森林の階層構造

森林の階層構造

森林の階層構造は森林のタイプによって異なります。

生物

キーワード

layeredness, 熱帯雨林, 季節風林, カシワ林, ブナ林, 針葉樹林, 森林, ジャングル, 高木層, 低木層, 草本層, 木, 多年生の, 木材生産, フローラ, エコシステム, 木質茎, バイオーム, 陰影耐性, 競争, リアーナ, 蘭, 斑状, 常緑, 落葉性の, 降水量, 植物, 生物

関連のエクストラ

シーン

熱帯雨林

  • 高木層 - 高さが50‐60mの巨木から構成され、林冠が光を突き通せない層を形成しません。土壌が薄いため、巨木の根が浅く広がり、木を支えることができません。このため、巨大な板根が発達しました。
  • 亜高木層 - 20‐30mの高度で、繋がっている林冠を形成します。
  • 中木層 - 10‐15mの高さがある木の林冠に形成される層です。
  • 低木層 - 三つの林冠の層があるため、低木層まで達する光が少ないです。このため、ここで日陰を好む植物が生息しています。
  • 草本層 - 三つの林冠の層があるため、草本層まで達する光が少ないです。このため、ここでシダのような日陰を好む植物が生息しています。
  • 10 m
  • 熱帯雨林

熱帯落葉樹林 (季節風林)

  • 高木層 - 高さが最大40mの落葉樹で構成されています。
  • 亜高木層 - 落葉樹で構成されています。
  • 低木層 - 林冠が突き通す光が多いので、低木層に多くの植物が生息しています。
  • 草本層 - 林冠が突き通す光が多いので、草本層に多くの植物が生息しています。
  • 10 m
  • 熱帯落葉樹林 (季節風林)

温帯カシワ林

  • 温帯カシワ林
  • 高木層 - トルコナラ林では林冠が一層のみで、シデとカシも含む森林では林冠が二層あります。これらの林冠がブナ林の林冠より光を通します。
  • 低木層 - 林冠が光を通すので、発達しています。
  • 草本層 - 林冠が光を通すので、発達しています。
  • 10 m

温帯ブナ林

  • 高木層 - およそ30mの高度で位置し、比較的に閉じられている層なので、突き通る光が少ないです。
  • 低木層 - 林冠が光を通すので、ここで生息する植物がわずかです。
  • 草本層 - 林冠が光を通すので、ここで生息する植物がわずかです。
  • 10 m
  • 温帯ブナ林

温帯針葉樹林

  • 高木層 - 木の高さは30‐40mであり、林冠に通る光がわずかです。
  • 低木層 - 林冠が光を通さないので、ここで生息する植物がわずかです。
  • 草本層 - 林冠が光を通さないので、ここで生息する植物がわずかです。
  • 10 m
  • 温帯針葉樹林

生物群系 (グラフ)

  • 熱帯雨林 - 熱帯雨林が形成される地域での年間降水量は2000‐5000mmです。熱帯雨林は常緑樹林であり、中には多様多種の生物が生息しています。栄養は植物に吸い取られ、降水に洗い流されるので、土壌には栄養があまり含まれていません。高木層、亜高木層、中木層である三つの層は光のために競争するので。
  • 季節風林 - 年間降水量は1500‐2000mmほどである熱帯地域で形成されています。季節が二つあるため、木は落葉性です。林冠は熱帯雨林の林冠より光を通すので、低木層と草本層が発達しています。
  • 樹木が茂ったサバンナ - 乾燥している熱帯地域で形成されます。年間降水量は200‐1500mmです。乾燥している地域にはサバナ草原が形成され、降水量が比較的に多い地域では樹木が茂ったサバンナが特徴的です。
  • サバナ草原
  • 砂漠 - 年間降水量は200mmに達していません。植物相がわずかで、主に干ばつに強い多肉植物が生息します。
  • 温帯雨林 - 降水量が最も多い温帯地域で形成される常緑樹林です。
  • 亜熱帯林 - 温帯地域で形成される落葉樹林の一種です。例えば葉が硬い木や照葉樹林が含まれています。
  • 温帯落葉樹林 - 年間降水量は500mmに達しています。温帯では落葉樹林が特徴的ですが、植物種の多様性が気候によって変わります。
  • 砂漠草原 - 年間降水量は500mm以下です。砂漠草原はユーラシアでステップと呼ばれ、南アメリカでパンパ、北アメリカでプレーリーと呼ばれています。
  • タイガ - 冷温帯地域で形成されます。年平均気温は0 °Cであり、年間降水量は200mm以下です。気温が低いため、蒸発が少ないので、ここで生息している木には降水量が少なくても生き残ります。タイガは松類で構成されています。
  • ツンドラ - 年平均気温は-10 °Cぐらいであり、主に雪として降る降水が少ないです。丈が低くて、地面にくっつく植物が多く、矮性低木、コケと地衣類が生息しています。
  • 熱帯 - 年平均気温: およそ20 – 30 °C
  • 温帯 - 年平均気温: およそ0 – 20 °C
  • 寒帯 - 年平均気温: ‹ 0 °C
  • 降水量
  • 2000 mm
  • 500 mm
  • 200 mm

生物群系 (植生)

アニメーション

ナレーション

熱帯雨林:

熱帯雨林雨量の最も多く、雨が2000‐5000mmほど降る季節がない熱帯の地域で形成されます
これらの常緑樹林には生物の様々な種類が生息しています。栄養は植物の吸い取られ、降水に洗い落とされるので、土壌に含まれる栄養量が少ないです。高木層亜高木層中木層である三つの層は光のために競争するので。低木層草本層まで届く日光が少ないので、ここでは日陰を好む植物が多く生えます。

季節風林:

季節風林は熱帯雨林の隣の地域で形成されます。この地域での雨量は2000mmに達しなく、短い乾期が特徴です。二つの季節のため、落葉樹が多いです。高木層は熱帯雨林に比べて光を通すので、低木層草本層発達しています。

カシ林:

年間降水量は500mmに達する温帯の地域では温帯落葉樹林が形成されます。この重要な一種はカシ林です。カシ林によって、林冠が一層しかありません。しかし、カシ以外の木の種類も生えている場合は、林冠が二層に分かれることもあります。カシ林の林冠は比較的に薄くて、太陽の光が多く通ります。低木層草本層発達しています。

ブナ林:

ブナ林は温帯の中でも、気温が低く山脈600‐800mの高度に位置する地域で形成されます。
これらの森林の林冠がおよそ30mの高さまで成長し、太陽の光が通りにくくて閉じられています。光のための競争で、木が高く垂直に生えます。低木層と草本層がわずかで、主に日陰で育つ植物と葉がまだない時に咲く春の球根植物で構成されています。

針葉樹林:

冷温帯で形成される常緑樹林の典型的な一種です。木の高さは30‐40mほどであり、林冠が太陽の光を通しません。気温が低く、針状葉に豊富に含まれるワックスと松脂のため、細菌とキノコの分解活性と腐植の形成が低速になります。このため、土壌の栄養分が低いです。栄養があまり含まれていない土壌と日陰が多いため、低木層草本層わずかです。

生物群系

地球の両方の半球において、熱帯温帯寒帯がはっきりと分けられます。
熱帯は赤道を中心とし、北回帰線南回帰線の間にあります。温帯回帰線極圏の間に位置します。ここでは暖帯実の温帯冷温帯に分類されます。寒帯極地方での気候です。

熱帯と温帯での平均年間降水量が増えるとともに、砂漠は草原と森林交換されます。温度が低い気候の方へ進むと、より少ない降水量でも草原と森林が形成されます。なぜならば、気候が寒い蒸発が抑えられ、植物はより少ない降水量でも生き残ります。

熱帯での降水量は5000mmに達することもあります。降水量の減少と共に、熱帯雨林季節風林と切り替わり、その後樹木が茂ったサバンナサバナ草原が現れます。砂漠は年間降水量は200mmに達しない場所で形成されます。

温帯雨林は温帯の最も降水量が多い地域で形成されます。暖帯では、温帯雨林にとって変わって、降水量の減少のため、常緑の亜熱帯林(月桂樹の森など)が現れます。実は温帯では降水量が最も低い場所で、落葉樹林砂漠草原が典型的です。砂漠草原はユーラシアでステップと呼ばれ、北アメリカでプレーリー、南アメリカでパンパと呼ばれています。最も乾燥している地域では温帯砂漠が形成されます。

冷温帯の森林であるタイガが地球上最も広く分布している針葉樹林です。

寒帯にあるツンドラでは主に矮性低木コケ地衣類が生息しています。北極圏から離れると、極地方は常にで覆われています。ここでは維管束植物が生き残らない地域です。

関連のエクストラ

森林伐採

森林伐採は環境に悪影響です。

気候帯

地球は地理領域と気候帯に分かれています。

ニッチ

ニッチは生物学では生物の生態的地位を意味します。

酸素循環

生物に不可欠な酸素は地球上に常に循環しています。

セコイアオスギ

セコイアオスギは世界一重量が大きい生物です。

高度帯

高山エリアでは気候、土質、植物相と動物相が高度によって変化します。

ヨーロッパオーク

アニメーションはヨーロッパオークを例にとって、木の季節による変化を紹介します。

セイヨウトチノキ

アニメーションはセイヨウトチノキの季節による変化を紹介します。

季節の変化 (標準)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

ヨーロッパアカマツ

世界で最も広く分布しているマツ類の一つです。ユーラシアが原産となっています。

ハリネズミ

ハリネズミは丸まり、トゲで身を守る。

大気循環

極帯と赤道帯の温度差によって発生する大気循環は地球の回転などの様々な要因に影響されます。

氷河 (標準)

氷河は雪や氷で構成されて、常に流動している巨大な氷の塊です。

土壌のタイプ (土壌断面)

このアニメーションは土壌の様々なタイプを紹介します。

地学の用語

アニメーションは最も重要な地形、地表水とそれに関連する記号を紹介します。

食用キノコと毒キノコの比較

ある種のキノコは人間にとって致命的でかつ毒があり、また他の種は食用で、広く調理されています。

キノコ

キノコは菌糸から発達する菌類で形成されます。

季節の変化 (基礎)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

ハンガリーの国立公園

ハンガリーに国立公園が10園あります。

海流

大海の循環は地球上の海流システムであり、地球の気候に大きな影響をします。

コケとシダの生活サイクル

アニメーションはコケとシダの生活サイクルを比較し、植物の一般的な生活サイクルを分かりやすく説明します。

春の球根植物

アニメーションはチューリップ、ラッパスイセン、スノードロップの構造を紹介します。

Added to your cart.