考古学的な発掘 (竪穴住居)

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

歴史

キーワード

考古学, 考古学的発掘, 考古学者, 預金, 掘削, 墳墓, 復興, 文化, 教会, レイヤー

関連のエクストラ

質問

  • 考古学にどの分野が一番近いですか。
  • 考古学は何ですか。
  • どれが考古学者の仕事ではありませんか。
  • 人工産物が一般的にどこで公に見えますか。
  • 物体の元々の形、状態と使い方が誰が調べますか。
  • 民俗学が何を調べますか。
  • どれが考古学者の典型的な道具ですか。
  • 考古学者は定期的に水中に働かないといけないのが本当ですか。
  • 海洋で発見された考古学的な物体に対して発見者は所有権がありますか。
  • 以下の中で、考古学者に発見される最も面白い物が何ですか。
  • 考古学者に発見された人骨は誰が調査しますか。
  • 誰が考古学者ではありませんでしたか。
  • どれが考古学者の典型的な道具ではありませんか。
  • ハインリッヒ・シュリーマンが何を発見しましたか。
  • ハワード・カーターに何が発見されましたか。
  • どれが考古学者の典型的な工具ではありませんか。
  • 考古学的な発掘は現在どこで重要な役割を果たしていますか。

シーン

遺跡の 場所

  • - 考古学者は発掘の場所を探し、地面にある人工産物を集めています。
  • 斑点 - おそらく家か墓の場所。
  • - おそらく教会の場所でした。

汚物除去

  • 機械
  • 土壌
  • 土壌の山
  • 昔の地面 - 地面の一番上の層が機械で外された後、発掘が手工具で続けられます。

掘削

  • 考古学者
  • 水準器
  • 測深ロッド
  • ショベル
  • こて
  • ブラシ
  • 一輪車
  • ボール
  • バケツ
  • 竪穴住居

墓の掘削

  • 考古学者
  • 水準器
  • ショベル
  • こて
  • ブラシ
  • バケツ
  • 骸骨

複製

複製された 集落

アニメーション

  • 竪穴住居
  • 教会

ナレーション

考古学者は過去の文明の人工産物を研究しています。発掘は四つの段階に分けられます。

地下か水中に人工産物が存在する可能性がある土地を探しています。これはそこまで単純ではありません。ヘリコプターから土地の色を見て、地面にある人工産物を調査しながら歴史的な知識で場所が見つかります。現在は、建物を建設する時、新しい短剣可能な地域がたくさん発見されます。

第二段階で、地面の上の層を取り除かれます。最初は機械で、その後手工具が利用されます。外された土地も精密に観察されます。

最後の層の土を外すとき、遺跡に被害を起こすのを避けるために、小さなブラシが使用されます。

第三段階で、考古学者は発見物を処理します。発見物と元々見つかった場所を精密に記録します。記録以外に、絵を描いたり、写真も撮ったりします。学者はその場所の元々の状態と住民の生活を修復してみます。修復士人類学者も考古学的に重要な仕事をします。修復士は人工産物の元々の状態と使い方を調べて、人類学者は人骨を調査します。

仕事の最後の段階として、発掘された人工産物は博物館に運ばれ、展覧会で公に見せられます。

関連のエクストラ

アルパード時代の集落

アルパード時代の集落の典型的な住宅は竪穴住居でした。

ハンムラビ法典

メソポタミア文明の象徴であるハンムラビ法典は282個の法律が刻まれた玄武岩石柱です。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

エッツィ・ジ・アイスマン

青銅器時代前期に生きていたアイスマンのミイラはアルプスの渓谷の氷河で発見されました。

ロゼッタ・ストーン

ロゼッタ・ストーンのお陰で象形文字の謎を解くことができました。

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

アルタミラ洞窟

壮大な洞窟壁画で飾られている世界的に有名な石灰岩の洞窟は旧石器時代の美術に関する最も重要な考古学的な遺跡の一つです。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

ヨーロッパの巨石文化

数千年前、巨大な岩石から作られた建造物が巨石文化の遺跡です。

ユーラシアのアバール族 (8世紀)

アバール族は6世紀から8世紀までカルパチア盆地で国家を設立しました。

クノッソス宮殿 (紀元前2千年紀)

古代、クレタ島の青銅時代最大の遺跡である宮殿はミノア文明の中心であったと考えれています。

衣服 (ハンガリー、10世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

黄金人間 (紀元前3世紀)

カザフタンのイッシク古墳出土の鎧の人が「黄金人間」と呼ばれています。

特徴的な住戸形式

すべての時代と文化は自分の特徴的な住戸形式を持っています。

あぜくら

校倉はハンガリーのアルパード時代の典型的な住宅の一種でした。

古代ギリシャの陶芸

古代ギリシャの陶芸の名作は現在、重要な考古学的な人工産物になっています。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

アトレウスの宝庫 (ミケーネ、紀元前14世紀)

古代のミケーネに建築された円状の墓は伝説の王様に結ばれています。

ツタンカーメンの墓 (紀元前14世紀)

20世紀の最も重要な考古学的な発見は古代エジプトのファラオ、ツタンカーメンの墓の掘削でした。

ミケーネ (紀元前2千年紀)

ミケーネは豊富な文明があり、世界初に要塞を建築された集落でした。

Added to your cart.