RNA

RNA

リン酸、リボースと塩基 (シトシン、ウラシル、アデニン、グアナイン)から構成されているポリヌクレオチドです。

化学

キーワード

RNA, RNA鎖, リボ核酸, 核酸, ポリヌクレオチド, アデニン, ウラシル, シトシン, グアニン, ヌクレオチド, メッセンジャーRNA, リボソームRNA, トランスファーRNA, リン酸, Dリボース, gene, 生物工学, タンパク質, アミノ酸, タンパク質合成, コドン, アンチコドン, 有機化学, 化学, 生物, 生化学

関連のエクストラ

シーン

ナレーション

リボース

  • D-リボース

リボ核酸 / RNS

特徴、発生

RNAはヌクレオチドから構成されているポリヌクレオチドです。各ヌクレオチドはリン酸、リボーズと窒素を含む有機塩基から構成されます。RNAの核酸塩基はシトシン、ウラシル、アデニンとグアニンで構成されています。RNA鎖は一般的に一本ですが、ある部分は二重構造になる場合もあります。この場合は、塩基の間に水素結合があります。

RNAの最も知られているタイプはmRNA、tRNAとrRNAです。これらは細胞のタンパク質合成の過程で重要な役割を果たしています。他のRNAは遺伝子の表現を制御します。あるRNAは細胞内の酵素や生物的触媒として働きます:これはリボザイムと呼ばれています。

利用

RNAは研究、バイオテクノロジー分子医学で利用されています。

リン酸

  • リン酸

核酸塩基

  • ウラシル
  • シトシン
  • グアニン
  • アデニン

ヌクレオチド

  • シチジン一リン酸
  • ウリジン一リン酸
  • グアノシン一リン酸
  • アデノシン一リン酸

メッセンジャーRNA

  • メッセンジャーRNA (mRNA) - DNAのセンス鎖と補完的なポリヌクレオチドです。RNAポリメラーゼ酵素に形成されます。
  • DNAの非コード部位 - この鎖はメッセンジャーRNAに転写されません。
  • DNAのコード部位 (コード鎖) - メッセンジャーRNAの形成においての鋳型としての役割があります。3個から成る配列の単位がコドンと呼ばれています。

トランスファーRNA

  • トランスファーDNA (tRNA) - タンパク質合成のために、ATPを使って活性アミノ酸を輸送しています。
  • 受容部位 - 活性アミノ酸がここに結合されます。
  • D-アーム - アミノ酸を活性化する酵素を結合します。
  • T-アーム
  • アンチコドン・アーム - メッセンジャーRNAのコドンに結合します。この塩基配列はRNAの塩基配列と補完的です。トランスファーRNAに結合されるアミノ酸を指定します。

リボソームRNA

  • リボソームRNA (rRNA) - タンパク質合成に需要な役割を果たす小器官であり、リボソームを形成します。
  • リボソーム小サブユニット - メッセンジャーRNAに結合します。
  • リボソーム大サブユニット - アミノ酸を輸送する二つのトランスファーRNAに結合されます。
  • リボソームRNA鎖

関連のエクストラ

ゲノム編集

遺伝子を改変する技術であるゲノム編集は生物のゲノムにおける変更を示しています。このアニメーションは最もよく知られているゲノム編...

リン酸イオン (PO43–)

リン酸分子から陽子が放出されてリン酸イオンが形成されます。

ピリミジン (C₄H₄N₂)

チミン、シトシン、ウラシルは窒素を含む複素環有機化合物であるピリミジンの誘導体です。

プリン (C₅H₄N₄)

グアニンとアデニンは複素環の芳香族有機化合物であるプリンの誘導体です。

リン酸 (H₃PO₄)

食品添加物、水垢と錆落し剤としても使われています。

ベータ‐D‐リボース (C₅H₁₀O₅)

核酸、補酵素、ヌクレオチドとヌクレオシドを構成する晶性化合物です。

DNA

細胞の遺伝情報が含まれています。

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すために感染させた細胞を再プログラム...

エチレン(エテン)の重合

エチレンの重合でプラスチックの一種であるポリエチレンが形成されます。

D-リボース (C₅H₁₀O₅)

核酸、補酵素、ヌクレオチドとヌクレオシドを構成するリボースの開鎖バージョンです。

Added to your cart.