熱気球 (18世紀)

熱気球 (18世紀)

フランス人のモンゴルフィエ兄弟は飛行のパイオニアでした。

歴史

キーワード

モンゴルフィエ兄弟, モンゴルフィエ, 飛行船, 航空, 熱気球, 発明者, 発明, 熱力学, 科学史, フランス語, パリ, 物理的, リフト, ガス法則, 力学, 技術, フランス, 近代史, 歴史

関連のエクストラ

質問

  • モンゴルフィエ兄弟は何人でしたか。
  • モンゴルフィエ兄弟の気球が初めて公に飛行したのはいつですか。
  • 田舎の居住者は気球を見て何をしましたか。
  • モンゴルフィエ兄弟の気球に始めて人が乗ったのはいつですか。
  • 言い伝えによると、兄弟は気球が生物に危なくないのをどのように証明しましたか。
  • 初めて気球に乗ったとき、モンゴルフィエ兄弟の一人に何が起きましたか。
  • モンゴルフィエ兄弟は王様から気球の業績により貴族になり、また年金を貰いましたか。
  • 教育を受けていない人は気球が悪魔の仕業だと思いましたか。
  • モンゴルフィエ兄弟の前に、レオナルド・ダ・ビンチが飛行できる熱気球を作りましたか。
  • 気球の水平移動を何で容易にしましたか。
  • 以下の中で、何がモンゴルフィエ兄弟の熱気球の前に発見されましたか。
  • 初めての飛行のとき、気球はどのくらいの高さを至りましたか。
  • 18世紀から、気球を移動させるためにどのガスが使われましたか。
  • モンゴルフィエ兄弟はどの学術機関の一員になりましたか。
  • モンゴルフィエ式熱気球は以下の中でどのタイプでしたか。
  • 初めて公に使われた気球の直径は何メートルでしたか。
  • 最初の実験のとき、水蒸気はどんな問題を起こしましたか。
  • フランスの王様は熱気球の最初の旅行に誰を送りたかったですか。
  • モンゴルフィエ兄弟はどの歴史的な時代に生きていましたか。
  • どの発見は18世紀のではありませんでしたか。
  • 熱気球の水平的な移動のために何を使いましたか。
  • 誰がモンゴルフィエ兄弟の同年輩ではありませんでしたか。
  • 誰がモンゴルフィエ兄弟の同年輩でしたか。

シーン

熱気球

飛行

構造

アニメーション

ナレーション

フランスのモンゴルフィエ兄弟の発見は飛行の歴史において画期的な出来事でした。製紙業者の家族の一員であるジョウジフ・ミシェルとジャック・エティエン・モンゴルフィエは熱気球の実験をしました。

熱気球は浮力を生み出すために熱気を使っている気球です。

モンゴルフィエ兄弟は最初水蒸気を使用しましたが、冷たくなって凝結した水蒸気は紙からできた気球を濡らしました。後で、煙を気球に囲もうとしましたが、煙は速く冷たくなったので成功しませんでした。結局、気球の下から空気を常に暑くして成功させました。

初めての気球には何も乗せず、その後動物を入れました。1783年の秋に、パリの近くで始めて人も乗せました。

公衆の前での飛行はその後、数週間パリの隣で行いました。デモンストレーションの熱気球は中に紙が入れられて、外に飾られた袋用の布からできました。この燃えやすい布に耐火性のミョウバンで覆われました。気球の開いた底の下に鉄板をおいて、その下でわらや木材を燃やしました。熱気と煙を使用して、気球は地面から飛び上がりました。この飛行は25分で7.5キロメートル進みました。この飛行で、勇敢な科学者と侯爵が乗り、飛行の先駆者となりました。

関連のエクストラ

熱気球

熱気球とは、温めた空気の浮力によって飛行する気球の一種です。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

衣服 (西ヨーロッパ、18世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

ツェペリン、LZ 17 ザクセン (1913年)

ツェペリンはラーメンがある飛行船の一種です。

潜水艦の操作

潜水艦は船体の密度を変えて、潜水したり、海面に上昇したりすることができます。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

Added to your cart.