上皮組織の種類

上皮組織の種類

体の外部と内部の表面は上皮組織で覆われています。

生物

キーワード

上皮組織, 外皮, 円柱上皮, 扁平上皮, 立方上皮, 粘膜, ケラチン化した, 非角質化した, 単層, 成層, 繊毛上皮, 内皮, absorptive surface, 角層, カルス, 人間, 動物, 生物

関連のエクストラ

シーン

単層 扁平上皮

  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 平らで、細胞の真ん中に位置しています。
  • 平らな細胞

単層 立方上皮

  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 球体であり、細胞の真ん中に位置しています。
  • 立方細胞 - 四角い、あるいは円形の細胞です。

単層 円柱上皮

  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 細胞核が長細くて、細胞の下部に位置しています。
  • 円柱細胞

複層繊毛の ある円柱上皮

  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 細胞核が典型的に楕円形であり、複数の列を形成します。
  • 長細い細胞 - 各細胞は基底膜の上にあります。
  • 繊毛 - 偽重層上皮は主に呼吸器系に見られます。繊毛の動きによって気管から汚れが取り除かれます。ニコチンは繊毛をまひします。
  • 分泌液
  • 杯状細胞 - 呼吸器系の粘膜を覆っている粘液を分泌する腺細胞です。

複層角化しない 扁平上皮

  • 基底膜 - 下にある細胞列の基礎となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 上の方の細胞が平らになります。
  • 下にある長細い細胞 - 細胞の最も下の層は基底膜の上に位置しています。中には分裂により新しい上皮細胞を作り出す幹細胞があります。
  • 上にある平らな細胞 - 上皮細胞が次第に表面の方へ押され、平らになります。

複層角化する 扁平上皮

  • 基底膜 - 下にある細胞列の基礎となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 上の方の細胞が平らになります。
  • 下にある長細い細胞 - 細胞の最も下の層は基底膜の上に位置しています。中には分裂により新しい上皮細胞を作り出す幹細胞があります。
  • 上にある平らな細胞 - 上皮細胞が次第に表面の方へ押され、平らになり、中にはケラチンタンパク質が蓄積します。アポトーシス(細胞自然死)が行われ、角質化した層が形成されます。
  • 角層 - 表面の近くにある細胞にはケラチンタンパク質が蓄積され、アポトーシス(細胞自然死)が行われます。このように角質化した層が形成されます。保護において重要な役割があり、厚さが機械的ストレスによります。化学物質と病原体に対しても保護します。

アニメーション

  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 平らで、細胞の真ん中に位置しています。
  • 平らな細胞
  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 球体であり、細胞の真ん中に位置しています。
  • 立方細胞 - 四角い、あるいは円形の細胞です。
  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 細胞核が長細くて、細胞の下部に位置しています。
  • 円柱細胞
  • 基底膜 - 上皮細胞の基底となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 細胞核が典型的に楕円形であり、複数の列を形成します。
  • 長細い細胞 - 各細胞は基底膜の上にあります。
  • 繊毛 - 偽重層上皮は主に呼吸器系に見られます。繊毛の動きによって気管から汚れが取り除かれます。ニコチンは繊毛をまひします。
  • 分泌液
  • 杯状細胞 - 呼吸器系の粘膜を覆っている粘液を分泌する腺細胞です。
  • 基底膜 - 下にある細胞列の基礎となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 上の方の細胞が平らになります。
  • 下にある長細い細胞 - 細胞の最も下の層は基底膜の上に位置しています。中には分裂により新しい上皮細胞を作り出す幹細胞があります。
  • 上にある平らな細胞 - 上皮細胞が次第に表面の方へ押され、平らになります。
  • 基底膜 - 下にある細胞列の基礎となる細胞外基質です。
  • 細胞核 - 上の方の細胞が平らになります。
  • 下にある長細い細胞 - 細胞の最も下の層は基底膜の上に位置しています。中には分裂により新しい上皮細胞を作り出す幹細胞があります。
  • 上にある平らな細胞 - 上皮細胞が次第に表面の方へ押され、平らになり、中にはケラチンタンパク質が蓄積します。アポトーシス(細胞自然死)が行われ、角質化した層が形成されます。
  • 角層 - 表面の近くにある細胞にはケラチンタンパク質が蓄積され、アポトーシス(細胞自然死)が行われます。このように角質化した層が形成されます。保護において重要な役割があり、厚さが機械的ストレスによります。化学物質と病原体に対しても保護します。

ナレーション

単層扁平上皮を構成する細胞は平らで、不規則な形をしています。基底膜の上に一列で配列しています。この薄くて、ダメージを受けやすい組織の種類は保護が必要なく、主に吸収、分泌と拡散が行われる場所になります。単層扁平上皮は肺胞の薄い膜と血管の内側の壁(内皮)を形成します。

単層立方上皮の細胞の断面図が四角形であり、基底膜の上に一列で配列しています。細胞核は細胞の真ん中に位置しています。上皮のこのタイプは内分泌腺の管の中、尿細管の薄い膜、卵巣の表面を形成します。

単層円柱上皮を形成する細胞の形が円筒形であり、長細い細胞核が細胞の下部に位置しています。無脊椎動物の上皮を形成しています。人間の体のの膜において、単層円柱上皮は微絨毛で覆われ、そして卵管の内側にも単層円柱上皮は繊毛で覆われています。

偽重層上皮には長細い細胞核が複数の列を形成していますが、すべての細胞が基底膜の上にあるので単層上皮とみなされています。このタイプの組織には典型的に粘液を分泌する杯細胞があります。
このような上皮組織が下気道の中で多く見られます:分泌される粘液とその中にくっつく廃棄物繊毛調律運動により咽頭の方へ送られます。ニコチンが繊毛をまひさせるので、喫煙者の気管には廃棄物が残り、せきが多く出るようになります。

非角化重層扁平上皮 の場合は、最も下の細胞の一列で基底膜の上に位置しています。上の方の細胞平らになっています。この組織は単層上皮より保護されます。角質化しないので、皮膚呼吸を防止しません。魚の上皮に見られる組織です。人間の体には、機械的な保護が必要な場所で見られます:口腔咽頭腔食道の一部、肛門の周辺にあります。

角化重層扁平上皮は上皮組織の最も耐久性のある種類です。下にある細胞の分裂により、常に新しい細胞が形成され、表面の方へ移動します。上の方に移動するとき、次第に平らになります。その間、ケラチンタンパク質を細胞内に蓄積します。表面にはアポトーシス(細胞自然死)により角質化した細胞があり、角質層が形成されます。

厚い角質層は蒸発のよる水分損失を減少し、組織の耐久性を高めるので、乾燥した陸上における適合に不可欠です。しかし、皮膚呼吸を防止するので、主に肺が発達している動物に見られます:爬虫類鳥類哺乳類にあります。両生類の上皮が完全に角質化しないので、皮膚呼吸ができます。
角質化する重層扁平上皮は我々の肌の最も外側の層を形成します。角質層の厚さは機械的ストレスによります:例えば手のひらで肉体労働が原因となるたこが見られます。

関連のエクストラ

皮膚の構造、皮膚感覚

我々の体が覆われている皮膚が三つの層に分けられます:表皮、真皮、皮下があります。

体を構成する各生物学的組織構造

アニメーションは生物を構成する個体レベルから細胞レベルまでの階層構造を紹介します。

血管

体内の血管が主に三つのグループに分類されています:動脈、静脈と毛細血管。

神経細胞、神経組織

神経細胞は電気信号を伝える役割を果たしている細胞です。

筋肉組織

人間の体には平滑筋、横紋筋、心筋の三種類の筋肉があります。

結合組織

結合組織には疎性結合組織、密性結合組織、脂肪組織、血液組織、腱組織、骨組織が含まれています。

人間の血液

人間の血液は血球細胞と血漿を含んでいます。

人間の筋肉

運動器官系の重要な部分である骨格筋は、くっ付いている骨を動かします。

骨格筋の構造

アニメーションは骨格筋の分子的構造とメカニズムを紹介します。

Added to your cart.