石器時代から鉄器時代まで

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

歴史

キーワード

斧, 手斧, 旧石器時代, 新石器時代, 金石併用時代, 青銅器時代, 鉄器時代, 銅, アイスマン, 先史時代, 石器時代, デバイス, ツール, 矢じり, 斧頭, クワ, ブレスレット, スクレーパ, 槍の穂先, 矢筒, 矢印, つるはし, 容器, 宝石類, 剣, ツールの作成, 兵器, ライフスタイル, 歴史

関連のエクストラ

シーン

斧の進化

  • 旧石器時代 - 旧石器時代は240万年前に始まり、1万年前に終わりました。
  • 中石器時代 - 中石器時代。紀元前1万年と紀元前7千年の間の考古学的な時代。
  • 新石器時代 - 新石器時代。紀元前7千年から紀元前4千5百年までの時代。
  • 銅器時代 - 銅器時代は紀元前4500年から紀元前3300まででした。
  • 青銅器時代 - 紀元前3300年から紀元前1200年までの時代です。
  • 鉄器時代 - 紀元前1200年から始まった時代です。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • こて - 動物の皮を綺麗にするために使われた打製石器です。
  • 矢じり - 打製石器の矢じりは動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • - 骨の針は服の製造のために、または皮に穴をあけるに使われました。
  • 斧頭 - 岩や大きな石を打ち欠いて形を作って、端の方は磨かれました。
  • - 動物の腱か植物の繊維で作られた縄です。斧の上部を柄に固定されるために使われていました。
  • - 斧の柄は木からできました。上部の横に、あるいは上部を切って中に柄を固定されたこともありました。
  • 斧頭
  • 石斧
  • 矢じり - 石製矢じりは打ち欠いて、磨いて作られて、動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • ナイフ - 石製ナイフは打ち欠いて、磨いて作られていました。刃が薄くて、切りやすかったです。これを使って肉、皮や木を切ったりしました。
  • 磨製で、穴が 開けられた石斧
  • 研磨石斧頭
  • 研磨石斧 - 研磨石斧の様々な種類が知られています。基本種類の一つは、柄の上に斧を植物の繊維で固定されました。他の種類は斧に柄のために穴を作って、上部はくさびで固定されました。
  • クワ頭 - 磨いて作られた石。
  • クワ - 農業と同時に出現しました。 磨かれた平らな上部が植物の繊維で柄に付けられました。
  • 枝角クワの頭 - 狩りされた動物の角も利用されました。シカの枝角からくわも作られました。
  • 斧頭 - 銅でできました。斧の上部の後ろが曲げられて、柄によりしっかりくっつけられました。
  • 平らな銅の斧 - 銅でできた上部は植物の繊維で固定されました。
  • 平らな銅の斧
  • 槍の穂先 - 穴に柄が入れられて、横の穴に植物や皮からできた縄で柄が固定されました。
  • 腕輪 - 宝飾品も銅で作られました。
  • 斧頭
  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • オッツィ - アイスマンとも呼ばれるハウスラプヨッホの男はおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • レギンス - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • 容器 - 高レベル細工を示しているハンドルがある青銅製の容器です。
  • 宝石類 - 典型的ならせん状の青銅製飾り。宝石または服の飾りとして利用されました。
  • 鉄斧 - 鉄器時代で出現し、古代ローマ帝国で広がった鉄製斧。斧頭に柄用の穴が開けられました。現在も使われています。
  • ヘルメット
  • 鉄斧
  • 斧頭

旧石器時代

  • 旧石器時代 - 旧石器時代は240万年前に始まり、1万年前に終わりました。
  • 中石器時代 - 中石器時代。紀元前1万年と紀元前7千年の間の考古学的な時代。
  • 新石器時代 - 新石器時代。紀元前7千年から紀元前4千5百年までの時代。
  • 銅器時代 - 銅器時代は紀元前4500年から紀元前3300まででした。
  • 青銅器時代 - 紀元前3300年から紀元前1200年までの時代です。
  • 鉄器時代 - 紀元前1200年から始まった時代です。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • こて - 動物の皮を綺麗にするために使われた打製石器です。
  • 矢じり - 打製石器の矢じりは動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • - 骨の針は服の製造のために、または皮に穴をあけるに使われました。
  • 斧頭 - 岩や大きな石を打ち欠いて形を作って、端の方は磨かれました。
  • - 動物の腱か植物の繊維で作られた縄です。斧の上部を柄に固定されるために使われていました。
  • - 斧の柄は木からできました。上部の横に、あるいは上部を切って中に柄を固定されたこともありました。
  • 斧頭
  • 石斧
  • 矢じり - 石製矢じりは打ち欠いて、磨いて作られて、動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • ナイフ - 石製ナイフは打ち欠いて、磨いて作られていました。刃が薄くて、切りやすかったです。これを使って肉、皮や木を切ったりしました。
  • 磨製で、穴が 開けられた石斧
  • 研磨石斧頭
  • 研磨石斧 - 研磨石斧の様々な種類が知られています。基本種類の一つは、柄の上に斧を植物の繊維で固定されました。他の種類は斧に柄のために穴を作って、上部はくさびで固定されました。
  • クワ頭 - 磨いて作られた石。
  • クワ - 農業と同時に出現しました。 磨かれた平らな上部が植物の繊維で柄に付けられました。
  • 枝角クワの頭 - 狩りされた動物の角も利用されました。シカの枝角からくわも作られました。
  • 斧頭 - 銅でできました。斧の上部の後ろが曲げられて、柄によりしっかりくっつけられました。
  • 平らな銅の斧 - 銅でできた上部は植物の繊維で固定されました。
  • 平らな銅の斧
  • 槍の穂先 - 穴に柄が入れられて、横の穴に植物や皮からできた縄で柄が固定されました。
  • 腕輪 - 宝飾品も銅で作られました。
  • 斧頭
  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • オッツィ - アイスマンとも呼ばれるハウスラプヨッホの男はおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • レギンス - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • 容器 - 高レベル細工を示しているハンドルがある青銅製の容器です。
  • 宝石類 - 典型的ならせん状の青銅製飾り。宝石または服の飾りとして利用されました。
  • 鉄斧 - 鉄器時代で出現し、古代ローマ帝国で広がった鉄製斧。斧頭に柄用の穴が開けられました。現在も使われています。
  • ヘルメット
  • 鉄斧
  • 斧頭

中石器時代

  • 旧石器時代 - 旧石器時代は240万年前に始まり、1万年前に終わりました。
  • 中石器時代 - 中石器時代。紀元前1万年と紀元前7千年の間の考古学的な時代。
  • 新石器時代 - 新石器時代。紀元前7千年から紀元前4千5百年までの時代。
  • 銅器時代 - 銅器時代は紀元前4500年から紀元前3300まででした。
  • 青銅器時代 - 紀元前3300年から紀元前1200年までの時代です。
  • 鉄器時代 - 紀元前1200年から始まった時代です。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • こて - 動物の皮を綺麗にするために使われた打製石器です。
  • 矢じり - 打製石器の矢じりは動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • - 骨の針は服の製造のために、または皮に穴をあけるに使われました。
  • 斧頭 - 岩や大きな石を打ち欠いて形を作って、端の方は磨かれました。
  • - 動物の腱か植物の繊維で作られた縄です。斧の上部を柄に固定されるために使われていました。
  • - 斧の柄は木からできました。上部の横に、あるいは上部を切って中に柄を固定されたこともありました。
  • 斧頭
  • 石斧
  • 矢じり - 石製矢じりは打ち欠いて、磨いて作られて、動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • ナイフ - 石製ナイフは打ち欠いて、磨いて作られていました。刃が薄くて、切りやすかったです。これを使って肉、皮や木を切ったりしました。
  • 磨製で、穴が 開けられた石斧
  • 研磨石斧頭
  • 研磨石斧 - 研磨石斧の様々な種類が知られています。基本種類の一つは、柄の上に斧を植物の繊維で固定されました。他の種類は斧に柄のために穴を作って、上部はくさびで固定されました。
  • クワ頭 - 磨いて作られた石。
  • クワ - 農業と同時に出現しました。 磨かれた平らな上部が植物の繊維で柄に付けられました。
  • 枝角クワの頭 - 狩りされた動物の角も利用されました。シカの枝角からくわも作られました。
  • 斧頭 - 銅でできました。斧の上部の後ろが曲げられて、柄によりしっかりくっつけられました。
  • 平らな銅の斧 - 銅でできた上部は植物の繊維で固定されました。
  • 平らな銅の斧
  • 槍の穂先 - 穴に柄が入れられて、横の穴に植物や皮からできた縄で柄が固定されました。
  • 腕輪 - 宝飾品も銅で作られました。
  • 斧頭
  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • オッツィ - アイスマンとも呼ばれるハウスラプヨッホの男はおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • レギンス - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • 容器 - 高レベル細工を示しているハンドルがある青銅製の容器です。
  • 宝石類 - 典型的ならせん状の青銅製飾り。宝石または服の飾りとして利用されました。
  • 鉄斧 - 鉄器時代で出現し、古代ローマ帝国で広がった鉄製斧。斧頭に柄用の穴が開けられました。現在も使われています。
  • ヘルメット
  • 鉄斧
  • 斧頭

新石器時代

  • 旧石器時代 - 旧石器時代は240万年前に始まり、1万年前に終わりました。
  • 中石器時代 - 中石器時代。紀元前1万年と紀元前7千年の間の考古学的な時代。
  • 新石器時代 - 新石器時代。紀元前7千年から紀元前4千5百年までの時代。
  • 銅器時代 - 銅器時代は紀元前4500年から紀元前3300まででした。
  • 青銅器時代 - 紀元前3300年から紀元前1200年までの時代です。
  • 鉄器時代 - 紀元前1200年から始まった時代です。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • こて - 動物の皮を綺麗にするために使われた打製石器です。
  • 矢じり - 打製石器の矢じりは動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • - 骨の針は服の製造のために、または皮に穴をあけるに使われました。
  • 斧頭 - 岩や大きな石を打ち欠いて形を作って、端の方は磨かれました。
  • - 動物の腱か植物の繊維で作られた縄です。斧の上部を柄に固定されるために使われていました。
  • - 斧の柄は木からできました。上部の横に、あるいは上部を切って中に柄を固定されたこともありました。
  • 斧頭
  • 石斧
  • 矢じり - 石製矢じりは打ち欠いて、磨いて作られて、動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • ナイフ - 石製ナイフは打ち欠いて、磨いて作られていました。刃が薄くて、切りやすかったです。これを使って肉、皮や木を切ったりしました。
  • 磨製で、穴が 開けられた石斧
  • 研磨石斧頭
  • 研磨石斧 - 研磨石斧の様々な種類が知られています。基本種類の一つは、柄の上に斧を植物の繊維で固定されました。他の種類は斧に柄のために穴を作って、上部はくさびで固定されました。
  • クワ頭 - 磨いて作られた石。
  • クワ - 農業と同時に出現しました。 磨かれた平らな上部が植物の繊維で柄に付けられました。
  • 枝角クワの頭 - 狩りされた動物の角も利用されました。シカの枝角からくわも作られました。
  • 斧頭 - 銅でできました。斧の上部の後ろが曲げられて、柄によりしっかりくっつけられました。
  • 平らな銅の斧 - 銅でできた上部は植物の繊維で固定されました。
  • 平らな銅の斧
  • 槍の穂先 - 穴に柄が入れられて、横の穴に植物や皮からできた縄で柄が固定されました。
  • 腕輪 - 宝飾品も銅で作られました。
  • 斧頭
  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • オッツィ - アイスマンとも呼ばれるハウスラプヨッホの男はおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • レギンス - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • 容器 - 高レベル細工を示しているハンドルがある青銅製の容器です。
  • 宝石類 - 典型的ならせん状の青銅製飾り。宝石または服の飾りとして利用されました。
  • 鉄斧 - 鉄器時代で出現し、古代ローマ帝国で広がった鉄製斧。斧頭に柄用の穴が開けられました。現在も使われています。
  • ヘルメット
  • 鉄斧
  • 斧頭

銅器時代

  • 旧石器時代 - 旧石器時代は240万年前に始まり、1万年前に終わりました。
  • 中石器時代 - 中石器時代。紀元前1万年と紀元前7千年の間の考古学的な時代。
  • 新石器時代 - 新石器時代。紀元前7千年から紀元前4千5百年までの時代。
  • 銅器時代 - 銅器時代は紀元前4500年から紀元前3300まででした。
  • 青銅器時代 - 紀元前3300年から紀元前1200年までの時代です。
  • 鉄器時代 - 紀元前1200年から始まった時代です。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • こて - 動物の皮を綺麗にするために使われた打製石器です。
  • 矢じり - 打製石器の矢じりは動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • - 骨の針は服の製造のために、または皮に穴をあけるに使われました。
  • 斧頭 - 岩や大きな石を打ち欠いて形を作って、端の方は磨かれました。
  • - 動物の腱か植物の繊維で作られた縄です。斧の上部を柄に固定されるために使われていました。
  • - 斧の柄は木からできました。上部の横に、あるいは上部を切って中に柄を固定されたこともありました。
  • 斧頭
  • 石斧
  • 矢じり - 石製矢じりは打ち欠いて、磨いて作られて、動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • ナイフ - 石製ナイフは打ち欠いて、磨いて作られていました。刃が薄くて、切りやすかったです。これを使って肉、皮や木を切ったりしました。
  • 磨製で、穴が 開けられた石斧
  • 研磨石斧頭
  • 研磨石斧 - 研磨石斧の様々な種類が知られています。基本種類の一つは、柄の上に斧を植物の繊維で固定されました。他の種類は斧に柄のために穴を作って、上部はくさびで固定されました。
  • クワ頭 - 磨いて作られた石。
  • クワ - 農業と同時に出現しました。 磨かれた平らな上部が植物の繊維で柄に付けられました。
  • 枝角クワの頭 - 狩りされた動物の角も利用されました。シカの枝角からくわも作られました。
  • 斧頭 - 銅でできました。斧の上部の後ろが曲げられて、柄によりしっかりくっつけられました。
  • 平らな銅の斧 - 銅でできた上部は植物の繊維で固定されました。
  • 平らな銅の斧
  • 槍の穂先 - 穴に柄が入れられて、横の穴に植物や皮からできた縄で柄が固定されました。
  • 腕輪 - 宝飾品も銅で作られました。
  • 斧頭
  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • オッツィ - アイスマンとも呼ばれるハウスラプヨッホの男はおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • レギンス - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • 容器 - 高レベル細工を示しているハンドルがある青銅製の容器です。
  • 宝石類 - 典型的ならせん状の青銅製飾り。宝石または服の飾りとして利用されました。
  • 鉄斧 - 鉄器時代で出現し、古代ローマ帝国で広がった鉄製斧。斧頭に柄用の穴が開けられました。現在も使われています。
  • ヘルメット
  • 鉄斧
  • 斧頭

青銅時代

  • 旧石器時代 - 旧石器時代は240万年前に始まり、1万年前に終わりました。
  • 中石器時代 - 中石器時代。紀元前1万年と紀元前7千年の間の考古学的な時代。
  • 新石器時代 - 新石器時代。紀元前7千年から紀元前4千5百年までの時代。
  • 銅器時代 - 銅器時代は紀元前4500年から紀元前3300まででした。
  • 青銅器時代 - 紀元前3300年から紀元前1200年までの時代です。
  • 鉄器時代 - 紀元前1200年から始まった時代です。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • こて - 動物の皮を綺麗にするために使われた打製石器です。
  • 矢じり - 打製石器の矢じりは動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • - 骨の針は服の製造のために、または皮に穴をあけるに使われました。
  • 斧頭 - 岩や大きな石を打ち欠いて形を作って、端の方は磨かれました。
  • - 動物の腱か植物の繊維で作られた縄です。斧の上部を柄に固定されるために使われていました。
  • - 斧の柄は木からできました。上部の横に、あるいは上部を切って中に柄を固定されたこともありました。
  • 斧頭
  • 石斧
  • 矢じり - 石製矢じりは打ち欠いて、磨いて作られて、動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • ナイフ - 石製ナイフは打ち欠いて、磨いて作られていました。刃が薄くて、切りやすかったです。これを使って肉、皮や木を切ったりしました。
  • 磨製で、穴が 開けられた石斧
  • 研磨石斧頭
  • 研磨石斧 - 研磨石斧の様々な種類が知られています。基本種類の一つは、柄の上に斧を植物の繊維で固定されました。他の種類は斧に柄のために穴を作って、上部はくさびで固定されました。
  • クワ頭 - 磨いて作られた石。
  • クワ - 農業と同時に出現しました。 磨かれた平らな上部が植物の繊維で柄に付けられました。
  • 枝角クワの頭 - 狩りされた動物の角も利用されました。シカの枝角からくわも作られました。
  • 斧頭 - 銅でできました。斧の上部の後ろが曲げられて、柄によりしっかりくっつけられました。
  • 平らな銅の斧 - 銅でできた上部は植物の繊維で固定されました。
  • 平らな銅の斧
  • 槍の穂先 - 穴に柄が入れられて、横の穴に植物や皮からできた縄で柄が固定されました。
  • 腕輪 - 宝飾品も銅で作られました。
  • 斧頭
  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • オッツィ - アイスマンとも呼ばれるハウスラプヨッホの男はおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • レギンス - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • 容器 - 高レベル細工を示しているハンドルがある青銅製の容器です。
  • 宝石類 - 典型的ならせん状の青銅製飾り。宝石または服の飾りとして利用されました。
  • 鉄斧 - 鉄器時代で出現し、古代ローマ帝国で広がった鉄製斧。斧頭に柄用の穴が開けられました。現在も使われています。
  • ヘルメット
  • 鉄斧
  • 斧頭

鉄器時代

  • 旧石器時代 - 旧石器時代は240万年前に始まり、1万年前に終わりました。
  • 中石器時代 - 中石器時代。紀元前1万年と紀元前7千年の間の考古学的な時代。
  • 新石器時代 - 新石器時代。紀元前7千年から紀元前4千5百年までの時代。
  • 銅器時代 - 銅器時代は紀元前4500年から紀元前3300まででした。
  • 青銅器時代 - 紀元前3300年から紀元前1200年までの時代です。
  • 鉄器時代 - 紀元前1200年から始まった時代です。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • 手斧 - 涙滴型で、打ち欠いて作られた道具です。一般的に使われていました。
  • こて - 動物の皮を綺麗にするために使われた打製石器です。
  • 矢じり - 打製石器の矢じりは動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • - 骨の針は服の製造のために、または皮に穴をあけるに使われました。
  • 斧頭 - 岩や大きな石を打ち欠いて形を作って、端の方は磨かれました。
  • - 動物の腱か植物の繊維で作られた縄です。斧の上部を柄に固定されるために使われていました。
  • - 斧の柄は木からできました。上部の横に、あるいは上部を切って中に柄を固定されたこともありました。
  • 斧頭
  • 石斧
  • 矢じり - 石製矢じりは打ち欠いて、磨いて作られて、動物の腱か植物の繊維で固定されました。
  • ナイフ - 石製ナイフは打ち欠いて、磨いて作られていました。刃が薄くて、切りやすかったです。これを使って肉、皮や木を切ったりしました。
  • 磨製で、穴が 開けられた石斧
  • 研磨石斧頭
  • 研磨石斧 - 研磨石斧の様々な種類が知られています。基本種類の一つは、柄の上に斧を植物の繊維で固定されました。他の種類は斧に柄のために穴を作って、上部はくさびで固定されました。
  • クワ頭 - 磨いて作られた石。
  • クワ - 農業と同時に出現しました。 磨かれた平らな上部が植物の繊維で柄に付けられました。
  • 枝角クワの頭 - 狩りされた動物の角も利用されました。シカの枝角からくわも作られました。
  • 斧頭 - 銅でできました。斧の上部の後ろが曲げられて、柄によりしっかりくっつけられました。
  • 平らな銅の斧 - 銅でできた上部は植物の繊維で固定されました。
  • 平らな銅の斧
  • 槍の穂先 - 穴に柄が入れられて、横の穴に植物や皮からできた縄で柄が固定されました。
  • 腕輪 - 宝飾品も銅で作られました。
  • 斧頭
  • マントル - マントルは枯れ草で織られました。
  • 矢筒 - 革の矢筒は矢を貯えるために使用されました。
  • - シャフトは白太(しらた)で、矢じりは火打石で作られました。矢じりはシャフトに樺(かば)のタールで貼られました。
  • - イチイで作られて、長さは180cmでした。射程距離は30‐50mです。
  • オッツィ - アイスマンとも呼ばれるハウスラプヨッホの男はおよそ5300年前、銅器時代初期で生きていました。このミイラは1991年9月19日に、オーストリアとイタリアの国境にあるエッツ渓谷の氷河で、3210メートルの高さで発見されました。彼は世界一古くて、完全な状態で保護されたミイラです。死亡した時、約45歳で、背の高さは158cmで、体重が50kgでした。
  • 帽子 - クマの皮からできて、革ひもも付けられました。
  • - 9.5cmの長さの頭部は銅でできて、柄が木材で、60cmでした。
  • レギンス - ズボンのようで、革ひもで結ばれました。
  • - 底がクマの皮でできて、上の部分はシカの皮からなっていました。中には絶縁と柔らかくするために藁が入れらました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • ツルハシ - 様々な目的のために(例えば採鉱、木を切るなどに)使われていました。柄が穴が開けられた上部に差し入れられました。
  • ツルハシ頭 - 互いの方に向いている刃が二つある青銅製のツルハシです。
  • ソケットの付いた斧 - 青銅器時代終期に出現した斧の種類です。刃は一般的に基より広いでした。斧頭に穴が開けられて、曲がった木の柄のソケットとして使われていました。
  • ソケットの付いた斧頭 - 斧頭の縁には小さなリングがあり、柄の上の部分はそれを使って斧頭に結ばれました。このリングを使って複数の斧が結ぶことができました。
  • 容器 - 高レベル細工を示しているハンドルがある青銅製の容器です。
  • 宝石類 - 典型的ならせん状の青銅製飾り。宝石または服の飾りとして利用されました。
  • 鉄斧 - 鉄器時代で出現し、古代ローマ帝国で広がった鉄製斧。斧頭に柄用の穴が開けられました。現在も使われています。
  • ヘルメット
  • 鉄斧
  • 斧頭

アニメーション

ナレーション

人類の歴史は考古学的な時代にも分類されています。この場合は、ある時代のヒトはどの物質で、どのような技術を使って器具を作った事によって分類化ができます。歴史的な時代に反して、考古学的な時代の限界がはっきりしていなくて、地域によって異なります。ある器具の発展を見て、人類の進化を反映されます。

最初の考古学的な時代である石器時代旧石器時代中石器時代新石器時代に区分されます。道具は基本的にでできていました。

旧石器時代では道具は石を打ち欠いて作られました。最も画期的なのは様々な目的で使われた手斧でした。

中石器時代で、石を磨く技術が現れたが、最も洗練されたものになったのは新石器時代でした。最も発展していた道具の一つはのためにドリルで穴開けられた磨製斧でした。

石器時代の後、金属の時代が出現しました。最初は石の銅、のちに青銅と鉄が現れ始めました。

エッツィと呼ばれるアイスマン青銅器時代または銅器時代に生きていて、すでに銅器も利用していました。

銅合金の最も古い種類である錫青銅ではスズが融合されました。青銅器時代後期の最も画期的で、広く使われた道具はソケット付き斧でした。

考古学的な鉄器時代は青銅器時代の後にあり、終わりが歴史的な古代でした。鉄器時代で、鉄製道具が一般的になりました。始まりと終わりは地域によって異なります。鉄斧はこの時代で最も広く使われていました。

関連のエクストラ

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

ケナガマンモス

長鼻類に属していた絶滅動物です。現在のゾウの類縁です。先史の人間はよく狩られて捕まえました。

ノアの方舟

聖書によって、ノアが神の命令によって方舟を作り、大洪水に助けるために家族と動物を載せていました。

ヒトの進化

人間の脳と頭蓋骨は進化中、大きく変化しました。

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

ヨーロッパの巨石文化

数千年前、巨大な岩石から作られた建造物が巨石文化の遺跡です。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

地球上のホモ・サピエンスの分布

「賢い人間」はアフリカに起源し、ほとんどすべての大陸に分布しました。

ウル (紀元前3千年紀)

ユーフラテス川の近くに位置したウル市はシュメール人の重要な中心でした。

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

鉄冶金 (基礎)

原鉄は鉄溶鉱炉により鉄鉱から製造されています。

鉄冶金 (標準)

原鉄は鉄溶鉱炉により鉄鉱から製造されています。

エジプトのピラミッド (ギザ、紀元前26世紀)

ギザピラミッドは古代の七不思議の中で、唯一現存する建造物です。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

中世のかじ屋

人間の史上初の職業の一つである鍛冶屋の仕事は中世の間に、もっと重要になりました。

金属

金属原子は正の格子構造を構成します。

Added to your cart.