色覚異常

色覚異常

色の特定の色合いを区別することができないことは、色覚異常と呼ばれています。

生物

キーワード

色覚異常, 目, ビジョン, 感覚器官, 知覚, 病気, 視覚問題, 色盲, 光覚, 光検出器, 色混合, 色テスト, 色覚, 錐体細胞, 桿状, 遺伝性の, 色, 双極細胞, ヨードプシン, ロドプシン, 網膜, 視神経, 黄斑, 暗点, 強膜, 脈絡膜, 神経節細胞, 受容体, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

断面図

  • 黄斑 - 網膜で、視力が最も鮮明な場所です。物が反転した縮小型倒立像が作られます。黄斑の中心には錐体細胞があり、ここから離れるほど桿体細胞の数が増えます。
  • 盲点 - これは視神経が網膜を通る所です。ここには受容器細胞(桿体細胞、錐体細胞)がなく、像の小さな部分がありません。この隙間は脳に満たされます。
  • 強膜 - 非常に丈夫な層であり、眼球の前の方にある角膜はこの続きです。
  • 脈絡膜 - そこには、目の供給するための血管が流れています。それの延長上には目の前方部分にある毛様体と虹彩があります。
  • 網膜 - 錐体細胞と桿体細胞という受容器細胞を含んでいます。黄斑は網膜で、視力が最も鮮明な場所です。盲点は視神経が網膜を通る所です。盲点には錐体細胞と桿体細胞がありません。
  • 視神経 - 第2脳神経とも呼ばれています。この神経は網膜の受容体に発生された刺激を脳に伝えます。

網膜

  • ピントル - 感光性の色素の3種類含んでいます。それは赤、青、緑色に知覚します。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞より高いので、人間は夕暮れのとき色を知覚しにくくなります。 黄斑の中心は錐体細胞のみを含んで、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えて、錐体細胞は減ります。
  • 桿体細胞 - これらの細胞はどおは超の光にも刺激されるので、色が認識できません。これらの細胞の刺激閾値が錐状体細胞より低くて、たった一つの光子にも刺激されます。錐状体細胞が活性化されない弱い光でも反応しています。黄斑の中心部には桿体細胞がなく、端の方に集中されます。
  • 双極細胞 - それらは受容器細胞の刺激を神経節細胞に伝達します。
  • 神経節細胞 - それは双極細胞に刺激されて、軸索は視神経に繋がれています。

色覚異常

  • ピントル - 感光性の色素の3種類含んでいます。それは赤、青、緑色に知覚します。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞より高いので、人間は夕暮れのとき色を知覚しにくくなります。 黄斑の中心は錐体細胞のみを含んで、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えて、錐体細胞は減ります。
  • 桿体細胞 - これらの細胞はどおは超の光にも刺激されるので、色が認識できません。これらの細胞の刺激閾値が錐状体細胞より低くて、たった一つの光子にも刺激されます。錐状体細胞が活性化されない弱い光でも反応しています。黄斑の中心部には桿体細胞がなく、端の方に集中されます。
  • 双極細胞 - それらは受容器細胞の刺激を神経節細胞に伝達します。
  • 神経節細胞 - それは双極細胞に刺激されて、軸索は視神経に繋がれています。

伴性優性遺伝のため、色覚異常は男性の方が女性より多く発生します。欠陥遺伝子はX染色体にあります。男性はX染色体が一つとY染色体が一つあり、女性はX染色体が二つあります。

男性の唯一のX染色体に欠陥遺伝子がある場合は、色覚異常が現れます。女性両方X染色体にこの遺伝子がある場合は色覚異常が発生します。この病気は女性の0.5%、男性の8%に現れます。

色覚検査

アニメーション

  • ピントル - 感光性の色素の3種類含んでいます。それは赤、青、緑色に知覚します。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞より高いので、人間は夕暮れのとき色を知覚しにくくなります。 黄斑の中心は錐体細胞のみを含んで、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えて、錐体細胞は減ります。
  • 桿体細胞 - これらの細胞はどおは超の光にも刺激されるので、色が認識できません。これらの細胞の刺激閾値が錐状体細胞より低くて、たった一つの光子にも刺激されます。錐状体細胞が活性化されない弱い光でも反応しています。黄斑の中心部には桿体細胞がなく、端の方に集中されます。
  • 双極細胞 - それらは受容器細胞の刺激を神経節細胞に伝達します。
  • 神経節細胞 - それは双極細胞に刺激されて、軸索は視神経に繋がれています。

ナレーション

網膜には錐状体細胞桿体細胞という受容体があります。これらのインパルスは神経節細胞を刺激する双極細胞に伝達されます。神経節細胞にある軸索が網膜神経線維束を形成します。桿体細胞に含まれる感光性の色素であるロドプシンはレチナールというビタミンAの派生物、とタンパク質の一種であるオプシンから構成されています。ロドプシンはすべての波長の光に関して感光性であるので、桿体細胞は色の区別ができません。

桿体細胞の刺激閾値が低くて、たった一つの光子の影響により刺激されます。この理由で、が弱いときでも働きます。桿体細胞の三つの種類はい光に反応します。感光性色素であるヨドプシンはロドプシンとタンパク質の部分で異なります。

錐状体細胞の刺激閾値は桿体細胞のより高いので、弱い光では反応していません。夕暮れの時、物体はグレイ色に見えます。光が弱い恒星は周辺視野で見れ、その画像は黄斑に投影されず、感光性の桿体細胞が多く含まれる網膜に現れます。

錐状体細胞のどの種類もなく、あるいはきちんと反応していない場合は、色覚異常が発生します。最も典型的なのは赤緑色覚障害です。すべての種類の錐状体細胞が反応していない場合は、患者はすべてのものをグレイ色に見れて、色盲といいます。

関連のエクストラ

人の目

目は重要な感覚器官の一つです。光により、目の受容体によって電気的刺激が発生します。

視覚のメカニズム

離れている物と近くにある物を見る時、目の水晶体の曲率が変化します。

視力修正

近視と遠視を修正するには凹レンズと凸レンズが使われています。

プラズマテレビはどのように動作しますか。

アニメーションはプラズマテレビの動作を紹介します。

光受容器官の多様性

進化しながら、様々な光受容器官の種類が発生しました。

液晶ディスプレー画面はどのように動作しますか。

液晶ディスプレー画面は液晶の光変調を利用して映像を作り出します。

神経系

中枢神経系には脳と脊髄が含まれ、末梢神経系には神経と神経節が含まれています。

シナプス伝達

神経細胞は化学シナプスと電気シナプスで電気信号を伝えます。

Added to your cart.