人体 (男)

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

生物

キーワード

体, 男性の体, 人体, 生物, 消化器系, 呼吸器系, 皮膚, 心臓血管系, 筋肉, スケルトン, リンパ循環, リンパ系, 排泄システム, 性器, 神経系, 内分泌系, 生殖系, 消化管, 呼吸, 外皮, 循環系, 消化, 免疫システム, 除去, 男, 頭蓋骨, 生殖器官, 感覚器官, シナプス, 体循環, 脊髄, 食道, 胃, 小腸, コロン, 直腸, 口腔, 鼻腔, 肺, 気管, 喉頭, 大動脈, 心臓, 静脈, 扁桃腺, リンパ管, リンパ節, 腎臓, 膀胱, 尿管, 尿道, 睾丸, 精嚢, 前立腺, 脳, 下垂体, 視床下部, 甲状腺, 副甲状腺, 膵臓, 胆汁, 神経, 陰茎, 胸腺, 四肢, 上肢, 下肢, 胸, 肝臓, 肺循環, 副腎, ホルモン, 器官系, オルガン, 人間

関連のエクストラ

シーン

皮膚

皮膚は身体の中で最も大きい器官です。平均的な成人の皮膚の面積は約1.5平方メートルであり、皮下脂肪も含めて重量は約12kgです。皮膚は力学的ダメージ紫外線病原体から身体を保護し、皮膚にあるケラチン層で乾燥を防ぎます。その上、皮膚は温度調節という重要な役割もあります。
皮膚は最も大きい感覚器官であり、皮膚の受容体熱さ寒さ、そして力学的刺激を感じ取ります。

骨格筋

骨格筋は運動における大切な器官です。身体には約350の骨格筋があり、体重の50%を占めています。長い、短い、平ら、輪状の形をした筋肉があります。筋肉はにより骨に付いています。

骨格

成人の骨格は206個の骨で構成されています。骨は大きな負担に耐えるため固く、そして柔軟です。骨の代謝は遅いので、骨が治るのは遅いです。骨折した骨は治るまで少なくとも、6週間かかります。骨粗鬆症を防ぐため、カルシウムの適切な一日摂取量(青年期では1500mg)を守らなければいけません。

消化器系

消化器系消化栄養の吸収を担っています。
口で食べ物が歯で細かくされて、炭水化物の消化が始まります。強い酸性の環境下のタンパク質の消化が行います。
続いて、小腸で三大栄養素、すなわち、タンパク質、炭水化物、脂質の消化と吸収が行います。膵臓から分泌された消化酵素を含む膵液肝臓から分泌された脂質の消化を助ける胆汁は小腸に流れ込みます。
結腸ミネラルを吸収し、そこにいる細菌叢ビタミンを生成します。

呼吸器系

身体内の異化作用によって酸素を必要とし、二酸化炭素が生成されます。酸素の吸収と二酸化炭素の放出はで行われます。リラックスの状態では、一分間に約16回呼吸をし、一回の呼吸で約500mlの空気を交換します。肺がんは肺の深刻な病気であり、タバコが発がんの可能性を大いに高めます。

心臓血管系

体にある血管のネットワークが心臓血管系を形成します。体循環は、酸素を豊富に含む血液を全身に届け、二酸化炭素を全身から回収する心臓血管系のことです。肺循環は二酸化炭素を豊富に含む血液を心臓から肺に送り、肺で二酸化炭素を放出し、酸素を吸収します。そして、酸素が豊富な血液は心臓に運ばれます。血液は心臓の収縮によって血管に送り出されます。
定期的な運動、健康的で低脂肪の食事タバコを避けることで、心臓と血管の健康は維持されます。

神経系

神経系は内分泌系とともに、体の機能の協調性、調整性を担っています。中枢神経系脊髄からなり、末梢神経系は中枢神経系と器官の間にある神経からなっており、電気信号を伝えています。脳から12対脳神経が出て、脊髄の髄節から31対脊髄神経が出ます。

排出系

腎臓で不必要有害な物質が体から取り除かれます。腎臓は一日に約1.5lの尿を作ります。尿は膀胱に貯められて、尿道から出ます。
泌尿器系でよくある病気は腎盂炎です。その症状は尿にタンパク質が混入していることです。腎臓結石は腎臓でよくできます。これらは小さな傷をつくるため、血尿になります。

人体

リンパ系

リンパ液は組織空間としても知られている間質腔にある液体です。リンパ液は毛細血管の浸透によって血液から生成されます。代謝産物もリンパ液に流れます。

リンパ液はリンパ節を通りながら、リンパ管によって鎖骨下静脈に運ばれます。リンパ液によって運ばれた病原体はリンパ節にいる白血球と遭遇します。これは免疫システムが作動する上で重要です。

他の重要なリンパ器官には胸腺脾臓扁桃腺があります。これらは、白血球の成熟免疫防御において重要な役割 を果たしています。

生殖器

生殖器生殖を担っていて、配偶子を生成します。受精のとき、卵子精子と結合し、へと発達する受精卵が形成されます。
男性の生殖腺は精液を生成する睾丸です。精子は精巣上体に蓄えられています。射精のとき、精子は精液と共に尿道へと射精されます。精液は前立腺と精嚢で生成されます。

内分泌系

ホルモン内分泌系の腺で生成されます。アドレナリン副腎インスリン膵臓チロキシン甲状腺から分泌されます。

内分泌系の中枢視床下部-下垂体軸です。視床下部は下垂体を調節するホルモンを生成します。下垂体はホルモンの生成を活性化させます。これらのホルモンの影響で、下垂体は他の内分泌腺(甲状腺副腎生殖腺)を活性化するホルモンを生成します。膵臓は視床下部-下垂体軸で調節されていません。

体の部分

皮膚は身体の中で最も大きい器官です。平均的な成人の皮膚の面積は約1.5平方メートルであり、皮下脂肪も含めて重量は約12kgです。皮膚は力学的ダメージ紫外線病原体から身体を保護し、皮膚にあるケラチン層で乾燥を防ぎます。その上、皮膚は温度調節という重要な役割もあります。
皮膚は最も大きい感覚器官であり、皮膚の受容体熱さ寒さ、そして力学的刺激を感じ取ります。

ナレーション

皮膚は身体の中で最も大きい器官です。平均的な成人の皮膚の面積は約1.5平方メートルであり、皮下脂肪も含めて重量は約12kgです。皮膚は力学的ダメージ紫外線病原体から身体を保護し、皮膚にあるケラチン層で乾燥を防ぎます。その上、皮膚は温度調節という重要な役割もあります。皮膚は最も大きい感覚器官であり、皮膚の受容体熱さ寒さ、そして力学的刺激を感じ取ります。

骨格筋は運動における大切な器官です。身体には約350の骨格筋があり、体重の50%を占めています。長い、短い、平ら、輪状の形をした筋肉があります。筋肉はにより骨に付いています。

成人の骨格は206個の骨で構成されています。骨は大きな負担に耐えるため固く、そして柔軟です。骨の代謝は遅いので、骨が治るのは遅いです。骨折した骨は治るまで少なくとも、6週間かかります。骨粗鬆症を防ぐため、カルシウムの適切な一日摂取量(青年期では1500mg)を守らなければいけません。

消化器系消化栄養の吸収を担っています。
口で食べ物が歯で細かくされて、炭水化物の消化が始まります。強い酸性の環境下のタンパク質の消化が行います。
続いて、小腸で三大栄養素、すなわち、タンパク質、炭水化物、脂質の消化と吸収が行います。膵臓から分泌された消化酵素を含む膵液肝臓から分泌された脂質の消化を助ける胆汁は小腸に流れ込みます。
結腸ミネラルを吸収し、そこにいる細菌叢ビタミンを生成します。

身体内の異化作用によって酸素を必要とし、二酸化炭素が生成されます。酸素の吸収と二酸化炭素の放出はで行われます。リラックスの状態では、一分間に約16回呼吸をし、一回の呼吸で約500mlの空気を交換します。肺がんは肺の深刻な病気であり、タバコが発がんの可能性を大いに高めます。

体にある血管のネットワークが心臓血管系を形成します。体循環は、酸素を豊富に含む血液を全身に届け、二酸化炭素を全身から回収する心臓血管系のことです。肺循環は二酸化炭素を豊富に含む血液を心臓から肺に送り、肺で二酸化炭素を放出し、酸素を吸収します。そして、酸素が豊富な血液は心臓に運ばれます。血液は心臓の収縮によって血管に送り出されます。
定期的な運動、健康的で低脂肪の食事タバコを避けることで、心臓と血管の健康は維持されます。

腎臓で不必要有害な物質が体から取り除かれます。腎臓は一日に約1.5lの尿を作ります。尿は膀胱に貯められて、尿道から出ます。
泌尿器系でよくある病気は腎盂炎です。その症状は尿にタンパク質が混入していることです。腎臓結石は腎臓でよくできます。これらは小さな傷をつくるため、血尿になります。

神経系は内分泌系とともに、体の機能の協調性、調整性を担っています。中枢神経系脊髄からなり、末梢神経系は中枢神経系と器官の間にある神経からなっており、電気信号を伝えています。脳から12対脳神経が出て、脊髄の髄節から31対脊髄神経が出ます。

ホルモン内分泌系の腺で生成されます。アドレナリン副腎インスリン膵臓チロキシン甲状腺から分泌されます。

内分泌系の中枢視床下部-下垂体軸です。視床下部は下垂体を調節するホルモンを生成します。下垂体はホルモンの生成を活性化させます。これらのホルモンの影響で、下垂体は他の内分泌腺(甲状腺副腎生殖腺)を活性化するホルモンを生成します。膵臓は視床下部-下垂体軸で調節されていません。

リンパ液は組織空間としても知られている間質腔にある液体です。リンパ液は毛細血管の浸透によって血液から生成されます。代謝産物もリンパ液に流れます。

リンパ液はリンパ節を通りながら、リンパ管によって鎖骨下静脈に運ばれます。リンパ液によって運ばれた病原体はリンパ節にいる白血球と遭遇します。これは免疫システムが作動する上で重要です。

他の重要なリンパ器官には胸腺脾臓扁桃腺があります。これらは、白血球の成熟免疫防御において重要な役割 を果たしています。

生殖器生殖を担っていて、配偶子を生成します。受精のとき、卵子精子と結合し、へと発達する受精卵が形成されます。
男性の生殖腺は精液を生成する睾丸です。精子は精巣上体に蓄えられています。射精のとき、精子は精液と共に尿道へと射精されます。精液は前立腺と精嚢で生成されます。

関連のエクストラ

どのくらい私たちは生きることができますか?

医学の進歩や常に生物学の知識を深めることのおかげで、長生きしますけれども、どのくらい生きること...

歯磨き

注意深く歯を磨くことは口腔衛生上、重要なことです。

偏平足

偏平足は様々な健康問題を起こす可能性があります。

視力修正

近視と遠視を修正するには凹レンズと凸レンズが使われています。

頭蓋骨と脊柱

中枢神経系の二つの主な部分である脳と脊髄は頭蓋骨と脊柱に守られています。

血管

体内の血管が主に三つのグループに分類されています:動脈、静脈と毛細血管。

ビタミン

病気の発見、グループ分け、行方不明に関する情報が得られます。

平衡感覚

頭の位置と動きは内耳によって感覚されます。

Added to your cart.