  • 城塞の初めての建造物はいつ建設されましたか。
  • ロンドン塔の建設は誰の統治下で開始されましたか。
  • ロンドン塔の最も古い部分はどれですか。
  • ロンドン塔は何で囲まれていますか。
  • ロンドンは誰に創設されましたか。
  • ロンドン塔はどのような構造を持っていますか。
  • 以下の中で、どれがロンドン塔ので成立されませんでしたか。
  • 「叛逆者の門」は何に名づけられましたか。
  • ロンドン塔の各タワーが人物にちなんで名づけられたというのは本当ですか。
  • ブラッディー・タワーは何にちなんで名づけられましたか。
  • 以下の中で、どれがロンドン塔ので成立されませんでしたか。
  • 以下の中で、誰がロンドン塔で処刑されませんでしたか。
  • ウィリアム1世にどのタワーの建設が命令されましたか。
  • ロンドン塔のタワーがどの動物にちなんで名づけられましたか。
  • 伝説によると、ロンドン塔で誰の幽霊が現れたりしますか。
  • ロンドン塔で処刑された貴族の墓はどこでしたか。
  • ロンドン塔の教区教会は誰にちなんで名づけられましたか。
  • ロンドン塔の最も高いタワーがどれですか。
  • ホワイト・タワーの高さはどのぐらいですか。
  • 以下の中で、どの鳥がロンドン塔に生息し、伝説でよく現れていますか。
  • セント・ピーター・アンド・ヴインキュラ礼拝堂に埋葬された遺体のどの特徴が共通ですか。
  • ロンドン塔の中で、何年ぐらい動物園がありましたか。
  • クイーンズ・ハウスは誰が建設されましたか。
  • ライオン・タワーは何にちなんで名づけられましたか。
  • ロンドン塔に入った囚人はどの門を通りましたか。
  • 塔の一つはどの職人について名づけられましたか。
  • ロンドン塔の塔中で、どの物質にちなんで名づけられた塔がありませんか。
  • ロンドン塔護衛兵は英語で何と呼ばれていますか。

シーン

ロンドン塔

  • テムズ川 - イギリスの二番目に長い川であり、長さは346kmです。テムズ川はイギリスの南部から北海に流れ込みます。
  • ロンドン - イングランドとイギリスの首都です。ローマ帝国のロンディニウム創建が都市の起源です。2世紀ごろ、ブリタンニア属州の首都になりました。
  • 居住された橋 - 旧ロンドン橋の建設は1209年に完成しました。チューダー時代で、幅が8mの橋の上、建物がおよそ200軒ありました。
  • ホワイト・タワー - 城塞の元となるホワイト・タワーの建設はウィリアム1世の命令により始まりました。

ノルマンディー公でもあったウィリアム1世は1066年でイングランドへ侵入し、へ―スティングスノルマン軍がイングランド軍に勝利しました。同じ年で、ウェストミンスター寺院でイングランド王ウィリアム1世として戴冠されました。自分の権力を強化するため、その後の二十年間で要塞が三十六城を建設されました。

ウィリアム1世の命令によりホワイト・タワーが建設されました。ロンドンで、テムズ川の北側の岸辺で建てられた天守閣は周囲に建設された城の権力のシンボルでした。王族の住居であったロンドン塔はその後の数百年で多くの王に広げられ、要塞化されました。リチャード1世(獅子心王)ヘンリー3世の統治下でも多くの建設が行いました。要塞はエドワード1世の統治下で、13世紀末ごろ典型的な形を得ました。チューダー時代で、王族の住居としての立場をなくし、主に牢獄、武器庫と火薬の保管所として使われていました。このため、チューダー朝の統治下でロンドン塔は強化され、現代化されました。

現代の戦争の跡はロンドン塔でも残されたが、現在もロンドンの最も多くの観光客の訪れる建造物の一つです。

現在も多くの護衛兵に見守られているロンドン塔には戴冠用宝玉が展示され、ワタリカラスが一定数飼育されていることで有名になっています。

建築物群

  • タワーの水路 - 資料によると、テムズ川の水で満たされた堀の一部はウィリアム1世の統治下に掘り始められましたが、13世紀の後半に完成されました。
  • 市を巡る堀 - 保護のために作られました。1213年に完成されました。
  • 外郭
  • 外壁
  • ホワイト・タワー - 同心の構造を持つ要塞です。
  • 内郭
  • 内壁
  • 最内郭

ロンドン塔はテムズ川の北側の岸辺に築かれました。11世紀でウィリアム1世に創設された要塞の一般設計図13世紀ごろから現在まで変わっていませんでした。
当然、ロンドン塔は13世紀の後統治していた王族に強化され、新しい建造物が追加に建てられました。
要塞はテムズ川の水で満たされたで囲まれていました。同心のような構造を持つ要塞は二重の壁に囲まれ、稜堡で補強されました。

ホワイト・タワー

ホワイト・タワーはロンドン塔の最も古い部分です。天守閣1070年代で、ウィリアム1世の命令により築かれました。

要塞の最も安全な場所である天守閣は王族と貴族の身を守り権力のシンボルにもなっていました。
設計図が長方形の建造物の各角に塔が建設されました。西の塔が長方形であり、北東の塔は円形であり、南東の塔は半円形の形をしています。この半円形の塔には聖ジョン礼拝堂が位置しています。

ホワイト・タワーの側壁の長さは36mと32mであり、高さは塔を除いて27mです。元々三階建て(地下、入り口の階と二階)の建造物です。他のノルマンの天守閣のように、入り口地表面の上です。南側のゲートまで木材の階段が続きました。

伝説によると、ヘンリ―3世の命令に従ってホワイト・タワーの内側の外側の壁に水しっくいが塗られました。白く塗られたことの原因としては当時のヨーロッパ重要な建造物が白かったことが述べられています。

内郭

同心の構造を持つ建造物の壁によって要塞は複数の部分に分離します。
内郭処刑など重要なイベントが行った場所でした。

社会階級は低い囚人は市の通りにあった足場で公に処刑され、貴族ロンドン塔処刑されました。この場合は死刑は公ではありませんでした。ヘンリー8世の配偶者が二人、アン・ブーリンキャサリン・ハワードもこのように処刑されました。伝説によると、アン・ブーリンの幽霊は自分の頭を持ちながらロンドン塔の中を歩いたりします。処刑された貴族の墓はセント・ピーター・アンド・ヴインキュラ礼拝堂にあります。

内郭に位置するクイーンズ・ハウスもおそらくヘンリー8世の統治下建設されました。ロンドン塔全体のスタイルと異なる建造物はアン・ブーリンのために建てられました。アン・ブーリンは戴冠式死刑の前の数日間そこで過ごしていたそうです。

ヘンリ―8世

ヘンリー8世チューダー朝の創設者であるヘンリー7世の二人目の息子でした。お兄さんの突然の死後、イングランド王として次の継承者になりました。1509年即位しました。

イングランド国王ヘンリー8世は外交術戦争によって世界で英国の立場を強化しました。ただし、彼の夢であったフランス王としての即位は叶いませんでした。

元々ローマ法王との関係がよかったが、後でローマのカトリック教会から離れイングランド国教会を成立しました(1534年)。ヘンリー8世は新しい国教の指導者になりました。

ロンドン塔はチューダー朝の時代で役目が変わりました。王族には住居としてではなく、主に牢獄武器庫火薬の保管所として使われていました。ヘンリー8世の統治下、ロンドン塔とセント・ピーター・アンド・ヴインキュラ礼拝堂の現代化に大きな金額が使われていました。

ヘンリー8世は親に教会でのキャリアが望まれていたので、十分な教育を受けました。それにもかかわらず、配偶者が六人いたことで有名になりました。

配偶者の中で、二人は首がはねられ、一人は宮殿から出されました。ヘンリー8世によると、彼は3番目に王妃となったジェーン・シーモア愛していました

資料によると、都市を取った時専制君主となりました。 肥満の王は複数の病気を持ち、気分変動も激しかったそうです。ヘンリー8世の死後、ジェーン・シーモアとの間で生まれた息子、エドワードがエドワード4世として即位しました。ただし、新しい国王が国を統治するには若すぎて、代わりに叔父さんエドワード・シーモア護民官として統治しました。

カラス

カラスはグレート・ブリテン原産であり、中世で都市環境適応されました。

民間伝承によると、カラスは数百年間に渡ってロンドン塔に生息しましたが、いつからそこにいるのが不明です。

処刑された囚人の遺体の匂いを感じてカラスが現れるようになったと推定されています。1536年で、アン・ブーリンの処刑もカラスに観察されたと言われています。

他の伝説によると、チャールズ2世は初めてロンドン塔でカラス飼育していたとされています。当時の天文学者、ジョン・フラムスティードは望遠鏡の前に飛ぶカラスで空の観察ができないと不満を言っていたそうです。そのため、フラムスティードは国王にカラスを殺すように頼んでいたが、チャールズ2世はカラスを殺すことは縁起が悪いと信じていたそうです。その結果、天文台をロンドン塔からグリニッジへ移動させられました。

更に他の伝説によると、1666年で行われた大きな火事の後、カラスはロンドン塔で現れていました。カラスはゴミなどでえさを探していたため殺されていました。フラムスティードはカラスを殺すことは王国の終わりになると信じていたので、王にカラスの命を助かるように頼んでいたそうです。チャールズ2世飛べないようにされたカラスを六羽常にロンドン塔で飼育するように命令していたそうです。

以上の伝説を証明する資料残されていません。ロンドン塔で生息していたカラスが初めて1883年に描かれています。現在の歴史学者によると、ロンドン塔で数百年前からいるカラスのことはビクトリア時代の伝説です。数人の歴史学者によると、カラスはロンドン塔のスタッフのペットでした。

カラスは第二次世界大戦重要な役割を果たしていました:敵の航空機のスポッターでした。

起源についての事実はどうであろうと不明ですが、カラスに関する迷信が現在も信じられています。これらの大きくて黒い鳥はロンドン塔で大事にされています

散歩

アニメーション

  • テムズ川 - イギリスの二番目に長い川であり、長さは346kmです。テムズ川はイギリスの南部から北海に流れ込みます。
  • ロンドン - イングランドとイギリスの首都です。ローマ帝国のロンディニウム創建が都市の起源です。2世紀ごろ、ブリタンニア属州の首都になりました。
  • 叛逆者の門 - テムズ川でロンドン塔に入った囚人はこの門を通りました。ここからブラッディー・タワーまで階段が続きました。アン・ブーリンやトマス・モア等多くの有名な囚人はこの門を通ってロンドン塔に入りました。
  • ホワイト・タワー - 11世紀末にウィリアム1世に建てられたロンドン塔の最も古い部分です。天守閣は権力のシンボルとなりました。

ナレーション

ロンドン塔テムズ川の岸辺に築かれました。およそ1000年前創設されていました。

城塞の初めて建設された部分であるホワイト・タワーウィリアム1世の命令により11世紀末ごろ建てられていました。城塞は数百年間に渡ってイングランドの王族に広がされていました。
一般設計図は13世紀の後半に即位したエドワード1世の統治から変わりませんでした。要塞はテムズ川の水で満たされたで囲まれていました。二重の壁に沿って稜堡で補強されました。

ロンドン塔は元々王族の住居でしたが、牢獄として有名になりました。多くの有名な人がロンドン塔で囚人となり、処刑されました。囚人の一部は叛逆者の門を通ってロンドン塔に入りました。城塞には宝庫、記録保管所、武器庫、天文台と兵舎もありました。

13世紀ごろから600年間に渡ってロイヤル・メナジェリーでは多くの珍しい動物が飼育されました。動物園の鳥としてではなく、カラスもロンドン塔で飼育されるようになりました。伝説によると、カラスはロンドン塔から離れる時、ロンドン塔と英国も破壊されます。

関連のエクストラ

中世の居住された橋 (ロンドン橋、16世紀)

テムズ川にかかるロンドン橋の上にテューダー朝の統治下に建物が約200軒建築されました。

中世時代の塔と稜堡の種類

要塞の構造は軍事技術と共に進化しました。

中世の天守

中世の特徴的な建物である天守は城に繋がらず建築されたこともありました。

中世都市

中世都市に建築された家は石や煉瓦からでき、2〜3階建てでした。

郵便馬車サービス (イギリス、18世紀)

動力機関を備えた車両の出現の前に、乗客、手紙やパッケージは郵便馬車を使って目的地まで送られました。

ヴァラジュディンの城 (16世紀)

この素晴らしい城は北クロアチアに位置しています。

グローブ座 (ロンドン、17世紀)

ロンドンで建設された野外劇場は円形で、ルネサンス式です。館長の一人はウィリアム・シェークスピアでした。

紫禁城 (北京、17世紀)

紫禁城は明清帝国の最も素晴らしくて神秘的な建造物の一つです。

16世紀のアルハンブラ宮殿 (スペイン)

この素晴らしい宮殿の名前はアラビア語の「赤」を由来します。

中世の地下牢

中世の地下牢には様々な拷問装置が使われていました。

近代の帝国

歴史上の多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

ヘイスティングズの戦い (1066年)

ノルマンディー公ギヨーム2世はアングロ・サクソン人を支配し、ウィリアム1世としてイギリスに即位しました。

クロムウェルの鉄騎隊 (17世紀)

鉄騎隊は英国ピューリタン革命において、オリバー・クロムウェルが指揮した騎兵隊に付けられたあだ名です。

バスティーユ(パリ、18世紀)

パリの刑務所であるバスティーユは1789年のフランス革命で有名になりました。

中世の衣服(西ヨーロッパ、15世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

衣服 (西ヨーロッパ、16世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ジェームズタウン (17世紀)

1607年に北米の東海岸に建設されたジェームズタウンはイギリスの最初の永続的植民地でした。

イギリスの戦艦(18世紀)

17世紀と19世紀の間、イギリスの戦艦は一番いい戦艦の一つでした。

Added to your cart.