ポリネシアの双胴船

ポリネシアの双胴船

ポリネシア人は特別に設計されたボートで長い距離を旅しました。

歴史

キーワード

ポリネシアンカタマラン, カタマラン, ポリネシア, ヨット, 水上交通, 運送, ナビゲーション, 発見, 太平洋, 島, 島々, 発見者, 船舶, 決済, 帆, 古代, 先史時代, 歴史

関連のエクストラ

質問

  • ポリネシアの双胴船を構成する船体は何で固定されていますか。
  • ポリネシアはどの海洋に位置していますか。
  • 典型的なポリネシアの双胴船は船体が何本ありますか。
  • ポリネシアの双胴船を構成する2本の船体はお互いに平行であるというのは本当ですか。
  • 以下の中で、どれがポリネシアの双胴船の特徴ではありませんでしたか。
  • 以下の中で、どれが太平洋に位置していませんか。
  • 以下の中で、どの島がポリネシアの一部ではありませんか。
  • ポリネシアで使われた戦い用の双胴船は帆がなかったというのは本当ですか。
  • ポリネシアの双胴船の平均的な長さがどのくらいでしたか。
  • 最も認められている説によると、ポリネシアの人はどこの由来ですか。
  • ポリネシアも定住された台湾からの最後の移住がいつ行われたと思われていますか。
  • ポリネシアはいつ定住されましたか。
  • 双胴船は何ですか。
  • ポリネシアの双胴船の最大速度がどのくらいでしたか。
  • どうしてポリネシアの双胴船の船首と船尾は同じ形をしていますか。
  • 双胴船の帆柱がどこに位置していますか。

シーン

関連のエクストラ

モアイ像 (イースター島、16世紀)

太平洋に位置する小さな島は巨大な像で有名になりました。

ジャンク

特徴的なラグスルで搭載された帆船は軍事的な目的と貿易にも利用されていました。

伝統的なアラビアの帆船 (サンブク)

最大のアラビアの帆船であり、ペルシア湾で貿易船として主に使われていました。

人類移動の歴史

人類の大きな集団の移動は古代で始まり、現在も続いています。

バイキング・ロングシップ (10世紀)

上手な造船業者と水夫であったバイキング人は海や川に長い距離を旅しました。

ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

伝統的なサモアの家族の定住地の 建築は住民の独特な文化を反映しています。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

五段櫂船 (紀元前3世紀)

ヘレニズム時代の特有な軍艦には複数の列のオールが搭載されています。

ダーウィンの伝説的な旅

ダーウィンのビーグル号(HMS Beagle)での伝説の旅が進化論の発達において重要な役割がありました。

帆船

初めて17世紀にオランダに建築されたスクーナー船は主に商船として使われていました。

イギリスの戦艦(18世紀)

17世紀と19世紀の間、イギリスの戦艦は一番いい戦艦の一つでした。

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

Added to your cart.