減数分裂

減数分裂

ヒトの配偶子は減数分裂により二倍体細胞から形成された半数体細胞です。

生物

キーワード

減数分裂, 細胞分裂, 二倍体, 染色体, reductional, 半数体, 2倍体細胞, 半数体精子, 半数体卵母細胞, 受精, 配偶子, 精子, 卵, 受精卵, DNA, 細胞診, 生物

関連のエクストラ

シーン

動物のライフサイクル

減数分裂のプロセス

アニメーション

ナレーション

動物とヒトのライフサイクルの間で二倍体の体細胞から半数体の配偶子が形成されます。二倍体の親細胞には各染色体の二つのコピーが含まれています。一つは母親から、もう一つは父親からです。形成される半数体細胞の娘細胞には各染色体のコピーが一つ含まれているので、染色体の数は元の細胞の半分です。受精の時、父親と母親の遺伝物質が混合され、半数体の配偶子の融合により二倍体の受精卵が形成されます。受精卵から複数回の有糸分裂により子孫の体細胞が形成されます。減数分裂は有性生殖で重要な役割を果たしています。

減数分裂は二つの段階に分かれ、各段階は前期中期後期終期から構成されています。
最初の段階の前期では、タンパク質とDNAを含む染色質から染色体が形成されます。減数分裂の前にDNAの重複が起こるので、染色体には染色分体が二つ含まれ、二つの染色分体のDNA含量が同じです。二倍体細胞の母親からと父親からの部分はアニメーションで青と赤で示されています。中心体分裂し、反対極の方へ移動します。

中期では、核膜消失し、紡錘体が形成されます。染色体は赤道面に沿って並び、組み換えが起こります。組み換えとは、相同染色体の間でランダムに起こる部分的交換のことです。この結果は形成される配偶子の遺伝的な多様性です。

後期では染色体は反対極の方へ移動します。終期では二つの細胞が分裂し、核膜が形成されます。

第一段階の減数分裂の終わりには染色体の数が半分になり、二倍体細胞の親細胞から二つの半数体の娘細胞が形成されます。

第二段階の減数分裂は均等的分裂です。
前期では、中心体二つに複製され、反対極の方へ移動します。

中期では核膜が消失し、紡錘体が形成されます。染色体は赤道面に沿って並びます。

後期では染色体は染色分体に分裂することにより、染色分体が一つ含む染色体が形成されます。形成される染色体は反対極の方へ移動します。

終期では二つの細胞が分裂し、核膜が形成されます。減数分裂の二つの段階で、一つの二倍体細胞から四つの半数体細胞が形成されます。

関連のエクストラ

有糸分裂

有糸分裂は、真核細胞が二つに分かれ、染色体数は変化しません。

遺伝物質の構成

直径、わずか数マイクロメーターの大きさしかない核をもつ真核細胞には、約2メートルほどの長さで、かつ何重もののコイル状となってい...

配偶子

二つの配偶子が受精することにより、接合子ができます。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

コケとシダの生活サイクル

アニメーションはコケとシダの生活サイクルを比較し、植物の一般的な生活サイクルを分かりやすく説明します。

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

出生前の発達

このアニメーションは人間の胚と胎児の発育を説明します。

昆虫の生殖と成長

昆虫は生活環によって、不変態、不完全変態、完全変態の3つに分類されます。

Added to your cart.