熱気球 (18世紀)

熱気球 (18世紀)

フランス人のモンゴルフィエ兄弟は飛行のパイオニアでした。

歴史

キーワード

モンゴルフィエ兄弟, モンゴルフィエ, 飛行船, 航空, 熱気球, 発明者, 発明, 熱力学, 科学史, フランス語, パリ, 物理的, リフト, ガス法則, 力学, 技術, フランス, 近代史, 歴史

関連のエクストラ

熱気球

熱気球とは、温めた空気の浮力によって飛行する気球の一種です。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

衣服 (西ヨーロッパ、18世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

ツェペリン、LZ 17 ザクセン (1913年)

ツェペリンはラーメンがある飛行船の一種です。

潜水艦の操作

潜水艦は船体の密度を変えて、潜水したり、海面に上昇したりすることができます。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

Added to your cart.