RT-2PM トーポリ大陸間弾道ミサイル (ソ連、1985年)

RT-2PM トーポリ大陸間弾道ミサイル (ソ連、1985年)

冷戦の終わりごろ、ソ連に開発された核兵器の搭載が可能な大陸間弾道ミサイルです。

歴史

キーワード

Topol, 大陸間の, ロケット, 弾道の, 弾頭, 戦術的な武器, 弾道, 核攻撃, 動作範囲, 武器, ソビエト連邦

関連のエクストラ

V-2弾道ミサイル

第二次世界大戦で、ドイツに開発された液体燃料ロケットは宇宙空間に到達した初の人工物体になりました。

V1飛行爆弾

V1飛行爆弾はドイツに開発されたパルスジェットエンジンが搭載された 巡航ミサイルです。第二次世界大戦で使われた。

F-16 ファイティング・ファルコン (米国、1978年)

ファイティング・ファルコンはマルチロール機のカテゴリーの最も成功した航空機です。

MIG-31 (ソビエト連邦、1982年)

ソビエト連邦に開発された双発迎撃機の運用開始は1982年に行われました。

聖ワシリイ大聖堂 (モスクワ、16世紀)

イヴァン皇帝に建築されて、聖ワシリイに捧げられた聖堂です。

オハイオ (米国、1979年)

20世紀の真中ぐらいに、アメリカ海軍が初めてとして原子力機関を潜水艦に搭載しました。

ベルリンの壁 (1961年-1989年)

分裂と圧迫のシンボルである壁は都市だけではなく、多くの家族も引き裂きました。

スプートニク1号(1957年)

ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星でした(1957年10月)。

U-2 ドラゴンレディ (米国、1957年)

この効果的な偵察機が冷戦の間、米中央情報局に使われていました。

Added to your cart.