アドレナリン(上級)

アドレナリン(上級)

エピネフリンとして知られているアドレナリンは、ストレスのが多い状況で私たちの体で産生されるホルモンであり、戦うか逃げるか反応において重要な役割を果たしています。

生物

キーワード

アドレナリン, エピネフリン, ストレスの多い状況, ストレス, 警告反応, ホルモン, 神経伝達物質, 交感神経系, 副腎髄質, 血管収縮, 血管拡張, カテコールアミン, 血糖値, 恒常性, 人間, 生物

関連のエクストラ

侵害反射

侵害反射は痛みを伴う刺激に対して回避する脊髄反射である。

心臓

心臓は心循環系の中心的なポンプであり、一生に数十億回鼓動します。

内分泌系

内分泌系の腺はホルモンを分泌して、血液に放出します。

皮膚の構造、皮膚感覚

我々の体が覆われている皮膚が三つの層に分けられます:表皮、真皮、皮下があります。

心臓発作

心臓発作の原因は冠動脈の障害です。死を引き起こす最も一般的な病気の一つです。

泌尿器系

泌尿器系は体内から有害物や老廃物を取り除く役割をします。

神経系

中枢神経系には脳と脊髄が含まれ、末梢神経系には神経と神経節が含まれています。

Added to your cart.