ソロモン神殿(エルサレム、紀元前10世紀)

ソロモン神殿(エルサレム、紀元前10世紀)

ソロモン神殿はユダヤ建築の最も重要なシンボルになりました。

歴史

キーワード

ソロモン神殿, エルサレム, ユダヤ人国家, 建築, イスラエル, 宗教センター, バビロン, 建造物, 建物, 教会, Siratófal, 宗教, 被害者, ヘブライ語, 契約の箱, 聖域, ユダヤ教, 祭壇, 旧約聖書, 古代

関連のエクストラ

シーン

イェルサレム神殿

神殿の中

断面図

内部

契約の箱

ナレーション

ヘブライ語聖書によると、神殿はエルサレムに位置し、紀元前10世紀に古代イスラエル王、ソロモンに建築されました。建築は紀元前967年に始まり、7年間かかりました。結果としてはユダヤ建築術のシンボルに一つである見事な神殿ができました。

建物の周りに壁で囲まれた庭がありました。僧侶の庭には燔祭の青銅祭壇と12頭の雄牛に支えられた金属の洗盤がありました。

神殿の形は単純でした。長さは約30mで、幅が10mで、高さは15mでした。宗教的な物と衣服は別の部屋で保管されました。

玄関に、二本の巨大な金属の柱の間に入ることができました。玄関から聖所に入ることができ、聖所には人の罪を清潔にすることが行いました。神殿の最も奥の部屋は一番神聖な所があり、底には契約の箱がありました。

神殿が建築された後、エルサレムの重要さが上がり、宗教的な中心になりました。神殿は残念ながら現存していません。紀元前6世紀に、エルサレムを支配した新バビロニア王によって破壊されました。

関連のエクストラ

古代ギリシャの商船

発達された帆船のおかげで、古代ギリシャ人は「海の運搬人夫」になりました。

ポンペイの破壊

専門家はこの古代都市の遺跡の秘密をまだ調査し、魅力的な情報を豊富に提供しています。

モーセ物語

モーゼスという聖書の預言者の誕生や行為の物語です。

大乗仏教遺跡 (サーンチー、紀元前1世紀)

仏教建築の名作はインドに位置しています。

クノッソス宮殿 (紀元前2千年紀)

古代、クレタ島の青銅時代最大の遺跡である宮殿はミノア文明の中心であったと考えれています。

古代ローマの剣闘士 (2世紀)

剣闘士は古代ローマの聴衆を楽しませるために、競技場にお互いか動物と戦っていました。

古代アテネ住民と妻

古代アテネの民主主義は権力がある住民のコミュニティにより設立されました。

インダス谷の穀物倉 (ハラッパ)

古代インド人は巨大で、自然的に換気された穀物倉を建築しました。

Added to your cart.