旧石器時代の洞窟

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

歴史

キーワード

先史時代, 先史時代の男, 洞窟, 洞窟の図, アルタミラ, ラスコー, 人間, 考古学, 大群, コミュニティ, 住んでいる場所, 自然の割れ目, 保護された住居, 小屋, 人類学, 摂食, 火災, 火を作ります, ツールの使用, 火の制御, ツールの作成, 歴史, ライフスタイル, 血縁, デバイス

関連のエクストラ

シーン

道具

人類の歴史は考古学的な時代にも分類されています。この場合は、ある時代のヒトはどの物質で、どのような技術を使って器具を作った事によって分類化ができます。歴史的な時代に反して、考古学的な時代の限界がはっきりしていなくて、地域によって異なります。ある器具の発展を見て、人類の進化を反映されます。

最初の考古学的な時代である石器時代旧石器時代中石器時代新石器時代に区分されます。道具は基本的にでできていました。

旧石器時代では道具は石を打ち欠いて作られました。最も画期的なのは様々な目的で使われた手斧でした。

旧石器時代の洞窟

先史時代の人間の住居

考古学者には始めて先史時代の人間の跡を洞窟で発見され、先史時代でこの住戸形式のみがあったと思われました。
現在の研究方法と装置を使用して、この仮定は正しくないと証明されました。
先史時代の人間は三種の住戸形式を使っていました。岩の自然割れ目で形成された洞窟以外に、張出し崖の下にある安全な所にも住んでいました。崖が見つからなかった場合は、枝や大きい骨から、動物の皮で覆われた小屋を作りました。
住居は一般的に(木材)と水源(泉や小川)の近くに作られました。

外部

考古学者は始めて先史時代の人間の跡を洞窟で発見し、先史時代でこの住戸形式のみがあったと思われました。現在の研究方法と装置を使用して、この仮説は正しくないと証明されました。
先史時代の人間は三種類の住居形式を持っていました。岩の自然的な割れ目で形成された洞窟以外に、張出し崖の下にある安全な所にも住んでいました。崖が見つからなかった場合は、枝や大きい骨から、動物の皮で覆われた小屋を作りました。
住居は一般的に(木材)と水源(例えば泉や小川)の近くに作られました。

内部

先史時代の人間が住んでいた場所で、考古学者と人類学者は多くの人工物を見つけました。動物の骨や不要な武器道具のようなゴミや、人間の遺体は洞窟の中や隣に、厚く積み上げられていました。

先史時代の人間の一番大切な活動は食べ物を手に入ることでした。我々の祖先は狩り、魚釣り、採集をしている生活をしました。
最初は植物果物だけを採集しました。ホモ・エレクトスはすでに狩りをし、植物、魚、かたつもり、貝の上に肉も食べるようになりました。

最初、先史時代の人間は自然で見つかっただけを利用し、後で火を作る方法管理方法を発見しました。火がを与え、肉をもっとおいしくし、動物が近づけないようにしました。

先史時代の人間は小さな集落や集団で住んでいました。一人で住むと、生存可能性はゼロでした。集団のメンバーの間には親族関係があって、お互いに助け合っていました。

洞窟壁画

洞窟に描かれた壁画と描画は考古学的な人工物の別のグループに属していて、現在でも考古学者にとってたくさんの大きな疑問が残っています。
洞窟の壁や天井に描かれた絵画には一般的に動物と狩りをしているが描かれています。
現在、壁画がある洞窟が約200ほどあります。一番有名なのはスペインにあるアルタミラ洞窟とフランスにあるラスコー洞窟です。

散歩

ナレーション

考古学者は始めて先史時代の人間の跡を洞窟で発見し、先史時代でこの住戸形式のみがあったと思われました。現在の研究方法と装置を使用して、この仮説は正しくないと証明されました。
先史時代の人間は三種類の住居形式を持っていました。岩の自然的な割れ目で形成された洞窟以外に、張出し崖の下にある安全な所にも住んでいました。崖が見つからなかった場合は、枝や大きい骨から、動物の皮で覆われた小屋を作りました。
住居は一般的に(木材)と水源(例えば泉や小川)の近くに作られました。
先史時代の人間が住んでいた場所で、考古学者と人類学者は多くの人工物を見つけました。動物の骨や不要な武器、道具のようなゴミや、人間の遺体は洞窟の中や隣に、厚く積み上げられていました。

洞窟に描かれた壁画描画は考古学的な人工物の別のグループに属していて、現在でも考古学者にとってたくさんの大きな疑問が残っています。洞窟の天井に描かれた絵画には一般的に動物と狩りをしているが描かれています。現在、壁画がある洞窟が約200ほどあります。一番有名なのはスペインにあるアルタミラ洞窟とフランスにあるラスコー洞窟です。

最初、先史時代の人間は自然で見つかった火だけを利用して、後で火を作る方法や管理方法を発見しました。火がを与え、肉をもっとおいしくし、動物が近づけないようにしました。
先史時代の人間は小さな集落や集団で住んでいました。一人で住むと、生存可能性はゼロでした。集団のメンバーの間には親族関係があって、お互いに助け合っていました。

関連のエクストラ

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

人類の進化パート II -新しい世界へ

人間の進化の次の段階に、ホモ・エレクトスは、その環境に適応し始めました。

ヒトの進化

人間の脳と頭蓋骨は進化中、大きく変化しました。

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

人類の進化パートIII -切り狂言

ネアンデルタール人は絶滅しましたか賢い人は、強制したのでしょうか?それとも、彼らは他のグループ...

人類の進化パートI-木から下りの挑戦

長い間に人類は数千年前に住んでた先祖に興味を持っていました。

Added to your cart.