ケツァルコアトルス、巨大な翼竜

ケツァルコアトルス、巨大な翼竜

ケツァルコアトルスは地球上生息していた動物の中で、最も大きな飛べる動物の一つでした。

生物

キーワード

ケツァルコトゥラス, 恐竜, 先史時代の生き物, 飛びます, 化石, 先史時代の爬虫類, 白亜紀, 空中ライフスタイル, くちばし, 爬虫類, 復興, 絶滅しました, スケルトン, 捕食者, 肉食, 羽, バット, 脊索動物門, 動物, 生物

関連のエクストラ

シーン

ケツァルコアトルス

翼竜、あるいは先史時代の飛べる爬虫類に属するケツァルコアトルスは約7000-6500万年前白亜紀末に生息していました。

化石は1970年代に発見されました。メソアメリカの神話で登場する羽毛ある蛇ケツァルコアトルにちなんで名づけられました。

現在の理論によると、飛行ができましたが、ケツァルコアトルスは主に地面に生息していました。歩くために前脚と後ろ脚も使っていました、捕食動物であるケツァルコアトルスは小さな脊椎動物を餌にしました。

空中

寸法と解剖

ケツァルコアトルス頭は大きかったです。他の巨大な翼竜のように、くちばしには歯がなかったです。

コウモリの翼に似ていました。皮膚のは体と前脚の間、そして四本の指の間にもありました。ケツァルコアトルスの翼幅はワタリアホウドリの三倍で、約11メートルでした。ケツァルコアトルスは地球上生息していた最大の飛べる動物だったと思われています。

サイズと比較して、体重軽くて、200‐250㎏でした。化石によると、他の爬虫類と異なって、ケツァルコアトルスの体はで覆われていました。

骨格

ケツァルコアトルスの骨格は鳥類とよく似ていました。中に穴があり、異常に軽かったです。平らな胸骨飛行に必要な筋肉がくっつくほど大きかったです。

復元

関連のエクストラ

淡水魚

淡水に生息している淡水魚は食べ物としても人気です。

ヨーロッパヤマカガシ

ヨーロッパとアジアで広くヘビの種です。

サイの家族

サイの主な特徴は、頭蓋骨の前面に攻撃するだけでなく、保護するために使用するホーンがあります。

アンコウ

この奇怪な魚はえさを捕まるために生物発光をしているおとり(ルアー)を利用します。これはアニメー...

魚竜

イルカに似ていて、海に生息していた恐竜でした。収束進化の例としても述べられます。

ハリネズミ

ハリネズミは丸まり、トゲで身を守る。

ヒグマ

子供たちのおもちゃでも人気があるクマは、現実の生活ではどのように生きているのかを見てみましょう。

チンパンジー

共通のチンパンジーのゲノムの99%は、 人間と同じであり、この1%の差は、が極めて重要であります。

Added to your cart.