気象測器 (標準)

気象測器 (標準)

アニメーションは気象を観察するために使われている測器を紹介します。

地理

キーワード

気象学, 天気予報, 気象観測, 天気, 測候所, グローバル観測システム, 衛星, 温度, 風, 空気圧, 降水量, 日照時間, 水蒸気含有量, 蒸発, 地理

関連のエクストラ

シーン

陸上

  • 衛星受信局 - 衛星画像の受信ができるアンテナである。
  • ラジオゾンデ観測所 - 25-30kmの高さであるラジオゾンデがラジオゾンデ観測所に気象通報を送信します。
  • 自動原動所 - このステーションでは、機器分析、データストレージとデータの送信が行っています。
  • 測候所 - ここに陸上天気観測が行っています。
  • 気象センター - 気象通報の処理をし、天気予報を出すタスクがあります。
  • 気象レーダーステーション - 一国、あるいは複数の国の気象ネットワークの一部です。降水と雲の構造に関して情報を与えます。
  • 中心的な衛星管制局 - 衛星の活動をチェックし、衛星の軌道を設置し、衛星のデータを受信して処理します。
  • 気象研究機 - 大気からのデータを送信し、大気の上部の地図を作ります。

地球の天気を常に観察するには国際気象システムが設立されました。このシステムには陸上空中計器が含まれています。
気象観測比較できるように、世界中に一定された時間で行われます。
気象図を作ると、天気予報が推定できます。

用語の説明:

天気: ある場所における、ある時刻もしくは一定の期間の、地表に影響をもたらす大気の状態である。

天気と気候の成分: 天気気候の特徴を規定する成分:日光とそれによる気温気圧空気の流動 (風と気流)、湿気 (水蒸気量)、雲と降水の種類、量と強度。

地球気象観察システム: 世界気象機関に起動されているネットワークです。陸上機器衛星システムと一緒に、自動的に気象通報を収集し、処理します。
地球同期衛星は約35800kmの高さで空中に停止し、地球の自転周期と一致する軌道に乗っています。
準極軌道に乗っている衛星は102分で地球の周りに軌道の一周します。軌道の高さは800km-1500kmであり、主に雲の写真を撮ります。
ラジオゾンデ観測所温度気圧湿気を計測します。ラジオゾンデは25km-30kmの高さにある観測気球であり、気象通報のデータを陸上の受信所に送信します。

測候所で散歩する

  • UV-Bセンサー
  • 雨量計と記録装置 - 収集漏斗と筒状貯蔵器を含む機械です。貯蔵器に溜まった雨水の表面に浮標があります。浮標にペンを繋げて、時計で動かすドラムにある紙に情報が記録されます。
  • 霜計測機器 - 一メートルの長さがある、4本のワイヤーを含みます。地面から2メートルの高さで位置し、霜の厚さが計測されます。
  • 地面温度計 - 位置によると、二種類があります。40センチの深さまで表面温度計があり、一日における温度差を測ります。50センチから200センチの深さまで地下温度計があります。地下温度計が季節における温度差を測ります。
  • 風力計と記録装置 - シャフトに三個の半球体があります。シャフトの回転で、風力が計測可能です。
  • 日照計 - 直射日光を集めるガラスの球体である。球体の下にある感熱性の紙が太陽の移動により燃えます。
  • 蒸発計 - 一定の地域で蒸発する水分を測る科学器械です。
  • 温度計と乾湿球温度計 - スチーブンソン式百葉箱の中にあり、大気の温度を測ります。
  • スチーブンソン式百葉箱 - 地面から2メートルの高さにある白くて、二重のよろい戸のついた箱。直射日光に対してシールドされています。
  • 気圧計 - 気圧を計測する機械です。

海上

  • 海洋気象ブイ - 海洋の温度、波と海氷についてのデータを集めます。
  • 試料検査器
  • 風力計 - シャフトに三個の半球体があります。シャフトの回転で、風力が計測可能です。
  • 気象研究ボート
  • 衛星受信 - 衛星のデータを受信し、処理します。
  • 気象レーダー - 電磁波の反射を検出する。風、降水と空気流動を推定します。
  • ブイクレーン

空中

  • ドップラーレーダー - 反射を起こす物体の位置、と反射された物体の速度も検出します。
  • 気象レーダー - 電磁波の反射を検出する。風、降水と空気流動を推定します。
  • 気象研究機
  • マイクロ波放射計 - マイクロ波スペクトルの中の電磁波放射を測定し、気流、氷と雨の地図を作ります。
  • 試料捕集機

衛星

  • 静止衛星 - 赤道の上の軌道に乗っている衛星です。同所からデータを集め、30分づつデータを送信します。
  • 準極衛星 - 低い高度で、赤道に対して垂直に回転する衛星です。

全地球的な観測システム

  • 観測気球 - 気象測器とラジオゾンデを大気に送るとき使われている装置です。
  • 測候所 - ここに陸上天気観測が行っています。
  • 気象センター - 気象通報の処理をし、天気予報を出すタスクがあります。
  • 気象研究機 - 大気からのデータを送信し、大気の上部の地図を作ります。
  • 研究ボート
  • 海洋気象ブイ
  • 静止衛星 - 赤道の上の軌道に乗っている衛星です。同所からデータを集め、30分づつデータを送信します。
  • 準極衛星 - 低い高度で、赤道に対して垂直に回転する衛星です。

アニメーション

  • UV-Bセンサー
  • 雨量計と記録装置 - 収集漏斗と筒状貯蔵器を含む機械です。貯蔵器に溜まった雨水の表面に浮標があります。浮標にペンを繋げて、時計で動かすドラムにある紙に情報が記録されます。
  • 霜計測機器 - 一メートルの長さがある、4本のワイヤーを含みます。地面から2メートルの高さで位置し、霜の厚さが計測されます。
  • 地面温度計 - 位置によると、二種類があります。40センチの深さまで表面温度計があり、一日における温度差を測ります。50センチから200センチの深さまで地下温度計があります。地下温度計が季節における温度差を測ります。
  • 風力計と記録装置 - シャフトに三個の半球体があります。シャフトの回転で、風力が計測可能です。
  • 日照計 - 直射日光を集めるガラスの球体である。球体の下にある感熱性の紙が太陽の移動により燃えます。
  • 蒸発計 - 一定の地域で蒸発する水分を測る科学器械です。
  • 温度計と乾湿球温度計 - スチーブンソン式百葉箱の中にあり、大気の温度を測ります。
  • スチーブンソン式百葉箱 - 地面から2メートルの高さにある白くて、二重のよろい戸のついた箱。直射日光に対してシールドされています。
  • 気圧計 - 気圧を計測する機械です。
  • 海洋気象ブイ - 海洋の温度、波と海氷についてのデータを集めます。
  • 気象研究ボート
  • 気象研究機
  • 静止衛星 - 赤道の上の軌道に乗っている衛星です。同所からデータを集め、30分づつデータを送信します。
  • 準極衛星 - 低い高度で、赤道に対して垂直に回転する衛星です。

ナレーション

地球の気象を常に観察するには国際気象観察システムが設立されました。このシステムには陸上空中計器が含まれています。気象観察は本部がジュネーヴにある世界気象機関(WMO)に一定された基準を元にします。

結果を比較するため、気象観察は世界中に同時に行っています。結果を比較して、天気図天気予報を作ることができます。

観察をする場所も重要である:収集されたデータでは近所のみではなく、より広い地域の気象も推定できます。気象測器で搭載された測候所は一般的に人工的な活動がなく、森林から離れている平原に位置します。
測候所に記録されているデータの中には温度風速気圧降水蒸発日照時間も含まれています。

海洋にも気象観察が行っています。海洋の温度海氷についての情報が海洋気象ブイにより収集されます。

気象データを集めるには航空機も使われています。航空機は温度気圧気流についての情報以外、の形成、雷や嵐大気の上部についての研究を行います。

気象衛星は陸上の測候所の活動を手伝っています。気象衛星は観察しにくい地域の気象も観察できます。この地域には地球の表面80パーセントが含まれています。気象衛星の二つの種類が存在する:地球同期軌道準極軌道に乗っている衛星があります。この二つの種類を同時に使用すと、地球を全体的にカバーできて、ほぼ連続的な気象イメージの形成が可能になっています。

世界気象機関に起動されているネットワークである地球気象観察システムは自動的に気象通報を収集し、処理します。

関連のエクストラ

地方風

地方風の主な種類は:海陸風、山谷風、滑降風です。

気象測器 (基礎)

アニメーションは気象を観察するために使われている測器を紹介します。

稲妻

稲妻は雷として知られている音を伴う突然の静電放電です。

海岸と草原での風成地形

外力として作用する風は海岸と草原での地形を形成するには重要な役割を果たしています。

温度計

温度を測るため、複数の道具が存在しています。

雲の形成と種類

蒸発する地表水は様々な形の雲を形成します。雨が降ることによって、水は地表に戻ります。

温帯低気圧と高気圧

低気圧は数百キロメートルの直径があり、中に雲と降水が発生します。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

熱帯低気圧

低気圧は数百キロの直径を持ち、中に雲と降水(雨や雪)が発生します。

モンスーン風系

夏、モンスーンは海洋から大陸の方に嵐や大雨をもたらします。

熱気球

熱気球とは、温めた空気の浮力によって飛行する気球の一種です。

温暖前線、寒冷前線

暖かい気団と冷たい気団が向かい合って温暖前線、あるいは寒冷前線が発生します。

大気循環

極帯と赤道帯の温度差によって発生する大気循環は地球の回転などの様々な要因に影響されます。

Added to your cart.