ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

歴史

キーワード

ストーンヘンジ, ソールズベリー, ウィルトシャー州, 世界遺産, 青銅器時代, 預金, 考古学, イギリス, イングランド, 建造物, ステーション ストーン, ヒール石, ドルイド, クロムレッチ, 祭壇, バロー, 祭壇石, 巨石, 砂岩, 文化, 歴史, 謎

関連のエクストラ

質問

  • ストーンヘンジはどこにありますか。
  • ストーンヘンジはどの考古学的な時代で建造されましたか。
  • ストーンヘンジは約何歳ですか。
  • ヘンジはどのような意味を持っていますか。
  • 本来この土地はいくつの同心円を含んでいましたか。
  • ストーンヘンジに使われた砂岩の採石場である鉱山はストーンヘンジからどのくらい離れていますか。
  • 三石塔はなんですか。
  • ストーンヘンジの本来の役割はなんでしたか。
  • ストーンヘンジはいつ世界遺産に登録されましたか。
  • 祭壇石はどこにありますか。
  • 巨石文化は名前の由来は何ですか。
  • ストーンヘンジはどこにありますか。
  • 一番重い岩の重さはどのくらいですか。
  • 誰がストーンヘンジを発見しましたか。

シーン

ストーンヘンジ

  • - 円形の塁壁は建造の第一段階で作られました。
  • - 円形の溝は複雑な遺跡の構造体の一部でした。
  • 大通り - エイボン川に続く道路は建造の最終段階で作られました。
  • 三石塔 - 内円には五つの砂岩の三石塔があります。これはまぐさで繋がれた二つの縦の岩です。
  • 祭壇
  • 北の古墳 - 同心円の外に北と南の古墳の石があります。
  • 南の古墳 - 同心円の外に北と南の古墳の石があります。
  • ステーション ストーン - 建造の第一段階のステーションストーンは紀元前3100年頃に建造されました。元々4つのステーションストーンがありました。
  • ヒールストーン - ヒールストーンは建造の第三段階で作られました。入り口の近く、そして大通りのそばにありました。
  • 祭壇石 - 祭壇石は建造の第三段階で作られました。大通りの先端にあります。

ユニークなストーンヘンジ

世界的に有名な遺跡であるストーンヘンジはイングランド南部にあるソールズベリー平野に位置しています。1666年ジョーン・オーブリーというイギリス人の古物収集家に発見されました。
ストーンヘンジは複数の段階で成立されました。考古学的な掘削により様々な骨も発見されました。放射性炭素年代測定法によると、一番古い部分がおそらく青銅器時代の巨石文化の遺跡であり、5000年前にできました。500年後は建築の第3段階を行っていました。この段階がおそらく断続されました。ストーンヘンジは他の変更と拡大化により完成されました。
紀元前2千年紀の真中にはもう利用されませんでした。歴史時代の変化と気候がすこしづつ破壊し、岩が他の地域の建築に使われていました。

遺跡の構造

構造

素晴らしいストーンヘンジ

建築の最初の段階で堀で囲まれた円形の土塁(ヘンジ)ができました。囲まれた区域以内に56個の竪穴が円環状に掘られました。この穴には木柱が差し込められました。その後、他の竪穴も掘られ、現在も見える巨大な岩が入れられました。
終期新石器時代にあった第二段階に、南口と北東口の隣に真直ぐな木柱の列が並ばれていました。
第三段階には遺跡が複製されました。この時が一対づつ伝説的なブルーストーンが起立されました。ステーションストーン祭壇石ヒールストーンもこの時、各位置に置かれました。
現在の形は後で運送された砂岩のブロックでできました。砂岩30本が楣石で繋げられ、円形に立てられました。内側の円には5対の柱(三石塔)があります。円形の塁壁を変更し、さらに新しい円形のが形成されました。最後に、エイボン川に続く道路が作られました。ブルーストーンも円形に位置し、二つの同心円形でさらに穴を掘りました。

ストーンヘンジの平面図

南側

興味深い考古学

17世紀に発見されたストーンサークルは今まで多くの考古学者のグループにより研究したが、が現在も解けていません。1986年に、ストーンヘンジが(エーヴベリーと巨石の遺跡とともに)世界遺産として登録されました。
現在の考古学的研究によると、ストーンヘンジはそのものだけではなく、周りの地域(ボスコンブ・ダウン、ダーリントン・ウォールズ、ウッドヘンジ、エーヴベリー)に発見された遺跡や人工産物と一緒に調べる必要があると考えています。
新石器時代の人工産物を見ると、ストーンサークルは独立した遺跡ではなく、もっと大きなシステムの部分だったと考えられています。

ストーンヘンジの役目

人工産物であるストーンヘンジ

それぞれ重量20-30トン、高さ2-7メートルの石柱は元々四つの同心円状を構成しました。外側の石環の直径は約50メートルでした。
岩の運送、配置と複合には技術的な知識が必要です。平均5トンのブルーストーンは400kmに離れている鉱山から陸上と海洋上の道で運ばれました。現在も見える砂岩の原産地はストーンヘンジから32km離れています。(12世紀の伝説によると、魔術師マーリンの魔法で巨大の岩が現在の位置に置かれました。)
巨大な岩が石斧で刻まれた。楣石が安定して固定されるにはサルセン石が刻まれ、ほぞ穴とほぞ接合が形成されました。

現在でもストーンヘンジの役目が明らかにされていません。様々な仮説があります。科学者の一部には宗教的な役割があったと思われています。他の科学者はカレンダーだと思っています。夏至の時、太陽の光はヒールストーンの上に、ちょうど祭壇石に当たりました。他の考古学者によると、天文学的器械として使われていたと考えています。最近の研究(2008年)によると、宗教的で、治療目的を果たしていたと考えています。

ストーンヘンジの伝説的な岩

散歩

歴史における散歩

青銅器時代に建築されたストーンヘンジがイングランドの南部に位置しています。ストーンヘンジはいくつかの段階により建造されました。真の役割はまだ明らかにされていません。
謎な岩の複合体が土塁に囲まれていました。元々四つの同心円状に並ばせた岩柱があったが、現在は内側にあった二つの同心円しか見えません。外側の同心円状には竪穴しか残っていません。円内には五つの三石塔(まぐさに繋がれている二つの大きい石の柱)と祭壇石があります。祭壇石はエイボン川に続く道路の終点です。
同心円の以外にステーションストーンと南の墳墓の石と北の墳墓の石があります。アベニューの横にマーカーストーンヒールストーンが置かれました。

アニメーション

  • - 円形の塁壁は建造の第一段階で作られました。
  • - 円形の溝は複雑な遺跡の構造体の一部でした。
  • 大通り - エイボン川に続く道路は建造の最終段階で作られました。
  • 三石塔 - 内円には五つの砂岩の三石塔があります。これはまぐさで繋がれた二つの縦の岩です。
  • 祭壇
  • 北の古墳 - 同心円の外に北と南の古墳の石があります。
  • 南の古墳 - 同心円の外に北と南の古墳の石があります。
  • ステーション ストーン - 建造の第一段階のステーションストーンは紀元前3100年頃に建造されました。元々4つのステーションストーンがありました。
  • ヒールストーン - ヒールストーンは建造の第三段階で作られました。入り口の近く、そして大通りのそばにありました。
  • 祭壇石 - 祭壇石は建造の第三段階で作られました。大通りの先端にあります。

タイムトラベル

ナレーション

ストーンヘンジはイギリス南部にあるソールズベリー平野に位置しています。この石の構造物はヨーロッパ大陸の大西洋の海岸にあった青銅器時代の巨石文化の遺跡です。この遺跡は約5000年前に建造され、1666年ジョーン・オーブリーというイギリス人の古物収集家に発見されました。
スートンヘンジという名前はヘンジという単語に由来しています。ヘンジの意味は直径約20メートルの円形か長円形の土地です。この土地は土手かに囲まれています。興味深いことに最近の研究によると、ストーンヘンジは本当のヘンジではありません。なぜならば、溝は保護のために、土手の外に造られていました。
ストーンヘンジはいくつかの段階により建造されました。本来の形は現在では部分的にしか見ることができません。
第一段階では環状列石の周りに土手と溝が作られました。本来四つの同心円状に立てられた岩であったが、現在は内側にある二つの環状列石しか見えません。外側にあった二つの環状列石は現在では第二段階にあった石の柱の穴として確認できます。この穴は発見者の名前にちなんでオーブリー穴と呼ばれています。
環状列石の外側に南と北の古墳が位置しています。マーカーストーンはエイボン川に続く道路にそって立てられ、ヒールストーンはより離れた場所に立てられました。円の内側には五つの三石塔(まぐさに繋がれている二つの大きい石の柱)と祭壇石があります。現在見ることができる構造物は主に32km離れたマールバラ・ダウンスの鉱山から運ばれた砂岩から造られました。
現在においても、ストーンヘンジの本来の目的は明らかにされていません。ある研究者はドルイド僧の宗教的な遺跡であると考え、他の研究者は夏至を正確に決定するためのカレンダーであると考えています。
最近の研究によると人々は治療目的のために遠く離れた地方から伝説のブルーストーンを訪れたと考えられています。
ストーンヘンジは現在においても多くの謎が解明されていません。ストーンヘンジは、イギリスの他の巨石文化の遺跡と共に、ユネスコにより1986年世界遺産として登録されました。

関連のエクストラ

ヨーロッパの巨石文化

数千年前、巨大な岩石から作られた建造物が巨石文化の遺跡です。

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

ノアの方舟

聖書によって、ノアが神の命令によって方舟を作り、大洪水に助けるために家族と動物を載せていました。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

歴史的な地形図 (場所)

歴史的に有名な場所を白地図で探しましょう。

英仏海峡トンネル

英仏海峡トンネルは50.5キロメートルの長さがある鉄道トンネルであり、イギリスとフランスを繋ぎます。

植民地化と植民地の独立化

ヨーロッパの国家の植民地支配で染められた地図は、植民地が独立して色が消されました。

歴史的な地形図 (歴史的建造物)

歴史的建造物を白地図で探しましょう。

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

時間の計測

初めてのカレンダーや時計はもう古代オリエント文化にも出現しました。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

ミケーネ (紀元前2千年紀)

ミケーネは豊富な文明があり、世界初に要塞を建築された集落でした。

ウル (紀元前3千年紀)

ユーフラテス川の近くに位置したウル市はシュメール人の重要な中心でした。

Added to your cart.