日本の兵士 (第二次世界大戦)

日本の兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦で、日本軍は主にアジア大陸と太平洋の戦場で戦っていました。

歴史

キーワード

日本人兵士, 日本人, 兵士, 世界大戦, 歩兵, 武装しました

関連のエクストラ

質問

  • 日本は第一次世界大戦でどのグループに属しましたか。
  • 日本は第二次世界大戦でどのグループに属しましたか。
  • 第二次世界大戦で、日本の主な敵はどの国でしたか。
  • 第二次世界大戦で、誰が有名な大将でしたか。
  • 第二次世界大戦の時、日本の天皇は誰でしたか。
  • 1941年12月に、日本はどのアメリカ基地を攻撃しましたか。
  • 大日本帝国の旗に何がありましたか。
  • 日本軍は主にどこの戦場に戦っていましたか。
  • 日本は第二次世界大戦で…。
  • 日本の降伏文書がいつ調印されましたか。
  • 日本の降伏文書がどこで調印されましたか。
  • 神風は元々何に対して使われていましたか。

シーン

日本の兵士

  • ベルトポーチ
  • ジャケット
  • かぶと
  • ライフル銃
  • ズボン
  • 銃剣
  • 水筒
  • ショルダーバッグ

戦い中

武器

  • ライフル銃
  • 銃剣
  • 弾薬筒

関連のエクストラ

アメリカの兵士(第二次世界大戦)

第二次世界大戦のとき、アメリカの兵士はほぼすべてに地方に戦っていました。

ソビエト連邦軍の兵士 (第二次世界大戦)

第一次世界大戦後、ソ連軍は国の大きさと兵器のおかげで、非常な権力を持つ陰の実力者になりました。

ドイツの兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

A6M 零式艦上戦闘機 (日本、1940年)

連合軍側にジークと呼ばれた飛行機は第二次世界大戦の有名な戦闘機でした。

侍は有力貴族に仕えた人でした。

厳島神社の鳥居

鳥居は伝統的な日本の門であり、神社の玄関として立てられます。

姫路城

大阪の近くに位置していて、壁の色が白いので白鷺と呼ばれています。

ミッドウェー海戦 (1942年)

第二次世界大戦の最も重要な戦いの一つであり、太平洋の戦争における転機になりました。

電撃戦戦略 (1939年-1940年)

この効果的な戦略によって、軍隊の様々な集団が速くて同時に攻撃します。

真珠湾攻撃 (1941年)

日本海軍に行った攻撃の後、アメリカ合衆国は第二次世界大戦に参戦しました。

B-24リベレーター

B-24リベレーターはアメリカ陸軍航空軍の大型爆撃機でした。大量生産され、第二次世界大戦で多くの戦線で配備されていました。

ミズーリ (米国、1944年)

第二次世界大戦で就役されたミズーリ戦艦は湾岸戦争にも使われていました。

Added to your cart.